「喜んでもらおうよ」とリードアラウド

また朝刊(2012.2.26)を読んで考えた。
今日は、糸井重里さんの記事。
コピーライターでギンギンしていたころの言動を読んだりした限りでは、高慢な人かと思っていた。
が、今は随分と共感できることを言う人に。

いわく、
「誰かが喜んでくれるってことは、自分がいて良かったということ」。
「世間が考えるようないいことをしているのが素敵な自分なんじゃなくて、喜ぶ人の顔を思い浮べていきいきしているのが素敵な自分」。

いて良かった人、あって良かったもの、になれているかな。
わたしたちと、リードアラウド。
まあ、「わたしたちとリードアラウド」は、「本」という王様・女王様をみな様に紹介する小間使いではあるが。

みな様、出会えてよかった本に、リードアラウドを通して出会えていますか?