Ten Little Caterpillars でリードアラウド

3月のまだ肌寒い朝、クレヨンハウスのリードアラウドは、戸外!
動き回るわたしや、「風の子」たちは心配ないが、おとなは平気だろうか。

この日、子どもたちに混じって、意外と多いおとなの参加者に、少々心配だった。

この日の本、Ten Little Caterpillars はイモムシ・ケムシ・アオムシといったcaterpillarsが主人公。
先入観がまだない子どもたちには、興味深い生き物が主人公だ。
これらの生来の美しさ、生態への興味を感じてもらえる本のはず。

最初のcaterpillarがcrawled、と本文。
「このcaterpillar、何をしているの?」
質問していくのが、リードアラウドの流儀。
「はっぱを食べている」
と、さっそく少年の発言あり。
いい出だしだ。

「まだ、はっぱにたどり着いていないけど?」
つっこむわたし。
「食べたいなと思って、はっぱに向っている」
素晴らしい観察。
でもさらにつっこむ。
「どう向っている?」

こうなりゃ仕方ない、と思ったのか、少年は前に出て来てさっと、床に這いつくばった!
そして、もじもじ、アオムシらしくcrawled……。

大喝采が起こったのは、言うまでもない。

「2番目のcaterpillarは、wiggled」と本文。
「これは?」
に応えてくれたのが、おとな!

前に出て、身体をくねくね。
爆笑が起こったのも、言うまでもない。

もう、これで半分以上、リードアラウドは成功したようなもの。
会場に楽しい雰囲気が、醸し出されたから。

これに、あとは役立つ知識を少々と、本文の読み方などを、印象付ける。

おとなも子どもも和気あいあいと、肌寒さを吹き飛ばす笑いとともに1冊の英語の絵本を挟んで過ごせた60分。

書店のみなさん、参加者のみなさん、ご一緒できて何よりでした。
どうもありがとう!