リードアラウド10月からの予定

10月からのリードアラウド
○クレヨンハウス
10月28日(日)9:45-10:45 子ども+大人対象
テキスト:Goodnight Moon
Goodnight Moon
『Goodnight Moon』

Goodnight Moon Book and CD (Share a Story)
『Goodnight Moon Book and CD (Share a Story)』

11月21日(金)19:00-20:00 大人対象
テキスト:Don’t Forget I Love You
Don't Forget I Love You
Don’t Forget I Love You

12月14日(日)9:45-10:45 子ども+大人対象
テキスト:(Eric Carleの本)

お問い合わせ、申し込みはクレヨンハウスまで。03-3406-6492

○広島でも!
フタバ図書広島府中店(イオンモール・ソレイユ内/JR広島駅から無料シャトルバス15分)
11月29日(土)
初の試みで、より深い理解と、豊かな表現のために、日本語と英語版を使っての2部構成。1部づつ可。
I. 翻訳(日本語)『おやすみなさいおつきさま』13:10-14:00
2.原書(英語)Goodnight Moon 14:10-15:00
お問い合わせ、申し込みはフタバ図書広島府中店 洋書担当 中野さんまで。082-561-0770

英語オーディオブックは本と一緒に:その3 何を聴いたらいいの?

Qどんなものを選べばいいでしょうか

A 自分が読みたいなと思ったものが一番。とはいえ、急に『アンナ・カレーニア』(案外アメリカでは今、売れているらしい)では、長過ぎますし、並の想像力ではカバーしきれない時代的背景もあります。でも、「家庭教師」付きなので、本を選ぶときよりちょっと上のレベルに挑戦してもいいでしょう。

 また、アメリカ英語に慣れている場合、イギリス英語の聞き取りが難しいこともあります。普通は原作者の英語に合わせて朗読者を選んであるので、原作がアメリカのものならアメリカ英語です。また、イギリス英語に慣れるため、あえてイギリス原作のものを選ぶという考え方もあります。

 それから、オールスターキャストでせりふが多いものは、リスニングの難易度が高く、本のレベルより少し上級者向けと考えた方がいいでしょう。それに対して、朗読者がひとりのものは、だんだんその朗読者の読み方に慣れてくるので、聞き取りやすく感じるでしょう。

Q オバマの著書をオバマが朗読していたり、クリントンが自著を朗読していたり、有名俳優が朗読していたりなど、誰が朗読しているかというおもしろさもありますよね。
The Audacity of Hope: Thoughts on R the American DreamThe Audacity of Hope: Thoughts on Reclaiming the American Dream
My LifeMy Life

A 著者自身の朗読は善し悪し。あたりはずれがあるかも知れません。声優(俳優)の朗読は、一応、「品質」が保証されています。『Harry Potter』などは両方あります。両方ある場合、個人的には安全をとって声優の方を選びます。
Harry Potter and the Sorcerer’s Stone (Book 1 CD)Harry Potter and the Philosopher’s Stone (US)

[本プラスCDおすすめ]
作者が読んだCharlotte’s Web
Charlotte’s Web
『Charlotte’s Web』
Charlotte’s Web (Trophy Newbery)
『Charlotte’s Web (Trophy Newbery)』

イギリス英語Roald Dahl
Revolting Rhymes & Dirty Beasts & CD セット
『Revolting Rhymes & Dirty Beasts & CD セット』

有名俳優(Robin Williams)によるホラ話
Pecos Bill
『Pecos Bill』

英語オーディオブックは本と一緒に:その2 どんな聴き方がいいの?

Q オーディオブックは、無料のポッドキャストなどと比べるとお金がかかりますが、どんなところが優れていますか?

