unconditional loveとリードアラウド

いつもの私立小学校、小1、16人。
この日、なぜか子どもたちは、みんな固まって、「ハロー」と英語で挨拶しながら教室に入ってきた。
そして、シーンとしている……。

Hello, can you speak Japanese?
わたしも、ちょっとふざけて英語で尋ねる。
さらにみんなが固まる。
聞き取れた子が、No! No! なんて言ったり。

あ、そうだった!
今日が初めてのリードアラウド。
緊張していたのだ。
ならば、思いっきりほぐしてあげなきゃ。

First the Egg の表紙とカバーで、リードアラウドの約束をデモンストレーション。
「卵が先か、ニワトリが先か」の永遠の問いを、子どもたちに「順」を考えさせながら、first, thenの使い方に慣れさせる本だ。

カバーがついている状態だと、最初に卵で、それからニワトリ。
なのにカバーを取ると、ニワトリが先で卵が後の絵に早変わり。
簡単なダイカットというしかけを使った、アートとしても優れた本だ。
First…, Then…表紙をかけたり、とったり、読み方を変えたり、自分はどっちだ先だと思うか尋ねたり。
そのうちに、溶けてきた、溶けてきた。

いつもの、この小学校の生徒のおおらかな表現がポツ、ポツ。
そして、ダーッと。

授業参観の父母がいても、まったく怖いものなし。
うけよう、というわけでもなく、自然にのびのびと楽しい表現がでる。

ああ、解放されているなあ。
心の解放って、これだ。
これがリードアラウドを楽しくし、英語に親しむ要となる。
楽しい状態だと、そこでの英語に関わる多くの知識も、記憶に残りやすい。

この望ましい状態、環境は、大人たちの愛が作っているのだろう。
学校の先生方や、参観している父母たちの様子を見て思う。
子どもたちの自由な表現を、楽しそうに見ている。
「いい、いい、そういうのいいよ。もっとやってごらん」
そんな空気を、子は敏感に感じる。

unconditional love、いいなあ。

リードアラウド・ワークショップの自慢は参加者

わがワークショップの近年の自慢は、参加者。
みなさん、ご自分が英語の達人であることは、もうあたり前すぎて自意識に登らない状態の、まあネイティブ感覚に近い。
その土台があって、教育というか英語の啓蒙というか、広い意味での社会貢献を本気で考えている。

「ワッハハハー」「こんな人たちが、日本の英語界にいるんだぞ」と誰に向ってか、そしてまるで自分のことのように、得意げな笑いがでる。

でも、その人たちの前に立って先生と呼ばれ、その実力者たちにリードアラウドを「やりがいあるもの」と思って頂くために、手を変え品を変え、デモンストレーションしていくのは、気が張るものだ。
そんなとき、こんなブログを読んでエネルギー補給。
「ももんがだもの in 帯広」のももんがさん、ありがとう!

リードアラウド、どろ²派とさら²派

昔の蛍光灯は光るまで時間がかかった。
わたしの「気付き」もしかり。

近頃になって、気付いたことがある。
リードアラウドに興味を持って下さった方々は、その絵本の読み方のタイプで大きくふたつに分けられるということ。

ひとつは、思い入れ熱く、時にはおどろおどろしく「やりすぎ」とも思われることもあるタイプ、仮に「どろどろ派」と呼ぶ。
この派には、教育現場に既に立っている方で、とりわけ生徒たちに人気の先生が多い。

もうひとつは、楚々として「才女風」、英語をさらさら読み、時には近寄りがたい空気も漂わすタイプ、「さらさら派」とでも呼ぼうか。
朗読を中心に活動してきた方が多い。

そのそれぞれが、リードアラウド(RA)に何を求めていらしたか。

どろどろ派は、印象的な読み方を残しつつも、もうちょっとサラっと読むのもマスターしたい。
さらさら派は、子どもに読んだときに、もっと手応えが欲しい。楽しませ、印象付ける教育的な方法もマスターしたい。
こんなところだろうか。

興味深いことだが、それぞれの派が互いに認め合っているようでもある。
そこで、わがワークショップが、その「技」を交換する場にもなっている。

WS参加後、それぞれに、迷いの時期が同じく訪れることにも、気付いた。
どろどろ派は、「演技過剰でクサい」とか、「役を作りすぎ」とか講評され、どうしてよいか分からなくなって、のっぺらぼう、つまり棒読みに戻ってしまったりする。
反対にさらさら派は、その読みからは「情景が見えない」「英語が分からない子にはチンプンカンプン」とかいわれ、ところどころ思い入れをしてみるが、上すべり。全体としてまとまらなくなってしまう。

もしこの時期にやめることになったら、本当に本ワークショップは罪作りな場になってしまう。

声を大にして言いたいのは、このRAの迷いの「トンネル」のむこうには、明るいむこうがあるということ。
ときには、わざとちょっとくどめに読んでも、子どもを楽しませ、英語を印象付ける。さらっと伝えたい物語のときは、ごく自然な読みながら情感豊かに、絵本の世界を伝えることが出来る、明るいむこう……。

