大島英美のBLOG

「比較級も教えましょうか?」〜キッズブックス英語スクール

FAQならぬJust Asked Question(JAQ?)に答える。

You Are (Not) Small』を、スクールの親子クラス2つ(英語入門クラスと英語経験2,3年以上「べテラン」クラス)でリードアラウドおよび劇で演じるように役に分かれて読み合う、リーダーズシアターをしている。

英語入門クラスでは、本文中で頻繁に使われる
You are〜
I am/am not〜
に慣れること。

そして、
big/small
という形容詞の反対語の対を知ること。

これらが、最初の目標だ。

Youと言って、相手を指し、Iと言って、自分を指す。
そんなところから、英語が身体化したらいい。

「ベテラン」たちには、
You are〜が「あなたは〜だ」と意味していて、
I am〜は「わたしは〜だ」を意味していること。
文法で言えば、SVC の構文を学んで使えるようにと思う。

また本文にあるように、相手に「You are small」と言われてむっとした登場者が、
「I am not small. You are big.」
と言い返す。

その言い合いのニュアンスを掴むこと。

そして、チャレンジとしては、are を前に持って来て、後ろに ? をつけるだけで、
「あなたは〜なの?」
Are you small?

とたずねる文になることも、頭の片隅に滑り込ませる。

こんなことを、目標としている。

だが、先生たるもの、どん欲な生き物だ。
これだけじゃ、気がすまない。

「最後の場面で、もっと小さいのが出てきたり、もっと大きいのが出てくるので、smaller とか bigger とか、比較級も教えたらどうかと思うのですが」

と疑問というか、提案があった。

ふむふむ。
もっともな感じでもある。

でも、わたしの答えは…

4歳から7歳の生徒に、2~3回の授業で教えるのは、欲張り過ぎ。
なし!

ネイティブの同年齢層の子どもたちにも、そこまで求めない。

ここで比較級を教えようと思うのは、中学生から英語を集約的に学んだ、英語優等生たちには、とても自然な発想。
自然すぎて再考がないのかも知れない。

ここで考えるべきことは、教える相手の年齢。

脳の発達的に、smallにsmallerがあって、おまけにsmallestになる、という知識は整理がつかない。

英語圏の英語教育学誌で、三人称の単数、現在形のときにつく「s」についての考察を読んだことがある。

この「s」、日本の中学1年生には頭痛の種のひとつだが、ネイティブにとっても、これを身につけるのはかなり後、たしか小学校中学年以上になるという。
大きくなっても、平気で「s」をつけないネイティブもいることから、身につきにくい、難しい文法だと言われる。

これから推察するところ、比較級もしかり。

難しいかどうかは、英語ネイティブの英語文法の間違いを知るといい。

高校生以上のネイティブが使う英語でみられる英語の間違い、ずいぶんある。
それは、難しいから。

ネイティブもしっかり学ばないと身につかない文法的知識を、英語の非母語者であるわたしたちが、ましてや中学生にもならない子どもが、学ぶのはなかなか難しい。

英語の先生をしている日本人は、中学高校時代に英語の成績がよかったひとがほとんどだろう。
自分たちがしっかり心して学んだ比較級、最上級、不規則変化など、生徒たちに教えるのに力が入ってしまうだろう。

中学生になっていない子どもたちに、英語を教える場合、先生方は自分が英語を学んできた道を、いったん忘れた方がいいかもしれない。

子どもたちの英語の学び方は、どちらかと言えば、ネイティブの学び方に学べることが多いようだ。

大島英美のBLOG

ある先生からの質問〜リードアラウドで絵本は一人一冊必要?

リードアラウドを始めて間もない先生から、こんな質問がきた。

リードアラウドに使う絵本についてお聞きしたいのですが、
キッズブックスのブッククラブ)配本は、英語初心者さんには負担が大きく、
アマゾンなどで単品購入は在庫があったりなかったり・・・
なんだか難しいです。
なんとかあまり負担にならない方法を考えたいのですが、
基本的に一人一冊持たないと、難しいですよね…。

先日のブログにも書いたように、リードアラウドは、自分の本を持ちみんなで読んでから、家に帰って家族と何度も親しむところまでが、1パッケージになっている。
家庭で家族と一緒の取り組むことで、英語の楽しさや英語絵本を読む楽しみを子どもに感じさせ、英語と本への興味を喚起する。

ただ、場合によっては、一人一冊ではなく借り物でもいい。
ある公立小学校では、全員に行き渡る数のリードアラウド用絵本を購入し、文庫化して貸し出した。
同様に、英語塾なら、教室で人数分揃えて生徒に貸すという方法もあり。
それなら生徒側には負担にならない。

日本で、英語の名作絵本を蔵書にしている家庭はなかなかないだろう。
そこで、絵本を教材として買っていただいて、実はこんなに楽しめるということを、実感してもらうのも意味があるのでは?
一冊千円位のペーパーバック絵本を、三回くらいのレッスンで使えば、負担感はだいぶ減る。

北米の英語教育者の研究では、自分の本を所有することの喜びが、読書好きに繋がり、国語(英語)力がアップするということが通説になっているようだ。
リードアラウドの指導者の役目は、英語絵本のよさを知ってもらうこと。
そして、絵本を家庭でも活用してもらうこと。
そのためにも、リードアラウドとはなにかをしっかり認識して、朗読と指導の力を付けていこう。

大島英美のBLOG

リードアラウド指導研修〜FAQ(よくある質問)

