BEAブックエキスポ報告:その2 『Inkheart』

ブックエキスポでもうひとり、会ってみたかったのが、Cornelia Funke、もうすぐInkheart が映画になる。その映画のcreative producerでもある。ドイツの人だが、今は子どもとロサンジェルスに住んでいる。

今まで彼女の本は、
The Thief Lord
『The Thief Lord』

Ghosthunters And The Incredibly Revolting Ghost
『Ghosthunters And The Incredibly Revolting Ghost』
を紹介したが、そろそろ分厚い
Inkheart
『Inkheart』
3部作を
読まなければならないようだ。第3部の『Inkdeath』がこの秋に出るし。

Funkeは、ドイツ語読みだと「フンケ」だが、英語読みだと「ファンク」。なんだかhipに聞こえるが、写真で見るかぎりは、サラリとした金髪で華奢 な少女っぽい女性だ。彼女の登場を待っていると、どんどん列が長くなった。わたしの前の体格のいい女性が「あなたもちょっとこの列がどのくらい長いか見て らっしゃいよ。自分がこんなに前の方だってのはいい気持ちよ」と親切なお言葉をかけてくれた。

じゃ、と見に行くとすごいすごい長蛇の列。先ほどの彼女が「わたし、あのカーテンの向こうのコーネリアを見てきたけど、写真どおりだったわ。すらっとして少女みたい。フンッ! I hate her.」と他の、これまた体格のいい女性に冗談めかして言った。

時間ぴったりに席に着き、Funkeがサインを始めた。中島みゆきにちょっと感じが似ている。それにしても、速い速い。猛烈なスピードでサインする。笑 顔を作ってくれるが、忙しそうで言葉をかけられなかった。長蛇の列だからしょうがない。才媛で清潔感のある、たいへん好ましい印象だった。

『The Thief Lord』はヴェニスを舞台にした、ちょっとディケンズの『Oliver Twist』に似た、少年泥棒たちのファンタジーだが、舞台も少年泥棒のキャラクター設定もロマンチック。作者の想像力とロマンチックさが全開の小説だ。かとおもえば、初期の作品の『Ghosthunters And The Incredibly Revolting Ghost』ときたら、かなりのはじけよう。ユーモアのある人なのがわかる。今後の仕事もすごく楽しみな作家のひとりだ。

この日、87歳のRay Bradburyも来ていたが、あまりの人気でサイン会に人数制限があり、会うことならず。年配の男性たちが「Ray Bradburyはどこだ、どこだ」とそわそわしていた印象があった。