小学校の先生ノリノリ英語教室

午後の課外授業でリードアラウドをしている区立小学校では、校長先生の発案で先生向けの英語教室を4月から開いている。

先生方は忙しいのにも関わらず、そして有料なのにも関わらず、校長、副校長以下10人が、ほぼ週1コマの英語教室に集まって下さる。

2学期が始まったが、今学期はアメリカで長らく人気の Miss Nelson Is Missingをテキストにした。
若くてやさしいネルソン先生が、どうにも収拾がつかない自分のクラスを、ある方法で立て直す物語。
学校で使われる日常的な語彙や言回しが、ユーモアたっぷりの会話と絵で学べる。
この教材もいいのだが、当校の先生方の表現は格別に、fantastic!!
英語塾の先生だろうが、ALTの若き外国人先生だろうが、ふっとんでしまう迫力と魅力だ。

楽しもう、やってやろう、という意気込みがあり、面白がらせたり、わからせる力に優れている。
やっぱりプロだ……。
先生数人が組になって演じる本書のスキットは、本気で笑えるエンターテイメント。
キャー、楽しい。

こんなに先生がノリノリで英語を楽しんでいるのを、生徒にも見せたいものだ。
Miss Nelson Is Missing!
『Miss Nelson Is Missing!』