Welcome to 「リードアラウド」〜新1年生、新スクール生に

2003年に始めたリードアラウド。
拙著『声に出して読む英語絵本ーー初めてのリードアラウド』(中央公論新社刊)に始めた経緯を書いた。
毎年、誕生の地の私立小学校で、新1年生の家族向けにリードアラウド・ワークショップの説明会をおこなっている。
そこではこんなことを話している。

リードアラウドとは?
英語絵本を、参加者自身が声に出して表現豊かに読む。
英語が読めるようになる、発音に敏感になる、英語を聞く耳が育つ、表現力がつく、読解力がつく、プレゼン能力がつく……。
リードアラウドが貢献する要素を数え上げればきりがない。

何よりも大切にするのは、動機付け。
「よい成績をとる」「受験に強くなる」「就職に強くなる」なども、英語を学ぶ動機になる。
しかし、達成したら終わりという一過性のものだ。
日本の大学生は、受験直後の1年生時に一番英語力があるといわれている。
こんなじゃ、困る!
在学中も、卒業しても、どんどん力を上げてもらいたい。
また、世界中の学生が受けるTOEFLテストのスコアは、アジアの中で日本が最低だ。
その原因を第二言語の教育学者が調べたところ、「動機付けが弱い」ということが分かった。
「英語ができなくても、どうにか生きていける」と思うらしい。

それでは、英語をずっと学ぼうと思う動機とは?
「好き」「楽しい」ということ。
好きなことや楽しいことなら、他人に言われなくてもずっと続ける。
それならば、「英語って楽しい!」「英語好き!」と思ってもらえるきっかけになるように、リードアラウドでみんなのハート(動機)に火をつけたい。
そのために、「リードアラウド4つの約束」というしかけを作っている。
家族ぐるみで、子どもたちを英語好きにしたい。

新1年生の家族のみなさん、そして新たにキッズ英語スクールの生徒となった家族のみなさん、どうぞよろしく!