リーダーズシアター、こりゃ楽しい〜リードアラウド研究会

先日の、東京、大阪での指導者向けワークショップで、今も頭に焼き付いているのが、両方のそれぞれの参加者のみなさんによるリーダーズシアター。

 

本当は全員が演じられるようにしたかったのだが、時間が足りず、どちらも有志(勇士?)3人が他の参加者を前に演じた。

 

東京は『A Big Guy Took My Ball』。

 

Piggie(小学校低学年?女子?ブタ)とGerald(小学生?男子?ゾウ)の親友同士と、Big guyことWhale(小学生?男子?クジラ)、この3人が登場人物。

 

取り合わせの妙!

 

M.Y.さんのGeraldは、既視感はあったが実に役にはまり、M.Y.さんのPiggieとのやりとりで、役がより浮き彫りになった。

この安定感のある小学校高学年男子風のGeraldと、小学生女子が乗り移ったような、意外性もあって目を見張るH. M.さんのPiggie。

自然かつ躍動感ある会話が、双方の即興リアクションを引き出し、見ていて飽きない。

 

その愉快な空気に輪をかけるのが、H.S.さんのWhale。

そこに、「ええっ〜」と驚くダイナミックな登場だ。

ダイナミックさの中に漂うBig Guyゆえの悲哀さえ、感じるくらい。

 

ひとりひとりではここまで出ないエネルギーと、事前には思いもよらないその場でのシネジーによるリアクション。

これらが、朗読をリアルにし、聴衆はそこに吸い込まれる。

 

そして大阪。

 

『Tough Boris』だった。

作者のMem Foxさんに見せたかった!

 

格闘技か?

海賊たちが力自慢をするのだが、これでもかと力をひけらかす、プロレスラーのショーみたいだ。

Toughで、fearless、おまけにscruffy。

こうでもかと、掛け合いのように読むたびで、OさんとKさんが盛り上がる。

 

そこに、冷静な、異次元の空気をもたらす、ナレーターM.K.さん。

 

「あの、この目の前の海賊の騒ぎ、見えてました?」

とつっこみたくなるような、騒ぎに全く動じないナレーション。

 

そこも笑いのツボだったりする。

そしてまた、その対比が本のイメージにぴったりだ。

 

ここ大阪でも、ひとりひとりだったら空回りしそうな熱いリードアラウドが、相手がいるリーダーズシアターになって、三つ巴の熱流が混ざり合って竜巻に。

 

もちろん、まだまだ磨くところは、どちらにもあるのだが、荒削りながら、このリーダーズシアター、十分エンターテインしてくれた。

 

これ、生徒たちに受けるんとちゃう?

英語絵本リードアラウド認定講師第7回報告:その2〜リードアラウド研究会

(その1からの続き)

 

もともと朗読の表現力も指導力もある皆さんだが、リードアラウド指導者としての力に磨きをかけようと、この日の朗読力演習のメニューはこうだった。

 

volume

それに続いて、

pitch

rateの演習。

 

『A Big Guy Took My Ball』では、登場人物(動物?)Piggie, Gerald, Whaleのキャラ作りが欠かせず、その要でもある。

 

声を3種、幼い聴衆にもわかりやすく作る。

まずは、高ー中ー低のpitchに分ける。

身体の大きさで分けるのが手っ取り早い。

これでの演習。

 

Piggie-Gerald(Elephant)-Whale 、みなさんもそれなりに変えて自習してきていたようだが、はっきりここでもう一度意識して、高低差を大きくすることで、聴衆によりわかり易くなる。

 

次は、意外と意識していないのが読むときの速さの個性。

rateである。

 

早口からのんびり口調まで、この登場人物を当てはめる。

ここでも、一般のイメージでPiggie-Gerald-Whaleと急→緩とした。

 

声の高低だけでは分けにくく感じていたゾウとクジラが、クジラをもっとゆっくり喋らせると差が大きく、わかり易くなった。

 

