『英語の絵本読み聞かせスタートブック』でました

 コスモピア社から『多聴多読マガジン』別冊の『英語の絵本読み聞かせスタートブック』が発売になった。わたしは、読み聞かせにぴったりの絵本を13冊ほど挙げ、勧める理由とリードアラウド的読み方のヒントを書いた。どの絵本もカラーで紹介され、中身が少々見られるものもある。他の執筆者4人の推薦と解説と合わせ、とても見やすいガイドブックになって、喜ばしい。

 執筆者たちが選んだのは、なかなかの名作ぞろい。本物の絵本の力が一望できる。これらの本、絵本作家が英語圏での狭き門をくぐり出版にこぎつけた本だけあって、絵画的、文学的、教育的にも一流だなあ、とつくづく思う。

 そこに、Readerと呼ばれる、ESL用や日本人用またはReadingの教本として書かれた本などが並ぶと、ちょっとかすんでしまう。Readerは、いくら読んでもオチがないというか、物語を読んで “so what?”と思ってしまうのは、わたしだけ? 子どもたちもそうなのじゃないだろうか。こういった本は、本物の絵本とは一線を画するだろう。子どもたちにはみずみずしい感性があるのだから、ぜひここに紹介されているような本物の絵本、名作と呼ばれる絵本を読ませたいものだ。

 ぜひ、指導者向けリードアラウドWSに参加していらっしゃる方に、本書付録のCDを聴いていただき、できればご意見をちょうだいしたい。わたしたちが目指すリードアラウドについて、建設的なディスカッションができればと思う。

『英語の絵本 読み聞かせスタートブック』10 yomikikaseで大島が紹介した絵本。
10 Minutes till Bedtime10 Minutes till Bedtime board book10 Minutes to BedtimeABC I Like Me!Click, Clack, Moo: Cows That TypeDog and Bear: Two Friends Three StoriesGood Night, GorillaGood Night, GorillaI Like Me! (Picture Puffins)Lemons Are Not RedLemons Are Not RedOne Was Johnny: A Counting BookPiggies: Book and Musical CD (Book & CD)The Gingerbread Boy Book & CD (Read Along Book & CD)The Hello, Goodbye Window (Caldecott Medal)The Napping House: Book and Musical CDThree Little Kittens Book & CD (Read Along Book & CD)Two Eggs, Please.Walter Was Worried (Ala Notable Children's Books. Younger Readers (Awards)) (Neal Porter Books)Where the Wild Things AreWhere the Wild Things AreWhere the Wild Things Are CDYo! Yes?

『The Happy Egg』を小2と2回に渡って読んでみた

 成蹊学園のリードアラウド・ワークショップは、昨年度まで1回完結形式で、参加者も毎回募集していた。しかし今年度、2〜4年クラスは、1年通して受講してもらうことにして、1冊の本を2回のワークショップで使うようにした。

 小2クラスの2回目は、先月に続きThe Happy Egg『The Happy Egg』だった。

 まず驚いたのは、本を忘れてくる子が何人もいるのではと懸念していたのに、たったの1人だけだったこと。基本的なことだが、このおかげでとても気持ちよく、そして余計な時間を使わずWSを始められた。学校、家庭、子どもたち、この連携がよくとれていて、教育環境が素晴らしい。

 WSが始まる前にわたしに、「全部読めるよ!」「だいたい……読める!」「読んでこなかった!」と、たくさんの子どもたちが話しかけてくれたのも嬉しい驚き。のびのび発言できる子たちだ。やってこなかった子にも、やるべきことだったという認識があるのが嬉しい。

 まず、通して全員で読んだ。そこで聞こえてくる声から判断すると、かなり読める子が増えたのがわかる。次に、29人(1人欠席)を7人ずつのグループにわけた。1人で2場面ずつ分担して、7人で読み終わる計算だ。1人が半端になったが、「ベストメンバー」6人を加えることにした。

 グループでわいわい練習してもらった後に、同じ場面を分担した子たちを次々起立させて、2度目の通読。4人ずつの声は小さめだが、かなり読めているのがわかった。

 そして最後は、グループごとに前に出て、リーダース・シアタースタイルで読んでもらった。「間をもう少しあける」「口を本でさえぎらない」「悲しさや嬉しさに段階をつける」「flyできたときの喜びを特別に、演技をつけて読む」など、1グループ終わるごとに次への注文を2つ程度つけた。次のグループは、その注意を反映させて読むわけだが、努力が聞いてわかる。個人差はあるが、恥ずかしい子はそれなりに少しだが、演技を大きくする。反応が抜群にいいのは、驚異的だ。照れて、ふざける子どもたちもいるが、聞き分けがあるからご愛嬌のうちだ。

 全部で5グループ、5回通読してもらってから、もう一度、注意点を挙げてみんなで練習し、最後は希望者沢山のなかから7人選び、読んでもらった。まだ幼い子どもたちが、演技しながら英語の絵本を読んでいる姿は、まったく想像以上に上手で、時には舌を巻いてしまった。そして、その姿のかわいさに、もう目尻が下がってしまった。

 リードアラウドのひとつの威力は、あきずに同じ本を反復練習すること。『The Happy Egg』をこの日読んだ回数は8回! 普通はなかなか8回も同じ本を読まないものだ。反復は定着の大きな味方になる。

区立小学校の英語活動を参観した

 評議員をしている区立の小学校の公開授業を見て来た。この学校は、地域的にも英語圏の外国人が多く住み、校長先生や先生方の英語教育に対する問題意識が高い。とは言え公立なので、区の予算や決定に縛られていて、ALTと呼ばれる先生が区の決めた業者から派遣されて来るが、その授業に満足できないようだ。

