認定講師講座第5回報告その2:朗読上達のメソッド〜リードアラウド研究会

(前回からの続き)先日のワークショップでも、朗読上達の効果を確認できた…

 

 

そのメソッドとは…

 

Characterization。絵本の登場者のキャラクター付けをすること。

 

今夏、Improvisationの本場、アメリカで3度目の、ワークショップ参加。そこでも、Characterizationを学び、その過程がリードアラウドの朗読の上達につながるという感触を再認識した。

 

Characterizationのために、段階を踏んだ。

 

1.緊張を取る

認定講師ワークショップは年間通してのものなので、参加者同士がほとんど顔見知り。

そんな場合は、この段階は飛ばせる。

初対面同士の場合に必要な段階だが、シアターゲームでウォームアップが有効。

 

2.準備(発声など)する

 

声を響かせるウォームアップ。

大きく口を開いて、遠くを目標に声を出す。

 

3.キャラ:身体作り

 

声は出さず、身体でcharacterizationの演習をする。

課題書に登場する、inchwormやrobin、nightingaleのキャラを分析。

分析したキャラになったつもりで、台詞はなしに歩き回ってもらった。

 

例えば、inchworm。

幼児だが意気軒昂、知恵もの。人生に前向き、生きる喜びに満ちて歩く…など。これらを姿勢や表情、歩き方などで表すこと数分。

 

いくら声での表現である朗読でも、口先だけでは自然で趣のあるキャラを作り込めない。

 

キャラを体現しながら歩き回るうちに、ワークショップ参加者の皆さんが、だんだん解放されていく。

 

自分も解放感を感じつつ、仲間の自由な姿を目の当たりにするというのも、効果的だ。

グループレッスンの効用も加わる。

 

4.キャラ:声作り

それぞれのキャラになったつもりで、自由な話題で他のキャラになっているパートナーと話してもらった。

 

inchwormとrobinなら、少年とおじさんとして、性格は分析したものに沿って、話を続ける。

 

身体の動きは、さきほどの感じを保つ。

 

5.キャラ:実際の文中にある台詞を読み合う

 

役がだいぶ身体に入ったところで、台詞をつけてもらった。

最初の朗読と、かなり違う、血の通った台詞が方々から聞こえてきた。

 

以上5段階を踏んで、それからの本書『Inch by Inch』の朗読は、それはそれは傑作揃い。

 

ところどころ、特に細かい練習をしていなかったナレーション部分に、隙が見られるが、会話部分は素晴らしいものになっていた。

 

characterizationは朗読を楽しく聞かせるものにしてくれる。

 

そして、この5段階練習法でcharacterizationが身体に入るらしい。

 

認定講師講座第5回報告その1:朗読上達のメソッド〜リードアラウド研究会

認定講師講座、ワークショップ第5回が終了。

しばらく時間をおくと、じわじわ思いが湧いてくる。

 

今、思うのは、まず朗読の上達方法に関すること。

 

上手くなるための方法として、「よく読み込みなさい」とほうり出されたように感じた、私の修行時代(そんな大それたものではないが)。

 

3年個人レッスンを受けて、ちょっと手応えを感じ…今に至るのだけれど、普通の「お稽古」や、それにちょっと毛が生えたレッスン、はたまた先生稼業の日常が忙しい皆さんには、ベタで長く先に霧がかかったような、稽古時間や費用をあまり使わないで、効率的なメソッドがあるほうがいい。

 

そう思って色々試してきて、ここ数年。

 

特にカルチャーセンターでの講師を始めてから、メソッドらしきものが見えてきた。

 

今回のワークショップでも、効果を実感!

 

そのメソッドとは…

 

Characterization。

 

(「その2」に続く。17日午後以降に)

 

 

子どもとの対話でも大切な「Yes, and」とは~キッズブックス英語スクール

大人が子どもと対話する、会話するときに、子どもの成長にとても大切な鍵がある。
「Yes, and」で話に応えること。
リードアラウドでは、指導者にこの姿勢と実行の徹底を学んでもらって、子どもとの授業では
子どもに活発に発言させて
対話を中心に
「教え込まない」
で、
まずは絵本を
そして英語を楽しませることをモットーとしている。
指導者だけでなく、親を含めて子どもに接する大人はみな、このことを知っていて欲しいとも思う。
リードアラウドのベテラン指導者でも、ときにせっかくの子どもの発言を、Yes, andでつなぎきれていないことがある。
 
先日『My Little Sister Ate One Hare』を、ふたりのリードアラウド講師が、子どもたちとリードアラウド。
何ページか進んだところで、本に描かれた主人公が着ているコスチュームを見て
「あ、roosterのかっこうをしている!」と少女。
 
