「読むところを指で差すのはなぜ?」〜4歳児からリードアラウドについて質問された

アメリカで、ワークショップやクラスやミーティングなどに参加したことがある人はご存知だろう。
そこでは参加者の質問がとても多い。
主催者も質問があることを想定して進行させている。

ところが日本では全く違う。
質問なしがデフォルト(初期設定)だ。
わたしのリードアラウドも例外ではない。
みなさん、絶対なにか質問があるはずなのに、声を上げる大人も子どもも少ない。

ところが先日のことだ。
書店でリードアラウドを終え、「質問どうぞ」と会場に残っていたら、女の子がもじもじと近寄ってきた。
みんながいるところでは、恥ずかしくて声を上げられなかったが、質問があるらしいと、おかあさん。

やっほー、待ってました。
「なに? なに?」と顔を近づけると、女の子はおずおずと口を開いた。
「なんで、読むときに文字を指で差すの?」
うーん、偉い。
ばっちりとリードアラウドの本質に迫る質問だ!

英語は、日本語のひらがなやカタカナのように、一語に母音がついた音節文字でない。
例えば「ねこ(ne-ko)」は、「cat(c-a-t)」と「c」「a」「t」の音素が集まった音素文字で表す。
「c」「a」「t」を知っていても、「cat」を読むことができない。

一語一語なぞって読むのは、言葉の読み方とスペリングを、視覚で頭に認識させるためだ。
英語では、print(書かれた単語)とvoice(その読み)を一致させることが、子ども時代の難問のひとつだ。
それに効果的とされているのが、「voice-to-print match」」「finger point reading」と呼ばれる指差しながら読む方法だ。
リードアラウドはこれを踏襲しているというわけ。

この女の子、聞けばまだ4歳という。
Good question!

わたし自身の経験も考えると、会場に残ってくれている講師になら質問しやすいかもしれない。
今度から、長めに残ってみようと思う。
みなさん、ご質問をお待ちしています!

朗読、指導にも有効な「序破急」を学ぶ~リードアラウド研究会

まったく関係のないと思われる分野のひとたちが語る、それぞれの分野での極意に、共通点をみることがある。

英語のプロ向けのリードアラウド・ワークショップでは、英語絵本の朗読と指導法の、いわば、極意を学ぶが、そのひとつは「序破急」。

室町時代に能を確立した世阿弥が芸道一般に通ずること、と書いた三部構成の様式だ。

先日、意外な人物もこの序破急について語っているのを知った。

…意外や意外。
自分の名字をとった会社名のTV通販大手の前社長。

そう、あの
「2万円!」
「今なら送料無料で、○○もついてくる」
など、たたみかけてくる、ちょっとうるさい(かも知れない)売り方を極めて成長した会社の創業者。

その創業者、
「商品の魅力を伝えるためには一体何を磨けばいいのかを、ただただ考えてきた」という。

「ぼくがやってきたのは、世阿弥のいう『序破急』」などと気づいたそうだ。

そこで大切なのは、
・声の出し方
・間の取り方
・つかみ
とも。

これ、リードアラウドのこつと同じなのである。

英語絵本の魅力を、英語の初級者にどう伝えるのか。
わたしも、何を磨けばいいのか自分なりに考え続けて、はたと膝を打ったのが序破急だった。

読み方の序破急もあるが、本年度のワークショップでは、特に子どもたちを指導するときの序破急を、ワークショップ受講者のみなさんそれぞれの身体にしみ込ませてもらおうと思う。

参考映像
(発声に関しては、参考にならないかも。急にピッチが上がって、それがミドルボイスではない、苦し気な声できき辛い。
だが、言うべきことの出し方、明瞭さ、テンポ。確かにうまい!)

英語絵本大人セミナーで『Runaway Bunny』〜キッズブックス英語スクール

おとなのみなさんと、英語絵本を楽しみながら英語ブラッシュアップするクラスで、絵本の力を再認識した。
The Runaway Bunny [With CD]
先日から取りかかったのは、1942年刊の名作『Runaway Bunny』。
『Goodnight Moon』の姉妹版、「姉」のほうだ。

やんちゃなウサギの子(人間の4~5歳?)が、おかあさんに「I am running away」と告げる場面から始まる。

この年頃の子のおかあさんは、子との絆がまだまだ強固なものだから、
「あらそう、じゃ、おかあさん追いかけるわ」と、余裕しゃくしゃく。

子が逃げるところをいろいろ想像して告げるが、ひとつひとつおかあさんも想像上の方法で子をおいかけつかまえてしまうことに…。

この本、ぱらっと見ると、各ページに4行以上あって、文字が意外と詰まっている感じ。
「絵本なら英語がわかりそう」と思ったおとなも、多少不安になるかもしれない。

だが、そこは絵本。
繰り返しがあり、思いのほか負担が少ない。

たとえば子ウサギが、
I will become a fish in a trout stream
and I will swim away from you.
と言う。

するとおかあさんは、
If you become a fish in a trout stream(ほとんど、子ウサギのくりかえし)
I will become a fisherman and I will fish for you.

