指導のヒントその2〜小1とリードアラウド

その1からのつづき)

More
冒頭の「nothing.(しょんぼり)」次の「something.(やった!)」と、表情を変えた読み方練習で、「リードアラウドは面白いかも」と思ってくれた、私立小学校1年生の16人。

そのあとは、主人公であるガラクタを集める習性があるmagpie(カササギ)が、「more and more」「and more」とガラクタを集めてくる場面を「だんだんと大きな声で」という表現で読んでくれた。

これをさせるコツは、「more」を使った「Echo ゲーム」。
並んだ子どもたちに、順々に「more」を言ってもらうが、声は順に大きくさせる。小から大へ、moreがうわ〜っと拡大していく。

やりながら、「more=もっと」が身体のなかにしみていく。

◎子どものエネルギーを出す場を作る

声でも動きでも、何しろ身体を使わせる。
だが、無意味な場は、子どもにも見破られる。
学習的意味と結びつけること。

本書の語彙は少ないが、sophisticated、入門書としては上等だ。
「a few」「a lot」そして「plenty」とガラクタは増えていく。

声を大きくさせるだけでは飽きがくる。
そこで使ったのが、発音。

◎発音自体を楽しませる。
破裂音(b, p, t)などが面白い。
この日は、plentyの練習。
「pu」ではなく「p」という音を破裂させplentyを言う。

教室が「プッ」で湧いた。

途中、ちょっと寄り道も必要だ。
絵本の強みでもある。
文では書いてないことが描いてある。

◎いい絵本ならではの、描き込まれた詳細を楽しむ。

本書はガラクタが山ほど出てくるので、それで「ミッケ」した。
手を挙げて、見つけた物で英語で言わせる。

ここでは、指導者の予習と「博学」が試される。
博学は、予習で補える。
子どもに何をミッケされても、英語で教えられるようにしたい。

と、まあこんな風に、緩急織り交ぜて60分。

最後に通読させるときに効果的なのが、「リードアラウド4つ目の約束」。

24時間以内に、家のだれかに、読んであげること。

「読んであげる」とこころがツボ。
子どもが、ちょっと偉い感じになれ、やる気になる。

この日も「さあ、一度全部読もう」
と言ったら「え〜」の悲鳴(?)。
しかし、この約束を言ったら、「よっしゃ!」の気配がでて、無事一読!

めでたしめでたし。

P.S.
本文の後半、ガラクタを減らしていきながら、「less and less」とあるが、「さあ、この言葉の反対語はなんでしょう。これまでに読んで来たところにあります」と尋ねた。

子どもは凄い。
すぐさま「more and more」の声。
この小学校の子どもたちも優秀なのだろうが、多分、more and moreの印象が強く染み付いたおかげも?

シアターゲーム「Color Ball」をやってみた〜英語絵本リードアラウド

親子で学ぶ英語絵本リードアラウド、キッズブックス英語スクールで秋一番に読み始めた絵本は、『My Many Colored Days』。

この本ではcolorsと、それがイメージするemotions、そしてたくさんのemotionsを持つ自分を知るということがテーマ。

emotionを表す言葉が色とともに登場するが、それを「棒読み」したら読むのも聞くのもつまらない。

おまけに、意味が身体に入って来ない。

気持ちを説明しても、年少者には文字通り「ぴんと」こない。
こんなとき、シアターゲームが有効だ。

本を通読する直前に、「Color Ball Game」のちょっとアレンジしたものをした。

本に登場する色を、それに表される感情を込めて、想像上のボールに込めて「投げ」合う。

たとえば、happyな気持ちで「Pink ball!」と投げて、受けた人が「Thank you」と言い、次のだれかに同じballを放る。

やってみると分かるが、うかれてhappyな気持ちでpink ballなんて、見えないボールを投げているうちに、大人も「きゃっきゃっ」としたcrispな気持ちが出てくる。
子どもはなおのこと。

想像で遊べる、言葉で遊べるのは、もっとも人間らしいことのひとつ。
これが人間に備わっていて、今まで残ってきたからには、きっと何かしらの効果があるに違いない。

気持ちもよく、emotionsも身体で覚えて、シアターゲームはいいかもしれない。

英語指導者のためのシアターゲーム・ワークショップ

絵本の表紙がTシャツに!

