ブッククラブの選書が(ほぼ)終わった!

キッズブックスでブッククラブの選書と解説を担当している。
4月号からの選書がほぼ終わった。
楽しいが、なかなか骨の折れる仕事だ。

それでも、こんな手紙がくるとたいへんな励みになる。
(以下、会員の方の了解をとっての引用)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
……(The Carrot Seedは )ちょうどブッククラブのAコースで来る本ですね。
届くのが待ち遠しいです~~。

余談ですが、7歳の長男はいつも絵本が届くのを楽しみにしています。
4歳の頃から簡単な絵本の暗唱をしていて、
最近ではキッズブックスで届く本ばかり選んで読んでいます。
Audrey Wood&Don Woodの絵本も好きで、
最近では、Napping Houseに取り掛かってから2週間位でスラスラと読める様になってしまいました。
言葉のリズムと、絵と、文とがわかりやすく、かつ本としても魅力的で、選書の素晴らしさを実感しました!
自分ではなかなか見つけられないですから、本当に助かっています。
今はTime to say Pleaseを楽しそうに毎晩読んでます!
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

ちなみに、Aコースは、リードアラウド入門コース。
4月から東京・自由が丘で予定されているキッズブックス英語スクール「親子コース」の使用絵本は、このブッククラブAコース選書とリンクしている。
The Carrot Seed 60th Anniversary Edition
『The Carrot Seed 60th Anniversary Edition』

Time to Say [Please]!
『Time to Say [Please]!』

The Napping House