区立小学校で読むThe Carrot Seed:その2

さあ、T先生の登場だ。
3回目なので、そろそろ生徒も話が分かっている頃だ。
T先生がまずひとりで、read aloud.

新登場の先生のキャラクターを生徒たちが掴む前に、読んだのがよかったのか。
いつものガサガサ生徒たちも、黙って聞いた!
「聞いた」のか「聴いた」のかは、個人差はあるが、どちらにせよ、T先生のお手柄だ。

一般にある「英語の先生」という優等生的イメージを払拭してくれる、パワフルな読みだった。
リラックスが売り物のRA教授では、生徒・子どもが先生に持つ印象が、「がんばっている」より「天然?」が好ましいので、T先生の登場が嬉しい。(「天然。」ではなく「天然?」なところに、注意。練習することで生み出される演出である)。

そしてこの日の試みで効果的だと思ったのは、本文中の「難所」といえる3行に渡る長い文章を板書して、手拍子のリズムに乗せて読む練習。

文の切れ目(息継ぎ)と、文字もさらに意識させられた、と思う。
RAのひとつの大切な目的は、英語文字のdecoding(解読)で、それを指差し読みでやっている。
条件が許せば、その他に板書やFCを加えるとさらに効果的だ。

手拍子に乗せ読み上げる、というのも勉強っぽくなく、開放感が漂った。
ラップのまねのような遊びもやってみたら、楽しいかも知れない。
英語らしい音の同化も、こうやってRAの練習で身に付いたらいい。

数人の「どうしても英語を口にしたくない」風の生徒の存在が、このクラスの難しさ。
彼らの、ポーズではない「やる気のなさ」には、目を見張るものがある。
ちょっとやそっとでは、こちらの歯が立たない。
引き続き、これらの生徒からやる気を引き出すのが目標……。

とは言え、やる気満々のわたし自身は、この日のT先生の授業を大いに楽しんだ。

区立小学校で読むThe Carrot Seed:その1

公立小学校の放課課外授業で、The Carrot Seedを3回に分けてリードアラウドした。
先生は、「リードアラウド実践WS」または「指導者向けWS」を受講したうちの実習希望者である。

2回目は、実験的に全部英語で行ってみたR先生とだった。
このときの興味深い発見は、英語しか分からない(と思われる)人が英語を教えると、生徒は通訳する人のほうに頼るということだ。
そして、結果的に頭の中には、通訳が訳した日本語が残る。
この日、わたしも通訳の役などせずに、徹底的に英語で通せばよかったかも。

「英語だけで授業をするなら、通訳がいないほうが効果的だ」
R先生とのこの日の実験的授業で、こんな仮説が頭に浮かんだ。
ALTとの授業も、考え直した方がいいのでは。

さて、3回目は昨日、T先生の登場だ。
The Carrot Seed 60th Anniversary Edition
『The Carrot Seed 60th Anniversary Edition』

つづく