 現在のALTは北米系の英語を使う(colourとスペリングしていたのでカナダ人?)若い男性で、とてもまじめそう。その彼と担任の日本人男性教師がペアになって45分、英語活動(?)していた。この日、最初に気になったのはクラスの賑やかさと、ALTのWhat/is/your/favorit/fruit? などと、単語ごとに句切った張り上げる声だ。文のイントネーションはほとんど消え失せている。わたしの見学は途中からだったので、確かではないが、こうした質問の内容を何人かのクラスメートに尋ね、答えを集めるようなゲーム形式での進行だった。

 はっきり言って、生徒は騒がしく、必然的に先生も大声を張り上げるので、お疲れ。内容のない質問の羅列だから、させる方もする方も楽しくなく、先生を嫌っているふしはないが、親しんでいるふしもない。ほとんど先生と生徒が繋がらない45分は、先生にとってさぞかし疲れる仕事だろう。

 唐突に「何色が好き?」と聞いて、「黒が好き」と相手が答え、それでプツン。何が面白いかな。こうしたシチュエーションなしの、会話とも言えない質問の羅列じゃ楽しもうにもなあ。

 評議委員として、そして校長の元英会話教師として、リードアラウドの話をしたところ、成蹊のワークショップを校長先生は、最近ご見学。そして、「本校にもリードアラウドも取入れたい」ということで、近々まずは教職員にデモンストレーションをすることになった。教材はDavid Goes To School『David Goes To School』

 担任が受け持たなければならない英語活動も、2010年から始まるとのことだ。学校が備品として、クラスの人数分の本を購入し、それを使って担任の先生がリードアラウドする。できない話ではないはずだ。

これからのリードアラウド予定(2009.7.2更新)

成蹊学園国際センターでの成蹊小学校生徒向けのリードアラウド・ワークショップ

7月6日(14:00-15:00) 小1
Two Eggs, Please.
『Two Eggs, Please.』

7月18日(土)第4回 指導者向けリードアラウド・ワークショップ
教材:
『あおくんときいろちゃん』
Little Blue and Little Yellow『Little Blue and Little Yellow』
いぬとくま いつもふたりは
『いぬとくま いつもふたりは』

Dog and Bear: Two Friends Three Stories
『Dog and Bear: Two Friends Three Stories』

7月26日(日) クレヨンハウス・リードアラウドの会 9:45-10:45
対象:子ども、大人
教材:
Time to Say
『Time to Say [Please]!』

場所:クレヨンハウス東京店
参加費:テキスト代のみ(クレヨンハウスで教材を購入)
申込方法:直接クレヨンハウス(03-3406-6308)へ

7月27日(月)
ボランティア

高齢者対象のワークショップ・ボランティア第7回目 
時間:10:00-11:00
対象:施設入所中の高齢者
場所:アリア二子玉川
教材:
おじいさんの旅『おじいさんの旅』
Grandfather's Journey『Grandfather’s Journey』

ボランティア参加希望は、キッズブックスまで。

『英語の絵本読み聞かせスタートブック』

『多聴多読マガジン』などを出版しているコスモピアから、『英語絵本読み聞かせスタートブック』というムックが、6月末頃に発売される。読み聞かせに適した英語絵本の紹介と、子どもと読むコツを具体的に解説したもので、わたしは13冊の解説を担当した。

 フッ〜、昨日原稿の直しを送って、わたしの役目はほぼ終わったところ。不機嫌そうな顔写真が載りそうだったので、笑顔の写真に差し替えてもらった。リードアラウド中のスナップ写真だったが、なんでか不機嫌な顔。たぶん、そういう場面だったから(不機嫌をその気になって表現中だった)、と思いたい。リードアラウドは「楽しい」という印象を、指導者であるわたしたちからも醸し出さなければなりません!

「読み聞かせ」ということばは、もう市民権を得ていて、本のタイトルとしては当然入れるべきキーワードだが、わたしの選書の弁は「これは読み聞かせ用ではありません」。わたしの場合は、読み聞かせ(=I read aloud to you.)+読み合い(=We read aloud together.)+自分で読む(=You read aloud yourself.)の3つのため、つまりリードアラウドのための選書をしたつもりだ。

 ページ数の制限があるので、いつもキッズブックスのブッククラブの解説の「音読のてびき」に書いているようなことを、1/3から2/3に縮めたような解説になった。選書は、これまでワークショップやブッククラブ用に選んできたものと、新たなものとを組み合せ、編集部が設定した対象年齢グループにそってに分けた。他に4人の選者がいらっしゃるので、その方々の選書を見るのも楽しみだ。

 こういう本を出版社が企画するということは、世の中にそういう需要があると読んでのことだろう。この本が、英語の絵本を手にとって読んでみようというたくさんの親子や先生方に出会えますように。

『英語の絵本 読み聞かせスタートブック』10 yomikikaseで大島が紹介した絵本。
10 Minutes till Bedtime10 Minutes till Bedtime board book10 Minutes to BedtimeABC I Like Me!Click, Clack, Moo: Cows That TypeDog and Bear: Two Friends Three StoriesGood Night, GorillaGood Night, GorillaI Like Me! (Picture Puffins)Lemons Are Not RedLemons Are Not RedOne Was Johnny: A Counting BookPiggies: Book and Musical CD (Book & CD)The Gingerbread Boy Book & CD (Read Along Book & CD)The Hello, Goodbye Window (Caldecott Medal)The Napping House: Book and Musical CDThree Little Kittens Book & CD (Read Along Book & CD)Two Eggs, Please.Walter Was Worried (Ala Notable Children's Books. Younger Readers (Awards)) (Neal Porter Books)Where the Wild Things AreWhere the Wild Things AreWhere the Wild Things Are CDYo! Yes?