Grandfather’s Journeyは奥が深い……

 高齢者施設でのボランティアで、リードアラウド・ワークショップをするのは4月27日で3回目になる。

 ということもあり、また最近練習をしている。思えば、ボイスコーチングを中西先生にお願いして、もう少しで1年。呼吸法を習い(鼻で吸って口から、細い息でずっと出していく)、気がつくたびに実践している成果かも、と思える気持ちのいい声の時があるようになった。あと「いまいち」なのが、「おじいさんの旅」(Grandfather's Journey
『Grandfather’s Journey』
)のように、深い心情と時間的の長い流れをあつかったもの。集中力が足りない。気持ちについて、自分のなかの渦のようなものになりきっていない。

 いろいろ先生にご指摘いただくことは、自分の本質を改めて認識するようなことでもあり、とても考えさせられる。「気持ち悪くない」「臭くない」表現でありながら、場の空気を変えられるくらいの力を持った読みができるようになるのが目標だ。まだまだ、場をこなさなければならないようだ。

★ボランティア、ご一緒できる方、募集中!詳細は「リードアラウド掲示板」をご覧下さい。