それならと子ウサギは、
If you become a fisherman,
I will become 〜
と続く。

先日のレッスンでは、この母子の会話部分を役に分かれて暗唱。
自分の言葉のようにfluentlyに言う練習をした。

相手のせりふを聞く余裕があれば、次の自分のせりふの出だしは、直前の相手のせりふを繰り返せばいい。
なのに、「会話」になっておらず、個々の分担としてまる覚えしようとしてしまう。

まるまる暗記して、それを棒読みのように、おまけに目の前の相手ではなく、遠いかなたの誰かを見るような目をして、唱える。

ここが、会話練習のしどころ。

棒読みのようではなく、自分の言葉として身体にしみ込ませて、それから意志や感情をのせ、相手の目を見て語れるようにしたい。

コミュニケーションの基本だろう。
そんな初歩の練習に、自然な「台本」を提供してくれるこの絵本は、実にぴったり!

「徹子の部屋」に学ぶ〜リードアラウド研究会

とんとTVとはご無沙汰しているが、特別番組として夜におりてきた「徹子の部屋」を見た。

滑舌は本人ももどかしそうだったが、そのほかはインタビューアとして実にお見事。
丁寧さ、知識、個性的な質問…。

でもこの日の「部屋」で、圧巻は明石家さんまさんとのふたりトーク。
それから、その後合流した所ジョージさんを交えての3人トーク。

徹子さんの役目が、さんまさんのトークで変わる。
すっかりいじられ役だ。

さんまさんトークでの気づき:

・いじりたい部分(みんなと笑えそうな部分)にくると反射的に笑い、みんなに「つぼはココだ」と分かるように、笑い声が長かったり、特色ある笑い声だったりする。

ユーモアに通じるところを本能的に察知する。
それを、他の一般人に知らせるサインを出す。

・面白い場面、語句、会話など、繰り返してみんなに知らせる。

繰り返しが、しつっこさの一歩手前。子どもにもわかるところまで、繰り返す。

相手がスルーしてしまったところを指摘して、みんなの立場でいじる。ストップがかかって、話が上滑りになるのを防ぐ。

・さらっと繕わず本音を言って、自分が「聖人」でも「優等生」だとも思わせようとしない。

徹子さんが「前妻のことを頻繁に話題にするのは、よりを戻したいという願望があるからじゃない?」と聞いた時、
「うけるからです」。
正直なところ、リラックスしているところが、みんなに伝わり、周囲もリラックスする。

3人トークでの所ジョージさんも、ただものではない。
所さんトークの気づき:

自意識が邪魔をして、「わたしはどうせ余計者」のような感じになってしまいがちな、後で会話に加わる3人目。
卑屈になるか、出しゃばるか。難しい役どころだ。

ひょうひようと、というのが所さんのスタンス。
しばらく見ないうちに、それに加えて、風格というか自信がいい具合についていた。

徹子さん、さんまさんに敬意を示しつつ、媚びない。

ここは、というところで、視線を送ってみんな(聴衆)を取り込む。

存在感も大切。
みかけが、年齢としては個性的で、それもスタイリストに作ってもらったという感じがなく貫禄がある。

そして、最後にいじられ役になったときの徹子さんについて。
徹子さんいじられ役の気づき:

ちょっと頑固なおばあさん、という素(?)のようなキャラを好演。
相手にその頑固さに「お手上げ」と思わせる前に、相手と同調する機転のよさ、タイミングの計らいが素晴らしい。

ひょこっと、昔話(戦前の経験談、戦争があった時代の話)を滑り込ませ、脱線させる。
(絶妙なタイミングでパートナーのさんまさんが、現在に戻した)。
自分の年齢的役目を認識して?または使命感としている。

いこじ、がんこが、強くなりそうな場面で、急に怪しい大阪弁をつかったり、上手く抜く。

自分を自分で客観的にみて、笑う。

こんな3人、リードアラウドは天才的にうまいだろうなあ。
こんなテレビ番組は、面白い。

3 minute Reading Assessments~年に2回のアセスメント@キッズブックス英語スクール

スクールでは、主に各生徒への指導の進みぐあいを確認するために、北米を中心に使われている「3 minute Reading Assessments」を、5歳以上の生徒に継続して受けてもらっている。

スクールで手軽にできるのに、生徒の力(読解力、読み下し力、語彙力、表現力など)がかなり正確にみられるいいツールだと思う。

こんな感じの対面式で行われる。

本年度も、最後のアセスメントの時期となった。
みんなの伸びが楽しみ。