クレヨンハウスでのリードアラウド2008.7

7月のリードアラウド会場には、なぜか大人の参加者が多かった。英語絵本の「読み聞かせ」をしよう、または既にしている教育者たちと見受けられる。熱心さが伝わってくる。

そして、もちろん子どもたちもいる。開始直後は、多分早起きしたせいもあるのだろう、無表情気味だ。または、初めてのことをする気恥ずかしさで、ちょっ とわたしとの視線をそらしがちだ。こうだがら余計、この子たちの目をさましてあげよう。笑わせて、おもしろがらせてあげよう、とやりがいを感じる。

この回で使ったのは、Basil。リードアラウドでのおなじみ4つの約束を確認する。

1.全部読めなくてもいい。分からないところはムニュムニュで。
自分が子どもだった時のことを思い出せばいい。緊張は禁物。気楽にやれるものが、楽しい。

2.読んでいるところを、指でなぞる。
子どもは、すぐに暗記できるが、わたしは「読書」の楽しさを伝えたい。どこを読んでいるか、確認しながら読む。

3.感じを込めて。
これが楽しい。状況設定を変えれば、同じ文章を読んでいてもあきない。

4.誰かに読んであげる。
繰り返し読むことを奨励するだけでは、だめ。この約束をすることで、必ずもう1度はこの本を読むだろう。そして、「感じを込めて」の大切さが少々でも分かるだろう。

この約束をしてから、本を読み始めた。
今回は、本文が少ないので、いつも以上に各人に読んでもらうチャンスがあった。

子どもって凄い。本文中”Surely!”というところ、「わーい!これだよね!」と、いい思いつきをしたという感じで読んで、といったら素晴らしい読みになった。
キャーという歓声のように読んだ少女がいた。うまい!
会場からは、大人たちの拍手が沸き起こった。こういうのが、なかなか大人には出来ない。童心に戻らなきゃ!

ひとつ、気になったことがある。親が熱心なあまり子どもに、文字を1字1句正確にsound outさせようとしている傾向だ。まあ、当然といえば当然。「常識」かもしれない。書いてあることを正確に読めてこそ、理解したのであるという考え。でも これ、ダメだ。英語がつまらなくなる。嫌いになる。へたになる。負の三段跳び!

He/would/be/a/teacher!
と、細切れに読んではだめ。「彼、は、先生?、に、なる、かも」と読んでいるみたいだ。
He/would be/a teacher!
この「かたまり」で読むよう強調した。「先生に、なるかも!」。自然な読み方である。そしてそれは、意味にそった「かたまり」=phrasingだから。

何はともあれ、子どもたちが、とてもおもしろがってくれたらしい。本を閉じる頃、その顔付きが変わっていた。ぴょんぴょん跳ねている子もいる。本を閉じて も「ニャー」と「ネコ声読み」をしていた子もいた。これだったら、家でこの本のことが話題にあがるだろう。そして、きっと「ネコの声で」とか「100歳の おばあさんの声で」とか、楽しみながら誰かに読んであげるかな。

8月8日(あっ、オリンピックの始まる日?)は19:00開始の大人対象、
I’m Not Bobby
I'm Not Bobby
I’m Not Bobby
でやってみる。ちょっとチャレンジングな本だ。大人たちの力量が、そしてわたしの力量が試される。このちょっとねじれ気味の子どものこねるダダを、どう好ましくかつエンターテーメントとして読もうか……。

リードアラウド参加申し込み、問い合わせ先:
クレヨンハウス 03-3406-3951 (11:00-19:00)

Led Zeppelinと英語教育の関係

 実は、「元祖」と自称したいほど、以前からのロックファンだ。
「英語をうまくなるのは、階段を上がっているようなもの。リードアラウドは、その入り口なんだなあ」と、先日のクレヨンハウスでのワークショップ後につくづく思っていたら、なぜか「Stairway to Heaven
icon」というLed Zeppelinの名曲の題名が浮かんだ。まあ、英語上達へのstairway、という単純な連想だけれど。わたしの語彙には、ロック起源のものがずいぶんある。

 今、大学で英語教育に携わっている先生には、ロックファンがかなりいるはずだ。というのは、わたしの世代では、わたし自身もそうだがロックの歌詞の意味が知りたくて英語にハマった人が多いからだ。その中で特別にしっかり勉強を続けた人たちが、大学教員になっている(少なくとも数人知っている)。

 つたない英語でもロックのことなら読むぞと20歳そこそこの時、ロックンロールの歴史を英語で読み、カリフォルニア・マリブで受講した英語集中授業で発表したっけ。何でも好きなことなら続けられる。Zeppelinの「Black Dog
icon」を訳したこともある(たいした内容はなかった)。英会話の勉強だって、ロックスターと会ったときに備えてしていたのかもしれない。かなりのミーハーだったが、おかげさまで度胸がついた。