A プロの朗読を聴くことは文章理解の助けになります。フレーズの切り方や息継ぎの場所を知ることで、分かりにくかった構文の意味がすっと腑に落ちることが多々あります。文章の区切りが分からないと、結局、何が書いてあるのか意味不明になって、物語がまったく楽しく思えないでしょう。オーディオブックが読解を助けてくれます。

 朗読を聴きながら本を読むことに学習効果があるというデータもあるため、アメリカでは特に学習困難児などに勧められているようです。同様に英語を苦手とする日本人も、朗読を聴きながら本を読むことをお勧めします。

 コストについては、家庭教師代と考えればいいのではないでしょうか。さぼらないよう見張ってもらうコストと。朗読を聴いている間は、頭は休むことなく集中しています。本だけを読んでいるときのように、ふとぼんやりしている暇がありません。また発音のチェックもできるので、ネイティブの家庭教師に見てもらっていると考えたらどうでしょう。

Q 大人の日本人が英語力を磨くためには、どんな聴き方をすればいいのでしょうか?

A 本とオーディオブックの両刀使いが望ましいです。例えば『Golden Compass』を聴いてみると、作者自身がナレーションを担当し、会話部分はオールスターキャストです。すると、「イギリスなまり」「老人なまり」「外国なまり」などクセの強い部分があって、何を言っているのか分からなくなりがちです。せっかくいい表現を聴いても脳に残りません。耳と目、聴覚と視覚のふたつを使って、何を言っているか確認しながら聴く必要があります。さらに、指という触覚も使って読むと、もっと深く記憶されるという学者もいます。
His Dark Materials, Book I: The Golden Compass (His Dark Materials)The Golden Compass (His Dark Materials, Book 1)

 わたしは、鉛筆を持って聴きます。ぴんと来なかった言葉やフレーズがあったら鉛筆で印をつけていき、ちょうどいい区切りまで再生を止めません。まずは、全体の意味をとることを最も重視します。
 きっちりと決めたところまで進めた!という達成感が、たまらない。オーディオブックには、ペースメーカー的機能があるのでしょう。印をつけたところは、あとでおさらいの時間がとれたときに(たいていは気になって仕方ないのですぐに)調べます。

またまたMem Fox:Mem Foxからのメール

ここ一週間、Mem Fox招聘計画を豪日交流基金事務局に申請するための書類準備で頭が一杯だった。「このプロジェクトでしようとしていることが、日本とオーストラリアの交流にどう役に立つのか」を書かなければならなかった。

どうにかこうにか書いた……。そして、一度「ネイティブ・チェック」を受けたものを、今度はMem本人にどう思うか、勇気を出してお伺いをたてた。

彼女は凄い! わたしの言わんとしていることを、もっとガーンと書いた「改訂版」をくれたのだ。これを見て、ドキリとした。以下引用。

Boring classes are usually the result of boring teachers using boring text books.
(退屈な授業は、退屈な先生と退屈な教科書のせい)

I want to show them that there are many kinds of English in the English-speaking world and they are all perfectly acceptable.
(英語圏にはそれぞれの英語があるが、それで100%OKなのである)

Phonics only teaches sounds, not meaning, and the sounds can be vary a great deal between different English-speaking countries. It seemed such a waste of time to me.
(フォニックスというものは、意味ではなく単に発音を教えるものだが、発音というものは国によってずいぶん違う。フォニックスを習うのは、まったく時間の無駄に思えた)

こんな感じに、わたし(=大島英美)の意見を、ズバッと彼女の考えに照らして言い換えてくれた。わたしは、ここまではっきり書いていなかった。だが、Memが乗り移ったもうひとりの「I」が、こう言い切ったのである。

喝采する人がいそうだ。
いつも思うのは、もし日本の英語教育がもっと「上手」だったら、もっともっと英語が使える日本人がいたはずじゃないか、ということ。

デンマークに行ったとき、驚いた。「この国の公用語は英語?」と思うほど、コペンハーゲンの街の隅々で英語が通じたのだ。おっちゃん、おばちゃん、お じょうちゃん、おぼっちゃん、パンク系などいろいろな人々。こんなこと、日本では大都会でもありえない! 北欧は英語の教え方が「上手」だと、評判だ。

どうやったら、英語を上手に教えられる先生が増えて、英語の上手な日本人が増えるんだ!? Let’s listen to Mem!

