子どもは優れた「出題者」:「Yes, and」で答える〜キッズブックス英語スクール

指導者(先生)には柔軟性が求められる。
子ども(生徒)を受け入れる力だ。
その具体的な力として、最近とみに思うのは、「Yes, and」の精神の重要性と実用性。

スクールでリードアラウドを継続してやっていくと、一期一会のイベントでは現れない、子どもならではの難しさが出てくる。
慣れからくる親しみの表現の一つだろうが、無理難題を投げかけてくるのだ。

「いやだ、この本読まない」
「Ned(『Fortunately』の主人公)嫌い!」
「答えもう全部知っている」などなど……。

しかしこれ、
『絵本リードアラウド認定講師講座』的にいうと、生徒から先生への発問なんだと気付いた。
生徒様様じゃないか。

指導者向けのワークショップで、発問する役を受講者の大人たちにふるが、なかなかすらっと質問は湧いてこない。
なのに、子ども(生徒)ときたら……。
無理難題、いやいやチャレンジングな問題を発してくれるじゃないか。
指導者にはありがたい、「Yes, and」の濃〜い演習の場である。

伝統的な先生と生徒の関係だと、発問するは先生で、生徒は答えるもの。
例えば、「Nedは嫌いだ(ったらどうする?)」と生徒が発言したら、
先生は迷わず「そんなこと言っちゃダメ(No)」と言うものだった。

リードアラウドの指導者はこれをしてはいけない。
代わりに、「Yes, and」するのだ。
生徒:「Nedは嫌いだ(ったらどうする?)」
先生:「そっか(Yes)。それじゃNedのどんなところが嫌か見ていこうか(ここで疑問を投げかけないのがand。嫌いを受け入れる)」
Nedが嫌だというこの生徒は、どういうところが嫌なのか、ほかの生徒と一緒に本をめくりながら見ていく。
これがandでつなぐ発展ある進め方のひとつ。

「もう全部、答えを知っている」という生徒もいるだろう。
こういう場合、無視する先生もいたと思う。
よくて「みんなでやるのを待ちなさい」か。
特に日本では、
ほかより目立つことを「でしゃばり」とか、
知識をひけらかすものを「目立ちたがり」とか、
否定的に捉える文化の傾向が強い。

そこを、「Yes, and」の精神でとらえてみる。
先生:「わあ、すごいね(Yes)。分かっちゃったの。じゃひとつずつ問題を出す人になってよ」
と、生徒を出題者にさせるのはどうだろう。
これなら、答えが分かっている生徒も飽きないし、ほかの生徒も学ぶ機会を失わずにすむ。

子どもの指導の場にいて、指導者の敵は、自身がこれまで受けてきた教育の習慣からくる思い込みだ。
「Yes, and」に反する習慣が、自分に染み付いているのではと、疑ってみよう。
例えば、自分の指導計画を邪魔するようなことを生徒がしたとき、反射的に不愉快になっていないか?
そういう生徒を、「困った子」だと思わなかったか?

ダメダメ。
こういう生徒はありがたい。
「Yes, and」の精神が活かせるじゃないか。
ただ従順に、質問もなく座って聞いている(ように見える)生徒ばかりでは、指導力が伸びない。
学びも型通りになってしまうかもしれない。

生徒の皆さん。
同意できないことがあったら、待ったをかけてOK。
その「待った」は、幼稚さゆえというものもある。
でもそれがだんだん発達して本質をつくものになっていくのを、楽しみに待っているよ。

先生たちも、逃げずに!
「Yes, and」でどこまでも受けていけるよう頑張る。

Fortunately

キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース(体験レッスン)

リードアラウドの選書について〜キッズブックス英語スクール

リードアラウドの絵本は、どういう基準で選んでいるのだろうーーと思った方も少なくないだろう。
目下の選書の基準は、最近の英語圏の出版事情などを鑑みて、以下のようにまとめられる。