わたし自身が、お先真っ暗になり、それでもアドバイスや観衆の反応をもらいながら練習を続けて、いつしかそこを抜けて来たから、よくわかる(でも、「トンネル」はひとつではないのだが)。

より適切なアドバイスが出来るよう、WSがさらに有意義なものになるよう、わたしも腕を磨こう。

Little Blue & Little YellowでWS参加のみなさん。
迷ったら、
1.まずは表現を考えずに、愚直に何度も読んでみて。
2.その後、棒読みだと感じるところを、「これ、青ちゃんだよ」「友だちいっぱいいるけどさ、一番の友だちってのが、黄色ちゃん」などと、口語で誰かに語りかけるように言い直してみる。
そしてそのノリに乗せて、英語を読む。

覚えるくらい読み込んだとき、ふっと力が抜けて、自然でありながら生き生きと、語るように読めるようになる。

Walter Was Worriedのリードアラウド、小2に教えられる

武蔵野の私立小学校の課外授業、この日は16人のグループ。
親御さんの見学も、10人ほど。

使う絵本はWalter Was Worried、子どもたちに発見が沢山ある「引き出し」が多い本なので、何を子どもがいいだすやら、指導者のアドリブ力が試される本でもある。

Walterという名の子が、いかにもworried という顔をしている。
そうするには、わけがあって……と、when が続き、ページをめくると、the sky grew dark. とあり、空に暗雲が描かれている。

「タコ上げしていたWalterは、どんな気持ち?」
尋ねると、瞬間的に
「(できなくなると) 心配してる」「やだな、と思った」「どうしよう」
など、ぴったりな日本語が次々、飛び出す。

Walter以下、登場する子ども7人が、それぞれ空模様を見て、様々な感情を顔で表現していく(おまけに、顔の目鼻自体がw-o-r-r-i-e-dの文字で構成されている)という展開だ。

このクラスでの発見は、
Henry was hopeful
でであった。
hopefulが、実は説明しにくいというか、子どもには観念的な解説になりがち。
ところがこの日は、「あっ、晴れそう!(+万歳)」とか、期待を込めた声で「あ〜っ!(+きらっと目を輝かせる)」とか、「もしかすると(+笑顔)」など、ぴったりの表現や言葉が、どんどん挙がったのだ。

特に、描かれているHenryの表情をまねての、数人による「あ〜っ!」には鳥肌が。
hopefulの感じ、そのままなのだ。名演!
絵もうまいが、生徒もうまい。

なかなかペーパーテストでは図れない力だが、優れたコミュニケーション力だ。
この「あ〜っ!」と、指で押さえた hopefulという文字と、口にした英語の発音が、彼らの頭のなかで「合体」しますように……。
I am hopeful.

Beautiful!小学生が語るようにLittle Blue&Little Yellowを

子どもは、just beautiful!
生命というか、人生というか、 life というものの美しさを日々、感じさせてくれる。

昨日は、リードアラウド2年目の小3と、Little Blue & Little Yellow、R先生から引き継いで、本書のレッスン3回目だ。

この本、かなり物語が長い絵本で、1回で1冊を終える書店や学校課外授業のリードアラウドでは、取り上げられない本だ。
しかし、1年間のカリキュラムがあるわがスクールでは、系統立てて本を選び、1冊にじっくり2〜3回のレッスンをあてられる。

この本を、英語ゼロから始める日本の子どもに楽しく読ませることは、念願だった。
それが昨日、叶った……。

予定通り、2年目の子。
小3が、
This is little blue… と語るように読み始めた。
「どんな話が始まるのかな?」
何十回も読んだわたしにも、物語への期待で鳥肌が立つ
(上手い読みだったことのほか、自分たち指導者たちの力をみるドキドキも)。

物語の山、青ちゃんと黄色ちゃんが緑になって帰宅すると、それぞれの親に「うちの子じゃない」と拒絶されて悲嘆にくれる場面。
内容をすっかりふまえて、あえて、さらっと自然に読んだ。

大げさな「クサい」表現ではなく、悲しみへの共感が感じられる。
実に子どもらしく、聞く者の胸を打つ。

人生最大級の悲しみに遭遇して、
「ふーん、そうなんだ」
程度の、大人には淡白に見える表現を、子どもは見せることがある。
しかし、あまり感じていないようなのに、本当はそこに熱い心がある。
この小3の読み方にも、親に拒絶された子への、そんな子どもらしい共感が滲む。

実生活で、たとえば親族の葬式で泣かなかった子どもが、後日、実は深い悲しみを感じていたことがわかったりする。
子どもの心は、大人みたいに経験からくる感情スイッチがまだ直結していないから、ワーワーその場で表現が表出しない……という児童心理まで考察させてくれる、この日の小3の読み……。
最高だった!

大人になるということ、そして、未知の言語を短期間で理解するようになるなど、目覚ましい成長を遂げる人間の驚異、生命の美しさまで感じさせてくれる子どもって、美しき存在だなあ。