『Goodnight Moon』と『おやすみなさい おつきさま』

「Read Aloudを、日本の子どもたちに英語の本でやるには?」と、いつもよりよい方法と本を模索している。なぜなら、Read Aloudは英語の楽しさ、読書の楽しさを伝えられるから。そして、伝わった人たちはどんどん英語の本を読む人になり、そのおかげで英語でも意志を伝えられるようになり……、ついには日本が世界に多くの友だちを持つ国になるから。

のページだって、old ladyの青い服が、あんまりにも真っ青で、服だけ飛び出して見えるし、old ladyにこんな青、似合っていない!
 その壮大な目的遂行のため、自分自身の表現力をより高めようと、この春からはボイストレーニングを始めた。まずは声に広がりと深みをもたせたいと、発声と呼吸法を訓練し、ここ数週間は、わたしのトレーナーも絶賛の日本語の絵本『おじいさんの旅』

Grandfather's Journey (Caldecott Medal Book)
『Grandfather’s Journey (Caldecott Medal Book)』

 また、翻訳の限界だろうけれど、韻が踏めない。
おじいさんの旅
『おじいさんの旅』

「In the great green room」では、「gre」が繰り返され、耳をくすぐられるようなのだ。それから、「And a red balloon」の「oo」と、「room」の「oo」の音も。
も、朗読練習している。淡々とした言葉に、多くの複雑な感情が織り交ぜられていて、やりがいのある難しさだ。

 この素晴らしい導入部分の原文、今からどう読もうかと10月が楽しみになる。
 自分が翻訳したのに、解釈が甘かった。ボイストレーナーが読むと、言葉がぴかぴか光る。1行1行、わけあっての声の高低であり、速度の違いであり、間の違いだ。レッスンの1時間弱は、いつも発見の1時間弱である。

 リードアラウドの予約はクレヨンハウス(03-3406-6492)で。