指導者向けの通年ワークショップです。
絵本の朗読方法に加え、絵本を使った授業方法が学べます。
朗読グループワークや模擬授業は、実践経験を積む場として大変有効です
さらに、参加者同士が講評し合うことで、上達のスピードが加速します。

認定の内容

リードアラウド指導者の技能を4つの等級に区分。
所定の条件を満たす者を、各等級の「絵本リードアラウド認定講師」とする。(上から3等級)
認定資格は1年ごとに更新する。

講座の目的

リードアラウドを正しく理解し、リードアラウドの方法で朗読と指導を実践できる指導者の育成。
リードアラウドの普及。

認定の目的

リードアラウドの朗読と指導の課題を等級ごとに分け、明文化する。
等級を定め認定することで、目標を具体化する。
対外的に、リードアラウド指導者の技能を保証する。

認定講師

講座を受講し、審査の基準を満たした者を「絵本リードアラウド認定講師」とする。(「リードアラウド認定講師基準表」参照)
認定資格の有効期限は審査合格後一年とし、一年ごとに更新する。

審 査

年1回

認定資格の更新条件

技能の維持・向上と、英語教育と絵本の情報を最新のものにするため、リードアラウド研究会の『絵本リードアラウド認定講師講座』やワークショップに年に一回以上参加(有料)することで、更新される。認定審査(発表会)への参加(無料)は、任意だが推奨される。
失効した資格は、年に一回以上、絵本リードアラウド認定講師講座を受講のうえ、認定審査(発表会)を受けることで、再取得することができる。

上級資格の取得

年に一回以上、絵本リードアラウド認定講師講座を受講することで、認定審査(発表会)を受けることができる。

主な内容

(0)リードアラウドとは
  目的、目標
(1)姿勢、呼吸、発声
  絵本を朗読するときに必要な身体の使い方の基本を学ぶ
(2)朗読グループワーク
  朗読をする、他の人の朗読を聞く
  講評チェック表に基づいて講評し合う
(3)物語の分析
  読解を深め、表現に活かす
(4)シアターゲーム
  表現力・即興力・コミュニケーション力を向上させる
  生徒と行うアクティビティとして学ぶ
(5)Reading Fluency
  Expression & Volume、Phrasing & Intonation、Smoothness、Paceなどの練習
(6)Vocal Variables
  pitch、volumeなど朗読の基礎練習
(7)模擬授業
  先生役で授業を行う、生徒役で授業を聞く
(8)講評と課題

英語絵本リードアラウド・ワークショップ[大阪]

2017年秋、開催予定

絵本リードアラウド認定講師講座 2017

2017年3月18日から、全10回

絵本リードアラウド認定講師講座[MINI講座]

2017年6月30日 ※一回完結の指導者向けワークショップです

『絵本リードアラウド認定講師講座』にご参加できない方に、講座のエッセンスをオンラインでお届け。マンツーマンで学べる贅沢な講座です。

対象

・英語教師
・英語絵本の読み聞かせに飽き足りない方
・英語絵本への理解を深めたい方
・英語絵本を指導に取り入れたい方
・英語絵本を使う指導方法リードアラウドに興味のある方

目的

・朗読の基礎を身につける
・リズムに乗った読み方を身につける
・イメージが浮かぶ読み方を身につける
・聴く人を楽しませる読み方を身につける
・リードアラウドを理解し、指導の流れを学ぶ
・リードアラウドによる双方向的な授業を生徒の視点で体験する

元々、シアターゲーム(別名「インプロ〈Improv/Improvisation〉」)は、演劇を学ぶ人の表現力・即興力・コミュニケーション力を引き出すために考案されました。
近年、欧米では、演劇だけでなく、教育機関や社会人の研修などでも広く利用されています。
このワークショップでは、特に日本の英語指導者の指導力向上に有効なもの、同時に教室で生徒のコミュニケーション力や表現力を引き出すアクティビティとして使えるゲームを学びます。

対象

・小中学校などの英語活動の指導者、リードアラウド研修者
・英語指導者を目指している方

内容

・Warm-up Games、Energy Games、Emotion Games、Gibberish Games、Telling a Story Gamesなど
・サイドコーチ(ファシリテイター)になる演習

目的

・求心力を高める
・表情豊かにし、表現力を高める
・発想力を豊かにする
・双方型の授業を行う

教室での効果

・とっさに英語が出るようになる
・相手を察する、自分の気持ちを伝えるなどのコミュニケーション力がつく
・スピーチ力と表現力がつく
・集中力がつく