アイ ワズ ソーリ/Rockと英語 Queen・Led Zeppelin・The Rolling Stones・The Beatles

 高校を卒業して「ン10年」。同窓会が吉祥寺のホテルで開催された。高校時代の自分に会える感じが面白い。

「普通の人の名前は覚えられないし、昔の人のはどんどん忘れるけど、ロック関係の人の名前は、全然忘れないゾ」と自慢する。テストしてみたら、本当だ。Three Dog Nightのメンバー3人の名前も、Bad Companyのボーカルも覚えていた。ボケないのも、ロックのおかげ。
「オーシマってさ、国際学級出身だっけ?」という質問があった。わたしを、学園の帰国子女クラス出身かなと、勘違いした級友だ。違います。

「英語は高校卒業してから猛勉強しただけ」
「ロックなんて、俺たちのあと、10年くらいで消えちゃうと思ったら、違ったなあ」と感慨深げ。わたしもときどき本当にそう思う。ずっと下の世代の人と、ロックに関しては同等に話せたりするのが嬉しい。あの頃、コンサートとというコンサート、行きまくり。よく英語の歌詞を勉強したものだ。最初に学校外で読んだ英語のノンフィクションは、History of Rockn’ Rollだ。

「オーシマって、高校のときそんなに英語できたっけ?」とも。当時、英語のクラスは習熟度別になっていて、一応、一番進んだクラスにいたけど、質問した級友のほうが成績はよかったはず。彼はいま、最先端の臓器移植の研究をしている医学博士だ。
 ロックの歴史をミドルリーダー向けに書いたシリーズが出ている。

 わたしたち「悪童」が、生写真を原宿で売った
 思えば、その英語クラスはレベルが高く、ミシガン大学で学んだ先生が英語で授業をしていた。帰国子女もいたし、いま博士になっているような秀才たちの巣窟。その正統派優等生に混じって、ロック音楽が好きで英語を頑張っているような小集団があり、わたしはそこにちょこっと足をつっこんでいたのである。現在、英語を使った仕事をしているわたしを不思議に思ったその級友に、こう答えた。
Queen (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)
『Queen (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)』

「高校卒業してから、ずっと勉強続けたから」
 前から7、8番目の真ん中で、あの伝説の初来日コンサートを聴いた

Led Zeppelin (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)
『Led Zeppelin (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)』

 もともと女子の少ない学校だが、わがE組からこの会に集まった女子はたった3人だけ。男子の集まりがいい。そこには前総理の顔も。「Yes, I was 総理(sorry)」と、A君には国民にあやまって欲しいと思いつつも、和やかな雰囲気に水を差してはならぬと黙っていた。
 ドキュメンタリー『Shine the Light』が待ち遠しい
「次の選挙は、苦戦が予想されるので、みなさんよろしくご支援を」とのことだ。うーむ。
The Rolling Stones (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)
『The Rolling Stones (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)』

 ジョンとヨーコの息子がホンダのCMに出ている
「オーシマ、よくAをいじめてなかった?」と他の同級生。めっそうもない。ノーノー。総理になるかもしれない同級生をいじめたりしない。
The Beatles (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)
『The Beatles (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)』

「ねえ、そんなことないよね、Aくん」(つい、くん付けで。I’m sorry.)
 本にするミュージシャンを出版社がどういう基準で選んだか興味あるところだが、かなりマニアっぽいピックアップをしているシリーズだ。でも、こんな本だったら、ロック好きならずんずん読めるはず。
「いじめてない、いじめてない」と前総理も全否定。どうもありがとうございました。

 ところで我がクラスの出世頭、A君は、ロックとはまったく縁のない人だったと記憶する。アグネス・チャンとか天地真理あたりを聞いていたような。ロック派は、こういうA君のような人たちに対して、意味のないエリート意識を持ってたっけ。ああ、今は昔。
 ロックファンで、いつも一緒にコンサートへ行っていた同級生とも、本当に久しぶりに会えた。

リードアラウドの大先生、Mem Fox

 ブックエキスポ・アメリカの会場で会って以来、作家のMem Foxと文通が始まった。メールなので、面白いことに彼女の夫も入ってくることもある。

 オーストラリアの絵本作家Mem Foxは、親や教育者に向けて、Read Aloudの大切さ・やり方を説いたり、ワークショップを開いたりしてきた。大学の教育学部でも、将来の先生たちに授業をしてきたそうだ。近年は、国や自治体に乞われての仕事が多いらしい。

 わたし個人でいえば、彼女に教えを乞いたい。でも、Read Aloudがもっと上手くなりたい日本人は、わたしだけじゃないだろう。彼女のRead Aloudへの情熱は、
Reading Magic: Why Reading Aloud to Our Children Will Change Their Lives Forever
『Reading Magic: Why Reading Aloud to Our Children Will Change Their Lives Forever』

