大人も自由が丘の英語教室で

新学期がそろそろ始まる。
今年のチャレンジは、なんと言っても、赤ちゃん。
それから、大人。

一般の大人の方々とのリードアラウドは、数年前にクレヨンハウスで夜に開催していたが、終了。休んでいたが、この度、カリキュラムを作り、初めて体系的に一般向けレッスンにしてみた。

書店では「お客さん」なので、指導はほどほどでもあり、また1回で1冊を終えてしまうので、指導し足りなかった。
今回は、授業料を頂く分、結果を出す!
このレッスンをとる前と後では、「まったく読み方が違う」と実感するものにしたい。

先日の体験レッスンでは、The Happy Eggを使った。
そこでは、レッスンのbeforeとafterの読みにはっきり違いがでた。
恐らく受講されたご本人以上に講師のわたしが驚いたほどの、際立った違いである。
「before」でも、上手にすらすらお読みになり、一般的に言ったら「及第」。
だが、子どもとリードアラウド的には、まだまだ平坦で情景が浮かんでこない読み。
それが、体験レッスン中の練習で、めきめき「聞かせる」読みになり、最後にはかなり情景も浮かぶ豊かな表現になったのであった。

打てば響くような受講者だったおかげが大きいが、教材と指導法も的を得ていたのではと思える。
今後のこのクラスに期待したい。