「NYタイムズ・ベストセラー」絵本で朗読劇〜キッズブックス英語スクール

4月から2014年度の「キッズブックス英語スクール」が始まる。
小学生以上のクラス(英語学習の経験がある子ども向け)では、「ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー」の絵本などを台本(テキスト)に使って、リーダーズシアター(朗読劇)をする予定だ。
リードアラウドを劇のスタイルでおこなうのだ。
みんなで練習を重ね「舞台作品」を作り上げる感じ(production)で進めたいと思う。
そして年に2回、内輪の発表会で、家族や友だちに披露する。

リーダーズシアターに力を入れるのは、つぎのような目的からだ。
(1)表現力を磨く
(2)プレゼン力をつける
(3)会話体を学ぶ
(4)気持ちを英語で伝える
(5)楽しく反復練習をする

テキストにはこんな絵本を予定している。
We Are in a Book! (An Elephant and Piggie Book)
CDB!
That Is Not a Good Idea!
Fortunately
It's a Book
まだまだ……。

登場者になり切って、声の高低・緩急・大小・間合いなどの演出を考えながら読んでいく。
発音や滑舌の練習には、Dr. Seussの傑作
Oh, Say Can You Say?
をやっていこう。

本を自分で持てる、ある程度の集中力が備わっている、英語を少し読めるのなら、年齢はあまり関係ないかもしれない。
もしかしたら、英語の勉強をゆっくりやり直したいという大人にも、門戸を開いてもいいのかもしれない。
対象年齢9〜15歳を設定しているが、それ以外でもご相談ください。

劇団のように互いを高め合いながら、表現することを通して、英語を身体的に学べたらと思う。