というリードアラウド啓発書によく表れているが、ここに書かれていることは、日本でいう「読み聞かせ」をしている人たちも絶対興味があるはず。ということで実はいま、Memを日本へ招聘する可能性や方法を考えているのである。

 まずはMemに相談し、先週ちょっと前進。さらに成蹊学園国際教育センターも協力してくれることになって、2歩前進。Memは忙しい作家だが、とても親身になってくれる。ちょっと返事が遅れるときは、
「I haven’t forgotten you.」とちょっとしたメールをくれ、「詳しいのは、週末に書くから待って」という。初めて会ったときから波長が合うような感じがしている。

 2009年に招聘が実現するよう、この夏プランを練る。

2008ブックエキスポ報告その3:Mem Fox 

お待たせ?したかも知れない、Mem Fox 本人とBEA(Book Expo America)で出会った話の続き。

 Mem Foxは、オーストラリアの著名な絵本作家だが、Read Aloudを先生・親に教える教育者でもある。初めての「出会い」は、
Koala Lou
『Koala Lou』
だった。
キッズ(だけにじゃもったいない)ブックス
『キッズ(だけにじゃもったいない)ブックス』

で紹介したのは2002年のことだった。

 その絵本自体に流れる前向きなエネルギー、子どもたちを励ますあたたかさに感心していた。しばらくたった2006年。わたしなりの英語絵本の啓蒙活動「リードアラウド」を試行錯誤しているときに、「再会」したのである。
Reading Magic: Why Reading Aloud to Our Children Will Change Their Lives Forever
『Reading Magic: Why Reading Aloud to Our Children Will Change Their Lives Forever』

という、教育者と親向けの本だった。作者名Mem Fox、間違いない、あのFoxだ、と本を手に取り、読み出したら止まらなかった。もちろん購入して熟読した。サイトで彼女の仕事について詳しく知った。

 わたしの考えている日本での「リードアラウド」と、彼女のRead Aloudの方法論と心がぴったり一致!とちょっと興奮した。

 Read Aloudは、ネイティブがやればうまくいくのかというと、まったく違う。それは、日本人だったら日本語の本の読み聞かせがうまい、というわけじゃないのと同じだ。ヘタとしかいいようがないものや、気味の悪いもの、わざとらしくイヤ味に近いもの、ナルシスト的なもの、子どもを上からの目線で見下した感じのものなどなど、案外難しいのだ。

 ところが、MemのRead Aloudは「いい心」なのである。サイトで本物が聞ける。
Tough Boris
『Tough Boris』
が特に感動的だ。
 少ない言葉、子どもたちにはちょっと難しい言葉(big words)なのに、彼女の読みと絵本のイラストだけでだいたい意味をくめる。

 女優やアナウンサーにときどきあるような自意識過剰でもなく、教育者然としているというか、子どもを愛している声に聞こえる。

 Memの本や声からの印象が正しいかどうか、まずは本人に会わずにはいられなくなった。……そしてついに、BEAで本人と会い、話すことができた(過去のブログ参照)。さらに、つい数日前にも接触があった。BEAでのことで礼状を出したところ、すぐに返事をくれたのだ。その内容に表れた人柄から、わたしのそれまで抱いていた印象がかなり正しかったとわかる。

「MemとEmiという名前、似ていると思わない?」という1行からは、心の若さのようなものを感じもする。そしてもちろん、さすが、すぐに韻を考えるのだなあと感心もした。

 さあ、この「MemとEmi」、光栄にも似ていると言っていただけたわたしとの「情熱リードアラウド・コンビ」で何ができるだろう。企画力と実行力が試される……。

2008ブックエキスポ写真集

ブックエキスポでは、作家たちは写真に撮られるつもりで来ているので、失礼はないとは思いながらも、気兼ねしてしまった。下手な写真で失礼。

David Shannon とJon Scieszka 「ゴールデンお笑いコンビ」。
No Davidを始め、夏は
How I Became a Pirate
『How I Became a Pirate』
などお勧め。CD付き。
Scieszkaは、やっぱりTime Warp Trio、いろいろあるが、オリンピックもあるので、It's All Greek to Me (Time Warp Trio)
『It’s All Greek to Me (Time Warp Trio)』

か。
こちらが、Read Aloudの大先生、Mem Fox

こちらもお勧め。
Possum Magic
『Possum Magic』

「好青年」、才能あるアメリカ絵本界のスター Brian Selznick

手に持っているのは
The Invention of Hugo Cabret
『The Invention of Hugo Cabret』

ちょっと中島みゆき似の、「ドイツの才媛」風、Cornelia Funke

サインしているのは
これの完結巻。
Inkheart