Radical Reflections: Passionate Opinions on Teaching, Learning, and LivingDear Mem Fox, I Have Read All Your Books Even the Pathetic OnesGuess What? (Voyager Books)Time for BedWhoever You Are (Reading Rainbow Book)Wilfrid Gordon McDonald Partridge (Public Television Storytime Books)Reading Magic: Why Reading Aloud to Our Children Will Change Their Lives ForeverKoala LouNight NoisesTeaching With Favorite Mem Fox BooksTough BorisPossum Magic

Spare some change? 小銭でいいからくれない?

共和党の副大統領候補がサプライズ!な女性に決まったとたん、メディアがスキャンダルをなんだかんだとほじくり始めた。なんでか日本でも話題になっているらしく、日本の某週刊誌の記者から「何か面白いこと知りませんか」という国際電話が、夜更けから夜明けにかけて何度もかかってきた。いくらアメリカ・ポートランドにいるからといっても、わたしの知っていることは、日本のみんなが知っていることとほとんど一緒だ。でも、そんなことやらなきゃならないのが気の毒。しかし、わたしたちは、外国のことをどうこう言う前に、自分の国の政治を考えた方がよくないか!?

 それにしても、こちらの政治というか、選挙の盛り上がりはたいへんなものだ。多くの国民が政治に興味を持っていて、アメリカをいい国にしたいという思いが伝わってくる。政治を見張っていることが、アメリカ人であることの絆のように感じているのだろう。こんなところ、いい国だと思う。

 でも、街の通りには必ずと言っていいほど、「お金を下さい」と言ってくる人たちがいる。「Spare some change?」が、よく使われるフレーズ。ホームレスというわけでもなさそうな、こざっぱりした服装の婦人もいる。そう……思えば女性が多い。

 今日は「Sing a song for a little money?」と、悲しい目で女性にきかれた。「I will sing a song for a little money.(歌うから、お金をちょっと下さいな)」と言っている。なんだかマッチ売りの少女を連想し、悲しくなる。冬でなくてよかった。だが、 Farmers’ Marketで、人々があれもこれもと買い込んでいるそばを、中年?の彼女は体中で寂しさを表現して歩いていた。どんな声をしているのだろう。

 いつも、ドラッグストアの前で「Spare some money」などと書いた札を置いて座り込んでいるのは、ロックをやってそうな若者1、2名。まさか、いつも同じ人が座っているんじゃないとは思うが、なぜかどの人もパンクロック系。女性の時もある。タトウーとピアスはmustアイテム。時々、犬もいる。

 違うパターンで「Spare some change for dog food.」というのもある。犬がちょこんと座っている。これはもらいやすいかもしれない。でも、時に飼い主は、横ですぱすぱタバコを吸っている。タバコ代じゃないの?

 無銭旅行中で休息しながら稼ごうとしているあっけらかんとした若者の場合もあるが、悲しいのは老人たちだ。足が不自由な人もいる。車椅子の人もいる。たいがいとても清潔そうなので、ホームレスではないのだろう。でも、いっぱいいるのは、お金がいくらかでも集まるから?

 ポートランドでは、ダウンタウン内の公共交通料金はタダなので、こういう人たちが乗ってくることもある。郊外のどこかに住んでいて、街中へ「仕事」として通っているのか。

 こちら衣食住に困らない住人は、何度こういうことを言われても、どう応えるか決め手がなく、心地悪い。「お前何かを買っただろう。ちょっと小銭ぐらいいいじゃないか、くれたって」と、高級店の出口前には、たいていこういう目をして立っているのである……。

アメリカの都市の中の貧困を描いた本がある。
Noonday Friends
『Noonday Friends』

こちらは、1930年代の農村の貧困を描いたもの。
Out of The Dust (Newbery Medal Book)
『Out of The Dust (Newbery Medal Book)』

アメリカ南部のアフリカ系の人々の貧困……。
Sounder
『Sounder』