先生の表現が磨かれると:1

指導者の表現力を磨くワークショップ、「指導者向けWS」8,9月の回が終わった。
題材は、英語初級者から中級者を教えるのに適したDog & Bearの原書と翻訳書、そして入門者、幼児に適したPiggies原書を使って行われた。

ただ英語の絵本を読むのなら、英語実力者ぞろいの先生方なので、すらすら何の問題もない。
だから今、きっと学校や塾の英語の時間に、英語絵本はそうやって多くの先生方に読まれ、すーすーと多くの生徒たちの耳を通過しているだろう。

「その読み方STOP!」「その聞き方STOP!」

そうブレーキをかけるのが、リードアラウドのメソッド。
英語を「木」からでなく言語全体、いわば「森」から学ぶのに、絵本は最高の媒体だろう。
その「森」の美しさや不思議、しくみや楽しい遊びなどを、子どもたちに教えてあげるには、森の小人みたいに、上手にプレゼンする必要がある。
さもないと、子どもたちはその大きさや深さを恐れて中に入らなかったり、中で迷ったり、または面倒だからと眺めるだけになる。
「指導者向けWS」は、先生を英語絵本の「森の小人」に、変身させる……。

つづく
Dog and Bear: Two's Company
『Dog and Bear: Two’s Company』
Piggies: Book and Musical CD (Book & CD)
『Piggies: Book and Musical CD (Book & CD)』