『Fluent Reader 』を使っての勉強会

 「Fluent Reader
The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
という本を使って英語教授法をいっしょに勉強しませんか」と呼びかけたところ、もう2人も手を挙げて下さった。もうこれだけでも十分。日時を決めた(変更の余地はあり)。

3月22日土曜日、1:30-3:30
世田谷区用賀のわたしの仕事部屋で。

日本で生徒を教えている先生方とともに、アメリカの教育者が説くoral readingの大切さと、それを軸にした教授法を理解して、実践に役立てたい。英語の実力がある子どもたちを、もっともっと日本から出したいと思う。

国内線の飛行機に乗っても、まだ英語のアナウンスは変だし、ポスターなどめちゃくちゃな英語が溢れているし……。そして、英語で堂々と世界に発信する日本人は少ないし。それには、個人の努力ももちろんだが、教育をちゃんとしなければならないだろう。どう教育したらいいのか、まずは土台のしっかりした意見を持てるよう、文献にあたってみたい。