リードアラウド指導研修では、いろいろな質問や疑問をぶつけられる。
共通するものも多いので、いくつか拾ってみる。

Q1:先にページをめくってしまう子どもがいる。

A:先のページを見せる。
ただし、「このあと、どうなるか見てみようか」と、参加者全員にはっきり呼びかけてから。
だらだら見せず、1分以内で終える。「はい、そこまで!」とメリハリをつける。
また、最後に特別なお楽しみが隠されている場合(例:『A Dark, Dark Tale』)は注意。
見せるのはオチの直前まで。「この先はダメ!」とさらに興味をかき立てる。

Q2:緊張をほぐすために、自己紹介をしたい。

A:リードアラウドの時間を使わない。
開始の5分前に会場(教室)へ出て、普段の声・口調で子どもたちと話をする。これが双方リラックスするコツ。
名前や年を尋ねるのもいい。自分の名前は、主催側に紹介してもらうか、挨拶にまぜる。

Q3:子どもが途中で飽きてしまう。

A:
(1)同じパターンを3回以上続けない。
・強弱つけさせるとか、二拍子の間とか、声の高低で面白がらせるとかいったことが続くと飽きる。おそらく2回が限界。
・全員で読んでいたものを、ひとり、ペア、グループで読ませる。
・Yes/No、5W1Hの質問を混ぜる。
・読む速さを変える。「tongue twistersみたいに読んでみようか」と早口にしたり、ついて来られなそうな子がいたら(そのことは指摘せず)、「ゆーくりゆーくり言ってみようか」など。
・思いがけない人に振る。「お母さんにもやって頂こうか?」「○○先生にも?」

(2)動作させる。
・Yes/Noの質問をして、Yesの子どもに手を挙げさせる(または起立させる)。
 挙がった手(立った)数を数えさせる。
・絵本に描かれた動作をさせる。
『Orange Pear Apple Bear』の最後でクマが「There!」という場面なら、実際の壁や柱の影から顔を出しながら、お茶目に言わせてみる。
指導者が率先して大げさ気味にすると、子どもたちはすすんでやるようになる。

(3)発問、発問、発問!
・「この服は青いね」と言ってしまわず、「あれ、これは何色?」「何色の服?」。
・「上手だったね」と語尾を下げて言わず、「上手だった?」「どう?」と語尾を上げて尋ねる形にする。
・「○○先生にもやっていただこうか?」。そして「先生、上手だった?」など。
・問題に答えさせるだけでなく、同意を求めたり、提案をさせたりする。
・特に正解がない質問では、正解がないことをはっきり言う。(萎縮気味の参加者が、間違うことを恐れないように)

A Dark, Dark Tale

Orange Pear Apple Bear

大島英美のBLOG

質問「ワークショップ参加期間どれくらいで、リードアラウド開講の力がつく?」

「FAQ」ではないが、きっと実はみなさんも聞きたいと思われる質問が寄せられた。

「(指導者向けである)絵本リードアラウド・ワークショップを受講してから、どれくらいで、自分で市民講座など開講出来るレベルになると、お考えでしょうか?」

答え:
もちろん個人差はありますが、
ざっと、以下のパターンを考えてみました。

1.同時進行型=ワークショップ受講しながら、自分でも開講

お勧めではありませんが、
ドキドキ、ヒヤヒヤ、反省点だらけというストレスが、かえって力になる人で、かつ「他力本願」でない人(努力家)なら、ワークショップ受講しながら、同時に講座を開講してしまう、という可能性もあるでしょう。

とはいえ、ワークショップ最低2回の参加と、典型的リードアラウド(模擬や子どもを交えた実際のもの)を3回は経験は必要でしょう。
(わたし自身はあまりストレスに強くないので、「失敗」が怖い。
失敗が尾を引き進歩の足を引っ張りがちな人は、早急な「デビュー」は控えたい)

2.標準型=「絵本リードアラウド・ワークショップ」10回受講後

ワークショップは、1ヶ月間の練習期間を空けた10回連続講座。
最後の回は発表会で、厳しい仲間の目前で朗読や指導します。
力が飛躍的につく経験して欲しい機会です。
対象生徒の年齢やレベル、本のタイプなど、現実的なバラエティを経験できるカリキュラムで、レパートリーも余裕を持てます。

また、学んでいるこの間に、お金をとらない仕事で力を付けられます。
(文字通り現金なもので、ボランティアの間は、みんなが優しく、失敗もストレスにさほどならず、経験がそのまま力になります)

3.慎重型=2年目のワークショップ受講しながら開講

1年10回受講後、2年目にプロとして講座を開講しながら、同時進行で2年目のワークショップを受講しスキルアップする。
この位の慎重さで初めて、講義にも自信がでるかなと思います。

大島英美のBLOG

リードアラウド/朗読者のFAQ「ミドルボイスとは?」

アメリカのボーカル・コーチ、Roger Loveが唱えているのが、「middle voiceを発見し、それを育てなさい」。
リードアラウド、英語絵本朗読のワークショップで、このLove式トレーニングを紹介し実践している。

声には、
chest voice
middle voice
head voice
がある。chest voiceは地声で、強い声だ。
そして、高い声を出すと、それがhead voice。
頭のてっぺんから出したようなイメージの声のことだ。

Loveが言うのは、そのchest とheadの間の声、middle voiceの存在。
存在に気付いていない人、使っていても弱い人が多い。

そこで、声のプロになろうと言う人なら、このmiddle voiceを発見し強く育てればいい。
head voiceで出せない強さを持ち、chest voiceではカバー出来ない高さがある声。
それがmiddle voice。
これを得ることで、楽に、張りのある、説得力のある声が出せるようになる。

実際に、middle voiceはコレ、というのが、Love 自身の声で聞ける。
このsoundcloudというRoger Loveのサイトの「Making Middle Sound like Chest Voice」
(ミドルボイスを地声のようにする方法)
で、どうぞ。
本は、コレ