絵本は読み聞かせではなくリードアラウドで


リードアラウドの定義 >

リードアラウド研究会代表 大島英美

英語絵本の読み聞かせは、大人の自己満足やひとりよがりになってしまう傾向があります。
そもそも、英語の絵本を日本語の絵本と同じように読み聞かせしても、英語が分からない子どもたちはチンプンカンプンです。
リードアラウドの話をすると、必ず「絵本の読み聞かせですか?」と聞かれますが、リードアラウドと読み聞かせは全く違うものです。
リードアラウドでは、大人が一方的に読み聞かせるのではなく、子どもたちも絵本の音読に参加します。
大切なのは、指導者(朗読者)と子どもが一緒になって絵本を楽しむこと。子どもを楽しくさせるには、まず大人自身が楽しまないと。
みんなで登場人物になりきり、感じを出して、目一杯、楽しみましょう。
「英語の本が読めた!」という成功体験が、子どもたちを英語好きにします。

これまで、私(大島)は、書店・小学校・中学校・老人ホームなどでリードアラウドを開催してきました。
2010年4月からは、英語の楽しさをもっと知ってもらうため、英語教室「キッズブックス英語スクール」(土曜日、場所は二子玉川)を開講しました。
体験レッスンも用意していますので、ぜひ一度参加してみてください。

また、指導者のためのワークショップにも力を入れています。
豊かな表現で絵本を読む方法と指導方法が学べるワークショップを開催中です。
さらに、遠方の方や時間の合わない方には、オンラインでもワークショップを行っております。
読み聞かせがうまくいかず悩んでいる方、授業に絵本を取り入れてみたいとお考えの方におすすめです。
リードアラウドで子どもたちに絵本の魅力と英語の楽しさを伝えてみませんか。