Sight Wordsって?英語の本を読めるようになる秘訣

 ものには順番というものがある。英語だって、同じだ。アルファベットを学んだからと、急に本を読もうと思っても、いくらそれが絵本だって読めない。

 なお、我がブッククラブも、この流れにそって系統的に選書をしている。たとえばAコース(英語入門コース)は、ほぼ1年でearly readersの中程度まで読めるように照準を定めている。早く、より多くの日本人に、英語の本が苦痛でなく読めるFluent Readerになって欲しいものである。
 アルファベットの次ぎには、Wordsを学ぶのが順当だ。書かれている字を、発音する、sound outすることが目的なら、法則を学ぶフォニックスもいい。でも、初等読本に出てくる頻度の高い単語の発音を、法則ではなく、そのまままるごと読めるようにするのが、readingの最短コースだ。その、初等読本に出てくる頻度の高い単語が、Beginning Sight Words

Beginning Sight Words
『Beginning Sight Words』