ひとりの先生は、もうひとりのほうを向いて「お願い」の目線?
目線を送られた先生は、
「roosterか…」。
時間は押している。
(さあ、どうしよう)
(もうひとりの先生、助け船だしてくれないのか?)
などの、戸惑いが「……」
と歯切れの悪さに現れる。
ここは、反射的にそしてはっきり
「そうだね!」
とまず応えたかった。
Yesは、すぐにはっきり言うこと。
それからandで繋ぐ。
こんなのでもよかった。
「Little sisterが、ほんと、なぜかroosterみたいな、オンドリみたいな格好しているね。よく気づいたね。
rooster、オンドリってよく知っているね。
このニワトリ、オスかもね。」
少女は、「henかな」とも発言。
これにもこうすぐさま応えたかった。
「ああ、そうそう。メスのhen かもしれない。ニワトリのメスはhen、みんなも『hen』!」こうして他の子と知識をシェアする。
それが、少女の発言を先生が、
active listening
したということ。
シェアしたことが、and の役目を果たす。
また、さらに本の筋と繋げるこんな and も続けられる。
「なんでroosterまたはhenのかっこうをしているんだろう?
ニワトリたちは何を食べるの?」
そして「ミミズ!」などの子どもの声を待つ。
それから、
「そう!ミミズ、wormsだね。ほら食べている!」
 
と、本文に繋ぐ。
 
子どもは、大人が自分の発言を聞いてくれる、受けてくれる、参考にしてくれる…そういうことが、誇らしく嬉しい。
そして、その誇らしく嬉しい気持ちが、さらなる学習や読書の
動機付けになるのだ。

失敗しても笑える環境:Improvisationクラスの愉快な仲間たち

「出不精」「引っ込み思案」の自分に鞭を打ち、improvisationの本場でクラスを受講。


今年で3年目になる。

(「出不精」「引っ込み思案」にカギカッコがついているのは、自分のなかでは、という意味。外見はそうではなさそうに思われていそうなので)

クラスは2時間、warm-upのゲームから始まる。

この日に行った、ひとつのゲーム。

どうもわたしの反射神経がついていけない。

笑ってしまうほどできないのだ。

 

擬声音+方向を示す異なる動作を3つ、ひとりずつ順にして指された方向にいる人がそれを受け、次に別の動作をするというもの。

単純だが、だれが指されたか、次にどの動作をするか、てきぱきしなければならない。

 

間違えると、輪を一周しなければならないのだが、輪を回ってばかり。

これがみんなに大ウケ。

ウケねらいでもないのに、わたしもゲラゲラ、お腹を抱えて笑いながら回る。

 

また間違えるのを見たいらしく、よく当たる(ような気がする)。

 

みんなで大笑いで終わったとき、ひとりの若者がわたしにhigh five!

That was great! だって。

そして拍手。

 

これだね!

「失敗」「不出来」という後ろ向きな発想は捨て、現状を受け入れる。

これができない場面もあるが、学びの場はいつでもこうでなくちゃ。

 

このspiritが、日本の多くの環境にももっとあれば生きやすいのに。

 

先生なら、自分のクラスから始められるのでは?

 

 

 

Risk taking(リスクを取ること)と英語学習、英語指導:その2

なかなか発言ができない、という悩みを持つ大人も子どももいる。

度合いがいろいろあるが、場面かん黙と呼ばれるものは、場合や状況によって発言どころか声さえも、実際に出なくなってしまう。

 

Improvisation(インプロ or シアターゲームとも言う)をやっていて思ったのは、こうした人前で「発言ができない」傾向のある人たちに、とてもよいトレーニングになるだろうということ。

 

icebreakerと呼ばれる種類のImprov.の演習(ゲーム)などは、文字どおり氷を解かす。

氷のように固まっている心の筋肉を、あっと言う間にほぐしてくれる。

Improvisationでは、

「失敗」というものがない環境づくりを心得たfacilitatorがいて、

何を言ってもYes, andと、肯定し積極的に、こちらの発言を次の展開に引用したり生かしてくれる。

こうしたandで話を繋いでくれるということが、おそるおそる発言した人には、とても自信になり、このことで緊張がほぐれて行く。

 

英語学習者の「発言」について考えてみる。

「発言ができない」人はさらに多くなる。

特に日本人に、この傾向が強いが、

「間違ったら嫌だ、恥ずかしい」

という気持ちが主な原因だ。

 

そのせいで、せっかくの「英会話」の時間を、聞くだけで過ごしてしまったりする。

パーティや休み時間の雑談の時間など、生きた「英会話」が学べる集いの場で、寡黙になって聞き役に徹してしまう。

わが身を振り返って、もったいない時間があったとつくづく思う。

 

こんな典型的な日本人の英語学習の傾向を、improvisationは変えられるのではないか。

近頃、強く思う。

わたしも、学生時代からImprov.を知っていたらなあ、と思う。

 

Improv.では、

「失敗」も「間違い」もない。

みんながそういう態度で接する場を作れれば、それまで発言がなかった人も、思いついたまま、文法などひとまずぶっ飛ばし、話し始められる。

その場を作れるのは「指導者」のみなさんだ。

 

親でも先生でも、まずは指導的立場にある人がはっきりと、「ここでは失敗はない」と伝え、実際にそうだと思ってもらえる行動をとろう。

 

それは、具体的にはこんなこと。

Improv.の方法でもある。

 

1.緊張をほぐす(日本語であらすじを言い合ったり、絵を見て勝手に話を想像して見たり、シアターゲームをしたり)

 

2. open questions(正解がない質問)を頻繁に投げかける

 

3.相手の発言を積極的に聞く(active listening)

 

4.発言を、Yes, andで繋ぐ

 

Yes, Andの参考映像。Improviserであり女優でもあるTina Feyが、分かりやすい例を挙げて説明している。(2:30あたりから)