4月からのリードアラウド予定

■4月26日(日)クレヨンハウス・リードアラウドの会 9:45-10:45
対象:子どもと大人
教材:
Green Eggs and Ham Book & CD (Book and CD)『Green Eggs and Ham Book & CD (Book and CD)』
場所:クレヨンハウス東京店
参加費:テキスト代のみ(クレヨンハウスで教材を購入)
申込方法:直接クレヨンハウス(03-3406-6308)へ

4月27日(月)ボランティア
高齢者対象のワークショップ第4回目
時間:10:00-11:00
対象:入所中の高齢者
場所:アリア二子玉川
教材:
おじいさんの旅『おじいさんの旅』
Grandfather's Journey『Grandfather’s Journey』
ボランティア参加希望は、キッズブックスまで。

5月16日(土)第3回 指導者向けリードアラウド・ワークショップ
教材:
かいじゅうたちのいるところ『かいじゅうたちのいるところ』
Where the Wild Things Are CD『Where the Wild Things Are CD』
『あおくんときいろちゃん』
Little Blue and Little Yellow『Little Blue and Little Yellow』
会場:世田谷区用賀(新玉川線用賀駅下車4分)
※現在定員に達しています。Waiting Listへの申込はキッズブックスまで。

5月22日(金) 第8回クレヨンハウス・リードアラウドの会 19:00-20:00
対象:大人
教材:
Naughty Naughty Pets: Dig, Ivan Dig!
『Naughty Naughty Pets: Dig, Ivan Dig!』

場所:クレヨンハウス東京店
参加費:テキスト代のみ(クレヨンハウスで教材を購入)
申込方法:直接クレヨンハウス(03-3406-6308)へ

毎月ブッククラブの選書と解説でヒーヒー:その1

 キッズブックスが主催するブッククラブでは、毎月、絵本からハリーポッター程度の読み物まで7レベル別コースに分けた本、2~3冊づつを解説付きで会員に送っている。多くはリードアラウドまたは、音声を聴きながら読むことを前提にCD付きを選書しているが、この選書と解説が、結構たいへんである。

 各レベル、毎月2〜3冊選ぶのは、特に「リードアラウドに適する」というくくりがあって一仕事。とはいえ、今年分はほぼめどが立ってすでに滑り出している。選書で苦しんだ後、いつも思うのは、そして”speak aloud”したいのは、「リードアラウドは選書もミソ」ということである。

 その売り物の選書、およその基準は以下のとおり。
○その本の文学性、芸術性がある程度高いこと。
読解を深めて表現するのに、もともと底の浅い本では読み手がのらない。読み手がのっていないと、それが聴き手にすぐにバレる。それでは、一緒に読んでいただけない。文章、ユーモア、構成、イラストなど、本自体の知名度とは関係なく選者が信じる一流どころを選ぶ。ただの知育系の本は、ここでたいがい選にもれる。

○文章が音読を意識したものであること。
音読、それも子どもたちを対象に、作家の磨き抜いた言葉で書かれたものを見つける。それでこそ、読みがいがある。語彙が洗練されていることや、音の美しさ、内容の分かりやすさなどが決め手。

○絵本は、英語を母語としない子どものために、絵でも分かりやすいこと。
各ページの絵がテキスト内容の説明になりうるものを選ぶ。テキストに書かれていることが、ほぼ視覚的に見られるものでないとリードアラウドは成功しない。

 こんな基準が、わたしの体の中に染み付いたようで、近頃は一読で、リードアラウドに適するかどうかを直感できる感じだ。解説を書いていて疲れてしまったときなど、ずらっと並んだわが子のようにかわいい(?)ブッククラブの本たちを眺めると、すっと疲れが飛んで行く(ときもある)。 (さらに…)