渋谷区立広尾小学校での英語ワークショップ:リードアラウド

 13日10:40から11:25まで、広尾小学校の6年生と、リードアラウド。今回は、意図をはっきりさせるため、「英語エンターテイメント」とも称した。
 勉強っぽくなく、ためになる、印象に残る英語の経験を与えたい、これがわたしの目的。自分の経験からくるものだろう。ひねているようで、素直なところのあった子ども時代のわたし(!)は、英語に関して印象に残る場面をいくつか経験して、そのおかげで今日のこれまで英語の勉強を続けて来られた。その場面は「理想像」だったり「励まし」だったり「楽しさ」の場面だったりした。そして、英語がある程度使えるようになった今、そうなれたことがとても嬉しいし、楽しい。だから、子どもたちにそれを伝えたい。楽しく生きる、ひとつの手段に英語も身につけたらいいと思う。
 今日の6年生たち、30人近くいたが、ひとりかふたりの印象には残っただろうか。わたし自身は、とても気持ちがいい時間だった。素直で明るい雰囲気がいい。ストレートにわたしの言葉が届くような気(錯覚?)がしたのだが。これが、英語に親しむきっかけになってくれたら、と思う。How Do Dinosaurs Say Good Nightのどこかページを、子どもたちは家で一度は読んでくれただろうか。