米国ミレニアム世代のBookTubeを覗く〜リードアラウド研究会

読書、本が好きな若い世代が減っている実感がする日本とは違って、アメリカを中心とした英語圏では、本好きのミレニアム世代が育って、本文化を支えている。

その本への愛を表現するのに、彼らが選んだのは、ビデオでありSNSである。
入って見なければ気がつかないままの、現代「本の虫」の世界を、少々紹介する。

まず、ビデオで本への愛を表現する物もたくさん。たとえばこんなもの。

本への愛のイメージ:The Joy of Books

また、本についてしゃべったビデオがインターネットの世界、YouTubeなどで、数えきれぬ程発表されている。

YouTubeのなかで、とくに本の話題、おすすめや感想、書評をビデオにしてアップするコミュニティに、BookTubeというのがある。

たとえば、こんな感じ。
本や、読書、ブログ、vlog(ビデオによるブログ)について述べているが、典型的な世代、そしてその英語(特にスピード、イントネーション、語彙)のサンプルに。

この夏1冊だけ読むなら〜キッズブックス英語スクール

忙しい英語の先生も、夏には1冊だけでも英語の本を読もうかな、などとそろそろ考えだす頃。

もし、
これ

まだだったら、ぜひ。

アメリカの南部で50年代、白人の女性をrapeしたと訴えられた黒人が裁かれるのを、白人弁護士が弁護する。
その白人弁護士の娘の目で描いた、60年刊の古典的「アメリカ現代小説」だ。

英語がまた素晴らしい。
『アラバマ物語』と分かりやすい邦題がついている。
確かにアラバマ州が舞台。

南部の英語をしゃべる主人公のお転婆少女の語りで、映画も薦められる。

本を読んでいたときには、感じられなかった「音」に感動した。
南部の英語。

読書では得られない映画ならではの、この音の経験もおすすめだ。

役者も素晴らしい。

Serious about Books2~NY独立系書店とカフェ

NYの元気な独立系書店を歩いた。
カフェの天井から本。壁はトルストイ(だったかな?)

ここSoHoにあるMcNamally Jackson Booksで、経営者のSarahさんにいろいろ話を聞いた。

そのなかで、「書店がカフェを併設することについて、どう思うか」と質問した時のこと。

「……んんん」
と、かなり沈黙。
この間合い、「アメリカ人らしくない」と思ったのだが、案の定、彼女は「元外国人」と自己紹介。
カナダ出身だ。

沈黙後、非常に注意深く、カフェに経営上の救いを求める書店に配慮してのことではないかと思うのだが、言葉を選んで話し始めた。

「うちのカフェ、あの入り口に配したカフェですが、本のお客様を迎える挨拶として、あってもいいのではないかと思っています」

courtesy.

「Pureに本を扱いたい」と公言し、それでビジネスを成り立たせている自負のある彼女。

その彼女の、精一杯の譲歩だろうが、とても思慮深い答えが印象的だった。

Serious about Books~NYの独立系書店のがんばり

紙の本や、それを売る本屋さんにちょっと元気がない日本。
特に古くからあった小さな本屋さんが消えていく今日この頃。

アメリカも10年くらい前は、同様で「本屋がなくなる」と暗いムードが広がっていた。

でも今日、紙の本は持ち直し、人々は「本好き」はいなくならない、と確信を持ち始めた。

NYでこうして元気に商っている独立系書店を尋ねて、秘訣等をたずねる視察を手伝った。

これから、わたしも記事を書く。