英語オーディオブックは本と一緒に:その3 何を聴いたらいいの?

Qどんなものを選べばいいでしょうか

A 自分が読みたいなと思ったものが一番。とはいえ、急に『アンナ・カレーニア』(案外アメリカでは今、売れているらしい)では、長過ぎますし、並の想像力ではカバーしきれない時代的背景もあります。でも、「家庭教師」付きなので、本を選ぶときよりちょっと上のレベルに挑戦してもいいでしょう。

 また、アメリカ英語に慣れている場合、イギリス英語の聞き取りが難しいこともあります。普通は原作者の英語に合わせて朗読者を選んであるので、原作がアメリカのものならアメリカ英語です。また、イギリス英語に慣れるため、あえてイギリス原作のものを選ぶという考え方もあります。

 それから、オールスターキャストでせりふが多いものは、リスニングの難易度が高く、本のレベルより少し上級者向けと考えた方がいいでしょう。それに対して、朗読者がひとりのものは、だんだんその朗読者の読み方に慣れてくるので、聞き取りやすく感じるでしょう。

Q オバマの著書をオバマが朗読していたり、クリントンが自著を朗読していたり、有名俳優が朗読していたりなど、誰が朗読しているかというおもしろさもありますよね。
The Audacity of Hope: Thoughts on R the American DreamThe Audacity of Hope: Thoughts on Reclaiming the American Dream
My LifeMy Life

A 著者自身の朗読は善し悪し。あたりはずれがあるかも知れません。声優(俳優)の朗読は、一応、「品質」が保証されています。『Harry Potter』などは両方あります。両方ある場合、個人的には安全をとって声優の方を選びます。
Harry Potter and the Sorcerer’s Stone (Book 1 CD)Harry Potter and the Philosopher’s Stone (US)

[本プラスCDおすすめ]
作者が読んだCharlotte’s Web
Charlotte’s Web
『Charlotte’s Web』
Charlotte’s Web (Trophy Newbery)
『Charlotte’s Web (Trophy Newbery)』

イギリス英語Roald Dahl
Revolting Rhymes & Dirty Beasts & CD セット
『Revolting Rhymes & Dirty Beasts & CD セット』

有名俳優(Robin Williams)によるホラ話
Pecos Bill
『Pecos Bill』