前々から、可愛らしいなと思っていた古典的絵本の表紙をデザインに使ったTシャツ。

これは他の本屋さんのビデオだが、これと同じ製造元の製品をキッズブックスが扱う。

最初に入荷するのは、以下の本のTシャツ(2, 3, 4-5歳用)ロンパース(12ヶ月、18ヶ月用)。
Harry the Dirty Dog
Frog and Toad Are Friends
The Very Hungry Caterpillar
Where the Wild Things Are
Goodnight Moon
Don’t Let the Pigeon Drive the Bus

あと2〜3週間でウェブショップにアップできそう。

指導のヒントその1〜小1とリードアラウド

いつもの私立小、だが初対面の16人の1年生で、これから3回連続おつきあいする子どもたちと、『More』でリードアラウドをした。
More

典型的な、うまくいったセッションだったので、これを例に指導のヒントを書き出してみたい。

◎あいさつで、緊張をとく。指導者の名前を覚えさせる。
「Good afternoon, everyone!」と登場し、子どもたちの反応を、芝居っけたっぷりに待つ。
だが、「…」だったり「Good afternoon,…」で先がない。
これは、典型的な反応だ。

「どう答えたらいいのかな?」と問いかけてから、white boardに指導者の名を大きく英語で書く。
「Ms. Oshima」
読み方を教え、練習してから、「じゃもういちど挨拶し直し!」。

「Good afternoon, Ms. Oshima!」

これでぐっと、親近感が湧き出るのがわかる。

◎リードアラウドの約束とそのデモンストレーションのとき、180度の半円状に並べた席に座った子どもたちに、視線をもらさずくばる。

話しながら、アイコンタクトをひとりひとりと取るつもりで。
特に零度と180度に座っている、隅のふたりを取りこぼさないように視線を動かす。

これで、参加する意識が高まる。

◎自由に表現できるように、表現のウォーミングアップをする。

本書では巻頭に一言、「Nothing.」と本文。
そして、何もない場所に寂しそうに主人公の鳥、magpie(カササギ)が佇む。

次のページで一転、「Something.」ビー玉を見つけたmagpieが嬉しそうに描かれている。

ここで、「リードアラウドの約束のひとつ、感じを込めて読む」が、実践される。
ふたつの対照的な言葉に、それぞれ適したemotionをつけ言葉のキャッチボールをした。

「寂しい」「つまらない」感じでnothingを、級友A(だれでも)に向って言う(言葉の「ボール」を投げる)。

級友Aはそれを受け、同様のemotionでnothingを言う。それから、「うれしい、何かある!」のemothingでsomethingを言い、級友Bに「投げる」。
同様に級友Bはsomethingを受けて適したemotionで言う。
今度は級友Cにnothingを…
と、続けていく。

ひとりが必ず、nothingとsomethingを使うことになって、1年生としては上級の語彙に慣れた。
また、適したemotionをつけて言うことで、意味が腑に落ちる。

どぎまぎする子どももいたが、一緒に言ってやることで、納得の表情に。
ツーカーと来た子は、どこへ飛ばそうかを楽し気に考えているのがわかる。
みえないボールを投げ合うという、面白さを感じて「ゲーム」らしくなった。

同時に、すっかり表現をつけた読み方が板につき、子どもたちは子どもたちは「何だか面白いぞ」の顔つきになっていた。

(つづく)

Improvisationに手応え〜リードアラウド指導者向けワークショップ#6報告その2

(「その1」よりつづく)
9月のワークショップ、後半は『Guess What?』でリーダーズシアター模擬授業。
Guess What?

時間配分が難しいと、ベテランたちは嘆く。
60分の枠で、30分程度を使ってひととおりリードアラウドを指導する。
そのあとに、上演目的に練習と演出をする「production」の時間を20分ほどとり、最後の10分を発表「presentation」に使う。

みなさんの共通傾向として、「説明」「解説」が多くて長い。
「これって、どういうことだろう?」
と一言入れる。
「ちょっとやってみよう」「みんなも読んでみよう」
と、全員がする場面を増やす。

指導者の話や読みを聞かせる時間が長過ぎるのが問題。
もっともっと、子どもたち自身に「答えさせる」「読ませる」「やらせる」こと。
双方向授業をすることだ。

一方的授業が苦ではなかった「お行儀よい」子どもだった人が、指導者に多いためか。
一方向的授業の「くせ」はしぶとい。

どうそれを双方向授業の「くせ」に出来るだろう。
即効性のある方法はないだろうか。
模索中。

ところで、この模擬授業。
指導者役が指導を学べるだけでなく、指導を受ける役の他のみなさんは表現を磨ける一石二鳥だ。

最後にもう一度、一人二役で『Guess What?』を読んだ。
成果あり!
以下の3点を中心に、よりよい読みになった。

1. 登場人物がふたりいるということ、本書の構成が見えた。

2. 登場人物の輪郭が浮き彫りになって本が面白く感じられた。

3. Yes!とGuess!がバラエティに富み、聞き飽きない。

いつも思うことだが、「ただの本」が読み方次第で、なんと、ふくらみ生き生きとすることか。

本の楽しさ、それが英語でも伝えられるものがある。