大島英美のBLOG

Dr.Seussで小学生ShadowingとTongue Twisters~キッズブックス英語スクール

Dr.Seussの本は、音読、リードアラウドしてこそその魅力が伝わる。
加えて、英語の音の面白さなので、英語の原書で読むのが一番だ。

『Fox in Socks』を、大人クラスだけでなく、英語レベルネイティブG1~2程度の小学生クラスでも読んでいる。

Dr. Seuss一流の押韻と強引で不条理な物語を、早口で読みながらも、文の意味が伝わるfluencyで読むには、なかなかの英語力がいる。

単語、単語を解読するように読み下す傾向が強い、G1~G2レベル。

たどたどしくとも、読めるのが素晴らしいからと、そのままにすると、内容理解が進まない。

読み聞かせてまねさせる、という方法は、聞いているときに飽きてしまいがち。

そこで…
シャドーイング。

小学生にも、やらせてみたら…

よいではないか。

むにゃむにゃがあってポツポツのところもあるが、paceに乗ってついてくる。
音は、すっかりまね切っている。

歌にたとえれば、ひとりで読むとメロディなしの超音痴だが、シャドーイングならところどころハミングでも、そこそこ歌になっている、といった風。

これで練習させて、むにゃむにゃを減らし、ほとんど言葉を入れられるようになったら、また本に戻り、今度は読ませる。

これで、fluencyがアップするのでは?

しばらく、また実験。

大島英美のBLOG

Spelling Bee@小学生クラス~キッズブックス英語スクール

あの手この手で子どものやる気に火をつけようと、このたびは「マシーン」を作った。

日本ではあまり使われていない発砲スチロールのカップを使って、Three letter wordsを作る装置。
これを応用し、数字の代わりにアルファベット(小文字)を書いたものを、3段重ねた。

小学生クラスともなれば、実はたくさんの英語の語彙が蓄積されている。

音で知っている語が多いのだが、それを文字でも認識して、記憶に強く刻ませようと作った「マシーン」だ。

スペリングを覚えていくのに、英語圏では3文字で出来ている語から始めることが多い。

それに習ってのthree letter wordsだ。

時間内に出来るだけたくさんの単語を作る、というゲームにしようと思う。

その準備に、ちょうどいいビデオを見つけたので、みなさん、そっと練習して次回、クラスのみんなを驚かせる、というのはどうだろう?

無理なく、遊びのように、ちょっと楽しんでくれるといいのだが。

大島英美のBLOG

この夏1冊だけ読むなら〜キッズブックス英語スクール

忙しい英語の先生も、夏には1冊だけでも英語の本を読もうかな、などとそろそろ考えだす頃。

もし、
これ

まだだったら、ぜひ。

アメリカの南部で50年代、白人の女性をrapeしたと訴えられた黒人が裁かれるのを、白人弁護士が弁護する。
その白人弁護士の娘の目で描いた、60年刊の古典的「アメリカ現代小説」だ。

英語がまた素晴らしい。
『アラバマ物語』と分かりやすい邦題がついている。
確かにアラバマ州が舞台。

南部の英語をしゃべる主人公のお転婆少女の語りで、映画も薦められる。

本を読んでいたときには、感じられなかった「音」に感動した。
南部の英語。

読書では得られない映画ならではの、この音の経験もおすすめだ。

役者も素晴らしい。

大島英美のBLOG

「大きいお友だち」は驚いた@ブックハウスカフェ~リードアラウド研究会

神保町の新生ブックハウスカフェ
で、新生第1回目のリードアラウドがあった。

わたしが「大きいお友だち」と呼ぶ大人の参加者と、子どもたち「小さいお友だち」とその親御さんが一緒に、『No David』をリードアラウドした。

Davidが、あれやこれややんちゃをして、その度にお母さんに叱られ…
という、小さいお友だちにも身近かなテーマで人気の一冊だ。

何度やっても、この本は楽しい。

それは、子どもの発言が、自分を含めた大人の常識的で表面的な疲れた頭に、刺激を与えてくれるから。

「どうしてここで、叱られちゃうんだろう?」
などと、子どもの考えを場面場面で尋ねる。
答えが楽しみなのだ。

でも、ちゃんと指導者としての頭と技も使っている。

まず、子どもの口を自然に開かせる空気作りだ。

                    ↓

リードアラウド開始前のちょっとした会話と、
リードアラウドの約束をするイントロでの、ウォーミングアップが重要。

この本なら、金魚鉢をひっくり返しそうなデッビットを見て「どんな声をあげる?」と尋ねて、日本語でいろいろ話させる。
重要なのは、指導者本人が本気で、
「や、やめて〜水がこぼれるっ!」
と迫真の声をあげること。

