6月のワークショップ課題

5月のワークショップで、印象的だったことをもうひとつ書き忘れていた。
課題のひとつだった「Piggies指導での発問」。
素晴らしいものを考えてきたのが、H先生。
「やられた」!
Piggiesで登場するsmart piggiesの1匹は、賢いのでいつも本を読んでいる。
その読書家のsmart piggieが読んでいる本は、実はページを繰るごとに登場する他のpiggiesを形容する言葉(fat, long, sillyなど)がキーとなる本だった!
だから、「なんで、この本を読んでいるんだろう?」
と尋ねれば、たとえば厚ぼったい本の場合は「fat book」、つまりfat piggiesのfatの意味を示している。

このように、絵本作家は実に芸細やかに作品を作っているので、それを聴衆や生徒に楽しませようというわたしたちは、隅々まで目を凝らし、作家自身くらいにその本に精通すべきなのだ。

さて、6月の課題。
本は、超ロングセラーのGoodnight Moon
実は、教室などで使ったり、朗読を聞かせるには難しい本。
どう料理するか、チャレンジなのである。

朗読をよりよくするために、考えて欲しいのが、登場者たちのドラマ。
主人公の子ウサギのプロフィールを、がっちり考える。
絵本が描くのは、ある晩の子ウサギだけだが、それに肉付けをして欲しい。

家族構成、親たちのこと、登場するold ladyはだれか、親子関係、この日の日中はどんな日だったか、いつ頃か、季節や時代は?
好きな食べ物、友人関係。住んでいる地域、社会状況。
どんなことを考え、暮らしているか。何歳か。
きちんと書き出して見ると、頭に焼き付けられる。

こういった役作り、物語作りが、課題。