さあ、これらの演習後は、リードアラウドらしい「声の3D化」とでも呼ぼうか、キャラの身体作りの演習だ。

 

全員がPiggieになって歩く。

次にGerald。

そしてWhaleも、ここでは歩く。

部屋中にみなさんが広がって、それらしく歩いている様は、なかなか壮観だ。

 

そしてこうした身体感覚が、皆んなに「形状記憶」されてから、ゲームだ。

 

一斉にこの3種のうちどれかになったつもりで歩く。オニになったひとは、種類別にみんなを分ける。

それらしさが足りないと、ブタなのにゾウのグループに入れられたりしてしまう。

 

このシアターゲーム、

指導者自身の表現に厚みを出してくれるだけでなく、

これそのものを子どもたちにやらせるのも、楽しいアクティビティになる。

 

初級者には、3種の動物名などを聞いたり言ったりする機会になるし、上級者には表現練習そのもの。

 

(つづく)

 

 

 

 

あつい大阪、ワークショップ報告その1〜リードアラウド研究会

10月だというのに大阪難波は、気温27度+、暑い日だった。

ワークショップも、熱かった。

 

部屋を80パーセント超埋めた参加者と、欲張りなプログラム。

3本柱を立てた。

 

・リードアラウドとは何か

・リードアラウド式朗読法の演習

・リードアラウド式指導法の演習

 

これを、2冊の絵本を使って3時間、リードアラウド指導のモットーどおり、双方向型で進めていった。

 

 

言いっぱなして、締めをレジュメに委ねた部分もあったが、「講義」よりも「実習」「演習」に比重を置いた。

 

緊張をとり、人々をfocusさせるシアターゲーム。

目新しく感じた人もいるだろう。

 

リードアラウドらしい開放感をみんなにもたらす、「秘法」でもある。

 

一人1分で、スピーチ遮断機ゲームは、生徒とアイコンタクトをとる演習でもあるが、「ついで」に自己紹介もできる。

この日も、指導法の一端をゲームとして演習しながら、参加者同士の親睦にもなった。

親睦とリラックスはまっすぐ繋がっている。このゲームのおかげで、緊張が解けて、リードアラウドを楽しめる土台が出来始める。

 

(続く)

 

 

あつい大阪、ワークショップ報告その2〜リードアラウド研究会

(その1からの続き)

課題書『A Dark Dark Tale』、

これは朗読の技術的要素であるpitch, volume, rateを変えて読むだけで、あっと言う間に、プロの朗読らしいメリハリがつく。

このことを実感する演習をした。

朗読を磨くには必須の演習で、実際にやってみることで、これらで大きな違いが出ると言うこと、この要素を表現する技術のあるなしの違いが実感できたのではないだろうか。

 

ところで、「英語の先生読み」とわたしが呼ぶ読み方がある。

 

メリハリをなくして、ただただ優しく、ゆっくり同じ調子で読みあげる、教室での先生の典型的な読み方のこと。

 

リードアラウドで頑張ろうと思うのは、こうした先生読みがちまたにあふれているため、

と言えるくらいばっこしている、生徒の英語発達を遠回りさせる読み方である。

 

表現がない英語は通じない。つまらない。心が乗らない。

AIにも出来る。

 

せっかく指導の機会を持てたなら、

表現を考え、要素から変えてみよう。

 

さて、もうひとつの演習、これは皆さんがこの日に大化けした演習、について。

 

Characterizationだ。

『Tough Boris』で使われている海賊を表す形容詞、tough、massive、fearless、greedyなど、

ただ読み上げては、単語の羅列。イメージがわかず、そうだと意味もさっぱりわからない。

代わりに機械的に覚えるなんて、つまらない。

 

どういうことを形容している言葉か、その実態を身体に印象つけさせたい。

そうすることで、自分の感覚として使えるようになる。体得できる。勉強ではなくコミュニケーションの手段になる。

 

しかし、教えるわたしたち自身が、それぞれの形容をいわば生理的に理解していないと、伝えられないものだ。

 

そのことは、自身でも経験した。

指導現場で立ち往生する先生を、何人も見てきてきた。

 

知識ではなく実感で、

口先だけでなく身体で、

形容詞を伝えられるように、という演習だった。

 

その結果は?

