文鎮堂おすすめBOOKS:The Hunger Games

今もNYタイムズ・ベストセラー3部作の、第1部。
80万冊以上の売上げを挙げている、大ヒット作だ。
ハリーポッターより、やややさしい英語。
内容は、デストピア小説。映画化もされ、アメリカでは今年3月末に公開予定。

The Hunger Games
By Suzanne Collins
レクサイル指数 810L

 08年の発刊以来、ヤングアダルト部門でベストセラーを続けるSF3部作、本書はその第1部。北米が一度終焉を迎えた後、post-apocalypseの物語である。
 新国家は、圧政によりthe Capitalと呼ばれる2地区が他10地区を搾取し支配していた。かつて逆らった地区は征討され消えた。そのpunishmentと、非当事者たちの「娯楽」を兼ね、Hunger Gamesが、毎年行われている。各地区から抽選で選ばれたティーン男女24人が、生存者ひとりになるまで、危険溢れる戸外で壮絶に殺し合う「ゲーム」だ。その光景は、TV中継され茶の間に流れる。そして今年、極貧の第12区で選ばれたのは、生きて母妹を支えなければならない16歳の少女と、その少女に恋するパン焼きの少年だった……。
 娯楽番組のひとつのように、TVで実際の戦場のニュースを見ている自分に慄然とし、本書の着想を得た作者。その厭戦感は、現代的で共感を呼ぶ。