Oral Readingがキーワード?:Fluent Reading勉強会報告#1

 3月29日、FLUENT ENGLISH
The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
という教師向けに書かれた本を勉強する会の第1回目があった。ひとりでも、わたしの呼びかけに応えてくれたら始めようと思ったのだが、なんと4人も!ありがたいこと、そして勇気づけられる。この日は、ひとりは欠席だったが、4月26日1:30からの第2回目は今のところ4人が集まれそうだ。

 FLUENT ENGLISHは、何を目的にした本かというのが、第1回目の勉強会でだいぶはっきりした。

「潜在力のあるOral Reading という教授法を発展させて、子供たちに読む力をつけさせよう(fluent readersに育てよう)」

と、いうのが本書のエッセンスだろう。今回は第3章の2/3まで通読した。Oral Readingのアメリカでの歴史と現在の状況を述べたあと、Oral Readingがどういうものかを説明。そして、作者ら研究者たちがReading clinicという、読む力が遅れている子供たちのための研修所で実践して効果をあげている方法を解説していくという構成だ。

 わたしが提唱している日本式「リードアラウド」は、すっぽりとこのOral Readingというコンセプトにあてはまる。いいたかったこと、また知りたかったことがずばずば書いてあり、わたしにはゾクゾクする本だ。初めて本書を書店で手にしたときの、直感があたったらしい……。

 来月の会からの参加も、そして不参加も自由。大人の勉強会なのだから、勉強になると思う人で都合がつく人が集まれればいい。そして、できればこの勉強会の「成果」を何らかの形で残せたら、これまた幸せなことだろう。

(つづく)

春だ! リードアラウドを始めよう。

 3月23日にクレヨンハウスで行われたリードアラウド。何だか新しい参加者が多かった。春で、代替わりしたのかもしれない。また、読売新聞の取材があり、絵本の楽しみ方として興味を持たれたようだ。どのような記事になりますか……。

 さて、次回のクレヨンハウスでのリードアラウドは、大人向けで4月25日19:00~20:00、使用する絵本は、
One Grain of Sand : A Lullaby
One Grain of Sand : A Lullaby
言葉の響きが美しい詩情溢れる一冊。大人の心をふるわせてみたい。

 子どもと大人向けの日曜日の会は5月25日。テキストは、
Dog's Noisy Day
Dog’s Noisy Day

動物の鳴き声を中心に、おもいっきりはじけて、英語を発声する楽しみを伝授しようと思う。

洋書絵本児童書専門店のアルバイト、パートタイムスタッフ募集 場所は渋谷と恵比寿の間

[2008/04/07現在、募集終了しました]

詳細はメール・電話でお問い合せ下さい。
キッズブックス(ペイパーウェイト・ブックス有限会社)では、パートタイムのスタッフを募集しています。
3498-5260
私たちと一緒に、絵本・児童書のネットショップをつくっていきませんか。
http://kidsbks.co.jp/

送料無料サービス&コンビニ後払い決済はじめました!

本日から、キッズブックスでの送料・支払い方法を変更します。
また、皆様によりいっそう気持ちよくお買い物をしていただけるよう、新たに以下のサービスを始めました。

1、購入金額5,000円以上で送料無料! (※沖縄県・離島地域を除く)
2、商品受け取り後に、コンビニ・郵便局・銀行からお支払いいただけるNP後払いサービス開始
NP

まとめ買いでお得な送料無料サービス、安心・便利なコンビニ後払いをぜひご活用ください。
好評いただいている、旧在庫本の売り切りセール(絶版多数)と、新刊の円高還元セールも引き続きおこなっています。ご利用お待ちしております。

Have a good one! って?

 1週間のハードスケジュールをどうにかこなして、もうポートランドから東京へ戻る日がやってきた。今朝は、8時半にタクシーに来てもらい、PDXとポートランド空港へ向かった。晴天だ。種類は定かではないが、桜の花が五分咲きで、ウィラメット川沿いをピンクに染めていた。

 ここ何度かのポートランド滞在中、気になっていたフレーズがある。別れ際のせりふ。どうも近頃、
Have a good one!
が多い。one はそれまで話題にしていたことを繰り返さずに言う時に使うが、この別れ際での使い方は、唐突感がわたしにはあった。

えっ?何かわたしたち、dayについて話していましたっけ?

でも、そのoneがdayを意味しているのが明らかだから、問題ないのだろう。頻度として、増えたように思う。夜に使えば、おやすみなさい。朝だったら、ごきげんよう。バケーション前だったら、楽しんでね。何にでもなって、便利なんだろう。

 帰りの機中では、ずっとThe Amber Spyglass (His Dark Materials, Book 3)
The Amber Spyglass (His Dark Materials, Book 3)』を読んでいた。第1巻と第2巻では分からなかったライラの世界や、その他のパラレル世界のこと、ライラの母(映画ではニコール・キットマンがはまり役で演じていた)の性格、父であるアリエール卿の性格などもよく分かってきた。ライラはかなり母親似なのだ。そしてあのシロクマ、イオレックとライラの関係は、父と娘の関係にも似る。わたしがかなり引かれるのは、こういった家族の物語のせいもある。
 この読書のおかげで、10時間の飛行時間が短く感じられた。そうそう、音なしで、映画『Elizabeth』も見た。読書と映画が同時だ。我ながら欲張り。

 さあ、飛行機で寝られなかった分、これから取り戻そう……。