  1. 長期に渡って、比較的楽に手に入りそうなもの
    1. 定評、根強い人気、有名な賞の受賞歴
        Caldecott賞、Kate Greenaway賞、Newbery賞、National Book Awards、Geisel(Dr. Seuss)Award、E.B. White Read Aloud Award、Indies Choice Book Awards、Indies Choice、New York Times Best Illustrated Books
    2. ペーパーバック版が存在する
  2. 絵・デザイン・タイポグラフィー(文字)に、魅力・洗練・工夫があるもの
    1. 丁寧な作りで、子どもや読者へのrespectがある
    2. コストをかけているということは、出版社が売れると予想している証拠
    3. 飽きない、多様な楽しみ方がある、遊びの要素が勝って勉強の圧力を感じにくい
  3. 本文に物語としての面白さ・深さ、文としての楽しさ・美しさがあるもの
    1. 飽きない、いろいろな楽しみ方ができる、心に響く
    2. 子どもに知ってほしい情報(事実、テーマ、教訓、情操など)がある
  4. 文と絵がおおよそ表裏一体のもの
    1. 内容のほとんどを絵で追うことができる(わかりやすい)
    2. 絵から多くの情報が得られる

声に出して読む英語絵本

子どもも大人もTongue Twisters!by Dr. Seuss〜リードアラウド研究会10月の課題

ここしばらく、この本1冊でいろいろなクラスの指導をしている。

一番上達目覚ましいのが、大人セミナーのみなさん。

上達の過程というのが、よく見えた。

今後のリードアラウドの要、reading fluency指導の体系化に役立ちそうだ。

 

それは、こんな過程だ。

 

1. たどたどしく、読み間違えたり、切れ目が意味とまるで関係ない。聞いていて意味がとれない

 

2. 単語が一通り正確に読めるようになるが、朗読に表情がない。意味がところどころわかるが、聞いていてつまらない

 

3. 文の構成(S, V, O, Cなど)を考え解釈すると、文の切れ目とアクセントを置く語が文意にあって、聞いていて意味がとれる。

抑揚がつき、語ってくれているようで飽きないが、多少まどろっこしい。

 

4. 意味が取りやすいニュアンスがついたまま、すらすら早めに読むので、頭にすらすら入る。文の楽しさが伝わる。

 

小学生のみなさん、そして、指導者のみなさん

 

今月は、以下の課題文で、tongue twistersの練習をどうぞ。

 

Tongue Twisters by Dr. Seuss:

 

Through three cheese trees/ three free fleas flew.

While these fleas flew, freezy breeze blew.

Freezy breeze made / these three trees freeze.

Freezy trees made/ these trees’ cheese freeze.

That’s what made these/ three free fleas sneeze.

Elephant & Piggie シリーズですよ!〜リードアラウド研究会

いよいよ今度のワークショップ(英語絵本リードアラウド認定講師講座第7回)は、Elephant & Piggieシリーズの『A Big Guy Took My Ball!』

リードアラウド自体がリーダーズシアターになっている。

お手本は、この子たち。
指導した生徒たちだが、本当に楽しんでやっている。

これなら、同年代の子どもたちも、「何々?」「どこに楽しさがある?」「やってみたいな」と思うのでは。

大人はどこまでやれるか?!

こんなミュージカルまであり!

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/9RpLP1D1Lhc” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

『I Spy』を家庭で楽しむ〜キッズブックス英語スクール

リードアラウドの目的のひとつは、英語学習の動機付け。

家庭でも英語の本に親しんでもらいたい。

そのためのステップ。『I Spy』を始めたばかりのスクール生の家庭ではこんな形でいかが。

STEP 1:

『I Spy』をリビングなど目につくところに置く。

インテリア風に飾るとか、欧米で言うところの「Coffee Table Book」(応接セットの低い机の上に、さりげなく飾るように置く本のこと)として。

 

シーン1(門)とシーン2(家の外観)はクラスで終えたところだが、まだまだミッケしていないものがあるので…

 

STEP 2

「あ、I spy 貝殻(shell)」他、a bat、安全ピン(safety pin)、a bell

 

次は、まだやっていないシーン。どのページでも…

STEP 3

日本語でミッケ。見つけられるもの、なんでも。英語も知っていたら言い合い、知らなかったら「スクールでやろうね」。

どんどん先をやるのではなく、1つ1つのシーンをじっくり。

STEP 4

どこかのページを指定して、問題を出し合う。「p. 31で、しましまのネコ。どこにいるでしょう」など

 

どうぞ、まずはこの本をお楽しみください。