リードアラウド指導者にもミドルヴォイスを

リードアラウド指導者向けワークショップでは、ミドルヴォイスをとりあげている。
実際に発声練習もしているが、歌の世界でもこれは獲得すべき声として、トレーナーがいろいろYoutubeなどで、見本を見せてくれている。

日本のトレーナーのサイト「科学的ボイストレーニング」のこんな映像をみつけた。

chest voice (地声)で歌うと、高音で苦しそうで聞いていても苦しい。
head voice(裏声)だと、弱く説得力に欠ける。
ところが、middle voiceだと、表現も豊かに堂々と、楽々と、説得力のある声に聞こえる。

3種の声の出し方がよくわかる、いい例だと思う。
どうぞ聞き比べてみて。