ここで、みんなに「キャ〜〜〜」など大声を出させること、など。
まず、一回は大きな声を出させる。

デッビッドが目の前で、危ないこと、困ったことをしていると思って、指導者から本気のエネルギーを出す。

すると、子どもの目の中に、ゆらゆらと子ども魂が揺れるのが見てとれる(緊張が緩む)。

叫ぶでも、跳ぶでも、走るでも、身体を動かせると、子どもにエンジンがかかる。

さあ、そうすると、出るわ、出るわ、発言が。

                    ↓

口の中にたくさん食べ物が入っているのを、デッビッドが大口を開けて見せる、という場面がある。

「これ、なんで叱られるの?」

と尋ねたときのこと。

4歳と6歳の答えは、意外だった。

「よく噛んでないから、身体によくない」

「チキンの骨が喉にひっかかって危ない」…

そうだったのか!

エチケットという感覚は、まだ難しい年頃なんだ。

人が気分悪いとか、行儀が良くないとか、まず相手の気持ちを考える回路が未発達なうえ、行儀なんて、人間が最後の方に獲得する文化に関わることで、これもまだ未発達な年頃には、思いも寄らないのだ。

いやあ、学びます。

発達途上のヒトを知ることは、ヒトの全体像を知ることに繋がる。

こうして「大きいお友だち」はヒトを学ばせて頂くのだが、

「小さいお友だち」は?

ご安心を。ちゃんと、こんなことを学ぶ。

何度も叱った後にまたまた困ったことをされると、ママやパパに

「That’s enough!」

と英語では言われること、

お風呂のあと「脱走」すると、ママたちがあわてて

「Come back here!」

と叫ぶこと、

うるさすぎると

「BE QUIET!」

と叱ることなど。

リードアラウドでは、大きい人も小さい人も学ぶことが山盛り!

(次回のブックハウスカフェでのリードアラウドは、7月9日。予約、問合せはブックハウスカフェまで)

大島英美のBLOG

今朝の新聞から:「声にだしてこそ」~リードアラウド研究会

今朝の新聞の文化欄(朝日新聞2017.6.19、33ページ)、「詩 声に出してこそ」という見出しに目が吸い寄せられた。

今、詩人たちが活字で発表するだけでなく、朗読に力をいれるようになってきているのは、なぜか、という記事だ。

詩の朗読の世界大会、ポエトリースラムについては、こうあった。
スラムは「力強く投げる」という意味で、詩人たちはそこで母国語で朗読し、
英語などの字幕が写し出される。
どこまで観客を魅了できたかが審査されるもの、という。

昨年の世界大会、準決勝まで進んだ詩人によれば、声に出して読むと

言葉が十分に分からない外国詩も楽しい。
優れた朗読は音楽にも負けない

リードアラウドにひいて考えると、すごく納得がいく。

海外で詩の朗読の経験がある詩人によると

日本の詩人は肉声が貧弱すぎる

これも納得。
リードアラウドを始めようとわが門をたたくひとたちの、第一声はたいてい心もとない。

肉声を重視する詩人たちもいる。

わけは

マイクを通すと声の個性が失われてしまう

よくわかる。

ある有名詩人は語る。

朗読は詩歌・言葉の原点に返る行為

街頭などで自作を朗読してきた詩人は言う。

朗読は個性の発露ではなく、
その場が持つ磁力を感じ

死者たちの言霊をも受け止める営み」

特に、この「朗読は個性の発露ではなく、
その場が持つ磁力を感じ」の部分に共感する。

絵本の朗読では、特に、読み手の個性を発露にされると、観客は何やら腰が浮くような、心地悪くなる。
子どもなら、すぐに反応して気もそぞろになる。

リードアラウドでは自作を読むのではないが、書いたり描いた作者が込めた心を、指導者は誠実に読みとり、表現して、子どもたちに伝えたい。