『Inch by Inch』参考動画~キッズブックス英語スクール

小学生クラス、そしてリードアラウド認定講師講座の8月の課題書である本書。

このビデオは模範的な読みの、ご参考に。

こちら、アドバンス認定講師のご参考に。

子どもの溌剌とした読み方に、少しでも近づけるよう、指導者のみなさんはご研鑽を。

リードアラウドしながら文法も教えたい:レッスンプラン~リードアラウド研究会

このビデオの 6:16 から 7:16 あたりまでを練習してみよう。

本『Fox in Socks』の、p.36 からp.39あたりまで。

ビデオの読みの速度は、Tongue Twisterになっていないので、読み下せるようになったら、少し速く読もう。

ネイティブでもこれくらい難しい、ということを見せて、挑戦する気を起こさせるのもいい。

ここでこの4ページ(p.36 からp.39)を使って、文法用語を使わない「世界一簡単な」という「ビックファットキャット式」英語ルールを使って、英語の単純化した文法指導をしてみる。

 

Bim    comes.              Bem comes.

A             ➡️

(役者)    (動作をする)

基本の文型だ。

Bim           brings         Ben         broom.

A                  ➡️          (付録)          B

(役者)    (動作をする)                (動作を向ける相手)

Ben brings Bim broom.  これも同様。

 

それでは、次の文は、Aと➡️とBはどれ?

Ben           bends          Bim’s    broom.

A                  ➡️  (相手の化粧)  B

Bim bends Ben’s broom.  これも同様。

 

Bim’s bends.  / Ben’s bends.これは?「簡単!」の声が聞こえそうだ。そう、

A            ➡️

最後は応用編。A と ➡️はどれだろう?

Ben’s bent broom breaks.

(化粧)     A         ➡️

 

主体である「役者」と、それがする「動作」をみつけだす。

そのほか、状況を詳しくするのが「付録」と「化粧」。

役者であるAやBが身につけるのが「化粧」で、その他が「付録」。

 

小学生低学年には、品詞の区別がときに難しいかもしれない。

固有名前とか知っている動作の単語ならいいが、新出の場合はどのくらい推測力でついてこられるか。

クラスの雰囲気を開放的にして、いい思いつきが出るようにしつつ、ダレさせずある程度の緊張が保てれば、きっといい飛躍ができる子どもたちのはず!

「実験」は、8月末に。

英語でこそ楽しめるDr. Seuss〜リードアラウド研究会

コンパクトにまとまったDr. Seussについて:

指導者だったらこのくらい速く読めなきゃ???

これは、標準的かも。このくらいを目指して練習して、子どもたちを驚かせたい。

発見!これ ↓ ぞ目指す、今風のFox in Socks!
字幕は自動で作られたもので、興味深い「聞き間違い」が多々ある。それを発見するのも面白い。
5分ちょっとで、このラッパーのように通読できるか、挑戦だ。

Tongue Twistersは、英語をsecond languageとしたいわたしたちにも有効な上達法だと思う。

大人セミナーでやってみたシャドイング~キッズブックス英語スクール

英語えほんを使って、朗読を軸に英語全般、会話まで学んでいく大人セミナー

Dr. Seussの『Fox in Socks』を現在使っている。
Tongue Twistersが続く、Dr. Seuss一流のユーモラスな不条理の物語。

なかなか、発音や読解を気にしつつ、fluent に早く読むのは難しい。

注意する所が多いと、読むのが遅くなり、速く読むといろいろおろそかになる。

そこで、Shadowing を取入れてみた。

すると…

むむ。手応えがある。

しばらく、特にこのDr. Seussが終わるまで、やってみよう。

ちなみにShadowing、この人がよくデモンストレーションをしてくれている。

特に、5分過ぎくらいのところから、shadowingのデモンストレーション。
参考まで。

Spelling Bee@小学生クラス~キッズブックス英語スクール

あの手この手で子どものやる気に火をつけようと、このたびは「マシーン」を作った。

日本ではあまり使われていない発砲スチロールのカップを使って、Three letter wordsを作る装置。
これを応用し、数字の代わりにアルファベット(小文字)を書いたものを、3段重ねた。

小学生クラスともなれば、実はたくさんの英語の語彙が蓄積されている。

音で知っている語が多いのだが、それを文字でも認識して、記憶に強く刻ませようと作った「マシーン」だ。

スペリングを覚えていくのに、英語圏では3文字で出来ている語から始めることが多い。

それに習ってのthree letter wordsだ。

時間内に出来るだけたくさんの単語を作る、というゲームにしようと思う。

その準備に、ちょうどいいビデオを見つけたので、みなさん、そっと練習して次回、クラスのみんなを驚かせる、というのはどうだろう?

無理なく、遊びのように、ちょっと楽しんでくれるといいのだが。