 

うわー!

皆さんが化けた。

まるで、Monster bash。

 

「tough!」と叫ぶと、そこにはtoughなBorisや海賊たちがうじゃうじゃ歩きまわり、「オレはタフだっ!」と叫ぶ。

 

「greedy!」で、今度はぎらぎら欲の皮の張った海賊たちが歩き回り「欲張りはオレのこった!」と吠える。

「scary!」「scruffy!」

 

つぎつぎ本文からの形容詞を叫ぶと、それなりの雰囲気をまとった(まとおうとしている)皆さんが歩き出す。

 

動作が表面的なものから、内から吹き出すようなものに近づいたところで、STOPをかけた。

 

傑作だ。

 

皆さんが、だんだん楽しむ顔になってくるのが見て取れる。

それを、見ていると楽しい。

 

解放感?

そう、表現するってそういうこと。そして、それは楽しい。

 

これはわたしたち自身の表現に厚みを出す演習であるだけでなく、シアターゲームとしてアクティビティにもなる、という優れものである。

 

さあて、皆さんの表現はいかに。

 

最後に、本当は全員にやってもらいたかった『Tough Boris』のリーダーズシアター。

時間がなく、有志3人が代表して実演した。

 

素晴らしい!

大傑作に仕上がった。

大きな表現になった。

本書が伝えたいことが伝わる表現だ。

これなら、子どもを集中させるエネルギーも満々。

 

この指導者の表現練習、このまま子どもたちにやらせればアクティビティにもなる。

 

リードアラウド ワークショップは、こうして二度美味しい。

 

Thank you everybody and see you around.  See you maybe in March!

 

『I SPY』で悲喜こもごも〜キッズブックス英語スクール

 

案の定だった。この本の子どもへのインパクト。

 

未就学児は「競争心」に火がついて、少々ヒリヒリ。

ミッケできた数でクラスメートに「負け」て、烈火のごとく泣き叫ぶ子どもに、久々に人間の本能的な心の動きを見た。

 

「負けたくない気持ち」のエネルギーは、尊い

 

今の本人には苦しいかもしれないが、自分で収める力をつける機会だ。

 

この日のこの子も、半年前と比べたら怒りを収めるのが早くなった。

帰りがけには、ご機嫌に。

 

小学生クラスでは、もう泣く子はいないが、ミッケが遅れる子どもに微妙な心の揺らぎがあって、興味深い。

 

「6、7歳まではミッケが良くできるのだけれど、どうも大人の仲間入りすると大人と同じくミッケが下手になっちゃうんだよね。8歳からかなあ」

 

「6、7歳」は適当な年齢、たまたまこの日のミッケで調子が良かった子たちの年齢だが、8歳と指導者、母たちがちょっとだけミッケに手間取っていたので、こんなことを言った。

 

「あの、8歳だけど」

 

マンガの描写で言ったら「ザーザー」と顔に線が描かれた感じ。

青ざめた?

 

大人たちは、確かにどこかが変わってしまって、絵本の絵の観察力が落ちている。

 

でも、8歳は冗談!

 

大丈夫。すぐにミッケに慣れるから。

 

ちなみに、この『I Spy』はシリーズになっていて、小学生5~6年生でも大好きだ。

翻訳もあるのだが、英語がオリジナル。

 

語彙を楽しく学べる。読み下しの練習になる。

そして、もちろんリードアラウドも。

 

まだまだ先のページ、そしてまた続編もたくさんあって、楽しみだ。