 LAのタワーレコードでお買い物中のエルトン・ジョン、クラブで出会ったアダモ、ハリウッドのスタジオや今はなき永田町のヒルトン・ホテルのコーヒーショップでThree Dog Nightなど、なかなか高い確率で出会いがあり、会話をすることができた。気の利いたことを言いたいがために、ずいぶん練習に励んだものだ。
Queen (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)
『Queen (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)』

は、最初の来日からウォッチャーだが、会話は交わせなかった……。Led Zeppelinは、武道館の前から7、8番目の席で初来日公演を見た!が、「英会話」は夢で終わった……。

 この秋、10月にそのZeppelinの凄い本が出る。
Whole Lotta Led Zeppelin: The Illustrated History of the Heaviest Band of All Time
『Whole Lotta Led Zeppelin: The Illustrated History of the Heaviest Band of All Time』

 高校生のとき、「ホラホラーブ」というフレーズの意味が「?」だったが、のちに「Whole lot of love……」と歌っているのだと歌詞カードで学んだ。タイトルはその曲からつけたようだ。写真満載で288ページもある大著。好きなら読めるだろう。まあ、刊行までまだ時間があるので、その前におさらいとしてヤングアダルト向けの
Led Zeppelin (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)
『Led Zeppelin (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)』

を読んでしまおう。

Fluent Reader(英語がスラスラ読める人)って?『Fluent Reader』まとめ:その1

 「絵本を使って英語をどう教えるか」に興味を強く持つ英語の先生たちと始めたFluent Reader
The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
『The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension』

という本の勉強会が終わった。

 この本で何が学べると思って、わたしは選んだのか。まず、Fluent Readerという位置づけに興味を持った。そして、「スラスラ読める」よう、英語圏の子どもたちはどう学んでいくのか?「読める=I can read」って、どういうことなのか?
また、Fluent Readerになるよう子どもを育てるのが目標である、というアメリカ教育界の認識にも興味を持った。

 英語というのは、フォニックスを知っているとsound outできる言語だ。だが、このsound outはreadingではない、という認識に強く共鳴した。英語が「読める」ようになると日本でも喧伝されるフォニックスだが、それはRead とは違う。その語を発音できる、sound outが出来るようだけのこと。まあ、それはそれで出来るに越したことはないが、これだけでは本の内容は理解できない。

 「本はいくらでも読めるよ。だけど、何が書いてあるか分からないから、つまんない」と言ったインター校に通っている子どもの言葉が、ずっと胸に突き刺さっていた。ここでの「読める」はreadではなく、sound outだったのだ。He was not READING, but sounding out!

 じゃ、Fluent Readerってどういうこと?どうやってそう育てるの?とわくわくして読み始めたのが、この本だった。「戦略をもったoral readingをすべきである、というのが本書の言わんとしていることだった……。  つづく

7月8月のリードアラウド・ワークショップ

 リードアラウド・ワークショップ@クレヨンハウス

7月27日、日曜日 9:45-10:45 済みません!テキストブック売り切れです。

8月8日、金曜日 19:00-20:00 大人対象。テキストは、
I’m Not Bobby!
I'm Not Bobby
『I’m Not Bobby』

9月28日、日曜日 9:45-10:45 テキスト未定
10月24日、金曜日 19:00-20:00 

Brown Bear Brown Bear…は、どう読みますか?

 リードアラウドを、クレヨンハウスで奇数月の日曜日の朝(今月は最終日曜日)にやっているが、10:45にそれを終えた後、クレヨンハウスの店のほうで、立ち話ではあるが参加者の質問を受けている。

 以前にそこで声をおかけ下さった方から、最近お電話で「Brown Bear Brown Bear What Do You See?
Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?
『Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?』

は、どうリードアラウドしますか?」と尋ねられた。……さて、わたしの答えは?きっと、拍子抜けなさったことだろう。

 「その本は使わないので、分かりません」。わたしのやっているリードアラウドは、選書と読みがセットになったようなもので、独特な選書も、いわゆるウリのひとつ。先達が多くお使いになっていることも、わたしがわざわざ使う必要はない、と考える理由だ。また、sound outの練習にはいい本だが、読解とか物語について学ぶには、内容が繰り返しで、知育的意図がみえみえのようで、選べない。パターンがすぐに見えて、ごく年少でないと飽きてしまう子がいることだろう。

 何か、読み手にも発見のあるものにやりがいを感じる。やはり、感動を伝えることがリードアラウドの目的のひとつなので、読み手の心が動いたものを、これからも使っていこうと思う。