"Read Aloud Woman" Mem Foxとのご縁

暑い!
その後、ふたたびPowell’sに行き、その時は英語の教育書を探した。間もなく、Reading Magic
こんなところに飛び込みたい。
Reading Magic: Why Reading Aloud to Our Children Will Change Their Lives Forever
『Reading Magic: Why Reading Aloud to Our Children Will Change Their Lives Forever』

奄美大島滝
という本が目に止まった。むむむ。ぱらぱら読んだら、わたしが言わんとしていることが書いてある!と鳥肌が立ち、すぐ購入した。読んで行くうちに、「わたしの著書、Tough Borisを例に使って説明しよう」との一節が。そこで、あのMem Foxだと気付いた次第だ。
先月訪れた奄美大島の、原生林の中で出会った滝だ。
人によく勧めていたKoala Lou

Koala Lou
『Koala Lou』

東京はこれでも、昨日、一昨日の広島よりは涼しい。8月の広島には初めての出張だったが、暑いだけでなく、広島の8月は1945年以来重い。世界の比重がかかっているような、重み。
Possum Magic
Possum Magic

なども、同作家の本だった。
ところで、リードアラウド

Read Aloud
こんな出会いに加えて、偶然の極めつけは今年、ロサンジェルスのあの広いブックエキスポの会場で、ひとり本を見ていたMemと、ばったり会ったことだろう。息を飲むって、この時のことだ。
の大先生、オーストラリアでは時にRead Aloud Womanと呼ばれたりするというMem Foxさん


「さあ、後はどうする?」。 大げさに言えば、生きて行くということは、こういう内なる声に行動をつけていくことかとも思う。
を、日本に招いて教えを乞うという、selfishかつ公なプロジェクトを進めている。

先週は、オーストラリア大使館と日豪友好基金日本事務局の方々にお会いした。

感触は……、いい。

後は、わたしの申請書次第、か。

さて、このMemとのご縁。自分がばたばた作り出した部分と、本当に偶然が重なった部分があって不思議な感じがする。Memもまるで共鳴したように、「なんだか、これ、うまく運ぶ気がするの」と書いてきた。