本の街ポートランド、パウエルズ書店で多読を考える

 本を読む前に小腹がすいたので、ブラックチェリーを食べた。日本に「アメリカンチェリー」と称して輸入されているものとは似て非なるもの。こちらのは姫リンゴサイズで、甘い。8コでお腹がいっぱいになった。
 パウエルズの児童書セクションにある「Stuff Choice」という棚は見逃せない。そこでヘンなものを発見した。
 
クラッシックな女子高生探偵シリーズ『Nancy Drew』
 今は、ブッククラブの解説を書くので
の3冊が、これまた50年代風のハンドバックに入ったセット!
The Deptford Mice Trilogy のBook 2:
そんなもの推薦する?と思ったが、やけにハンドバック入りというのがヘンで笑った。冗談で選んだものだろう。本自体は読みやすいミステリー。アメリカの大衆青少年小説の代表選手。ハンドバックはなくてもいいが、本は多読用にお勧めできる。
The Crystal Prison by Robin Jarvis
レクサイル指数は750L程度。もちろんハリーポッターより読みやすい。
(難易指数レクサイルは本シリーズ650L)

を読み始めた。アエライングリッシュ10月号では、このシリーズのブック1をお勧めしたが、イギリスの古都デプトフォードのネズミたちのファンタジーサスペンス。ネズミたちが「イギリス人」らしく、興味をそそる。アメリカものよりも、「執拗」な感じがイギリスというか、ヨーロッパらしさかも。