大島英美のBLOG

「大きいお友だち」は驚いた@ブックハウスカフェ~リードアラウド研究会

神保町の新生ブックハウスカフェ
で、新生第1回目のリードアラウドがあった。

わたしが「大きいお友だち」と呼ぶ大人の参加者と、子どもたち「小さいお友だち」とその親御さんが一緒に、『No David』をリードアラウドした。

Davidが、あれやこれややんちゃをして、その度にお母さんに叱られ…
という、小さいお友だちにも身近かなテーマで人気の一冊だ。

何度やっても、この本は楽しい。

それは、子どもの発言が、自分を含めた大人の常識的で表面的な疲れた頭に、刺激を与えてくれるから。

「どうしてここで、叱られちゃうんだろう?」
などと、子どもの考えを場面場面で尋ねる。
答えが楽しみなのだ。

でも、ちゃんと指導者としての頭と技も使っている。

まず、子どもの口を自然に開かせる空気作りだ。

                    ↓

リードアラウド開始前のちょっとした会話と、
リードアラウドの約束をするイントロでの、ウォーミングアップが重要。

この本なら、金魚鉢をひっくり返しそうなデッビットを見て「どんな声をあげる?」と尋ねて、日本語でいろいろ話させる。
重要なのは、指導者本人が本気で、
「や、やめて〜水がこぼれるっ!」
と迫真の声をあげること。

ここで、みんなに「キャ〜〜〜」など大声を出させること、など。
まず、一回は大きな声を出させる。

デッビッドが目の前で、危ないこと、困ったことをしていると思って、指導者から本気のエネルギーを出す。

すると、子どもの目の中に、ゆらゆらと子ども魂が揺れるのが見てとれる(緊張が緩む)。

叫ぶでも、跳ぶでも、走るでも、身体を動かせると、子どもにエンジンがかかる。

さあ、そうすると、出るわ、出るわ、発言が。

                    ↓

口の中にたくさん食べ物が入っているのを、デッビッドが大口を開けて見せる、という場面がある。

「これ、なんで叱られるの?」

と尋ねたときのこと。

4歳と6歳の答えは、意外だった。

「よく噛んでないから、身体によくない」

「チキンの骨が喉にひっかかって危ない」…

そうだったのか!

エチケットという感覚は、まだ難しい年頃なんだ。

人が気分悪いとか、行儀が良くないとか、まず相手の気持ちを考える回路が未発達なうえ、行儀なんて、人間が最後の方に獲得する文化に関わることで、これもまだ未発達な年頃には、思いも寄らないのだ。

いやあ、学びます。

発達途上のヒトを知ることは、ヒトの全体像を知ることに繋がる。

こうして「大きいお友だち」はヒトを学ばせて頂くのだが、

「小さいお友だち」は?

ご安心を。ちゃんと、こんなことを学ぶ。

何度も叱った後にまたまた困ったことをされると、ママやパパに

「That’s enough!」

と英語では言われること、

お風呂のあと「脱走」すると、ママたちがあわてて

「Come back here!」

と叫ぶこと、

うるさすぎると

「BE QUIET!」

と叱ることなど。

リードアラウドでは、大きい人も小さい人も学ぶことが山盛り!

(次回のブックハウスカフェでのリードアラウドは、7月9日。予約、問合せはブックハウスカフェまで)

大島英美のBLOG

手塚治虫のおかあさん~今朝の天声人語から

今朝、6月14日。父の誕生日の翌朝、父のことをこの記事で思い出した。

(天声人語から)

手塚治虫は幼いころ、母親から漫画の本を読んでもらっていた。親が子に読み聞かせをするのが今ほど一般的でなかった時代である。

しかも、その読みっぷりが傑作で、登場人物の声色を使い分け、面白おかしく演じてくれた

そう、わが父もわたしが幼い頃、たまの休みになんだか面白おかしく本だったか、まんがだったか(手塚治虫の大ファン)を演じながら読んでくれたっけ。

絶品は、動物のまね。
その動物になって(しゃべるはずないのに)しゃべる。

東北の訛りを直すために、東京で医大に通いながら演劇活動をしただけある。
東北訛りもない「東京弁」での熱き語り。

「おとうさんにとって、東京の言葉は君が英語を学ぶくらい難しかったんだよ」

父の「第二言語」による読み聞かせ。

リードアラウドの源泉かも。

大島英美のBLOG

クラスでのアクティビティについて〜キッズブックス英語スクール

スクールでの授業は、個別授業の10分を抜かすと60分間だ。

大人の60分間と違って、子どもにはこの60分間、じっとしているには、たまらなく長い。

「大人しく」という漢字も、大人のようにという意味だ。

子どもなのだから、普通は無理。

無理させている状態では、せっかくの英語や本の楽しみが頭に入らない。

そこで、スクールでは積極的にアクティビティを取入れている。
しかし、ただ学習内容とは関係なくする息抜きではない。

リードアラウドをより効果的にする、英語とコミュニケーションの力になる、シアターゲームというものをしている。

ここで、改めて、それがどういうものか、ご紹介する。

(1)シアターゲームとは

もともとは、俳優の即興力を高める演習として行われたもので、improvisationとも呼ばれる。

こうした演技指導に定評のあったViola Spolinが、1980年代頃から演劇人だけでなく学校などでの子どもの教育への応用を提案。

theater gamesと呼び始め、教育界にも広まった。またimprovisationは、演劇やコメディだけでなく社会人の研修へと、すそ野を広げている。

(2)リードアラウドなど英語学習のアクティビティとしてのシアターゲームの効果

1)先生と生徒または生徒同士が繋がる、緊張がとれる→双方向型授業の土台作り

2)コミュニケーション力と表現力がつく→Fluent readersへ(リードアラウドの目標)

3)元気が出る→声の小さな子ども対策

4)集中力が出る→飽きている子ども対策

5)即興力が直感力がつき、英語が身体化する→遊びのように楽しませる

6)自己解放できる

大島英美のBLOG

シアターゲーム取入れてみました!〜N先生の報告

先日のシアターゲーム・ワークショップに参加、すごく楽しそうにしていたN先生。

やった!

自分のスクールでの、盛り上がったシアターゲームの様子の報告が届いた。

早速、シアターゲームを取り入れてみました!!!

①Alien, Tiger, Cow ゲームをRabbit, Zebra, Tiger にして。

②Let’s Play (Yes, Let’s!)ゲームのGesture game

どちらも大盛り上がりでした。子供たちが順番にCallerになれることが楽しさの秘密でもありますね!

オモシロ男子、Look down! だけでなく、手をあげて~、ピカチュウの目をして~(???)、ジュウ!マン!ボルトー!(One, two, threeはどこへ?)妙なタメを入れてきました。次回はそこも英語で言ってもらおう!と思っています。

先日ちらりとお話した、ゲーム好きなのにゲームで負けたら泣いてしまう彼ですが、
勝ち負けのないかつ楽しいゲームでしたので、超ごきげん。

また女子も八つ当たりされることなく平和に!幸せにレッスンが終わりました。ありがとうございました!!!!!

3月からのRAも楽しみにしております。

「勝ち負けのないゲーム」が、必要な子どもたちがいます。
そんな子どもの楽しめるのも、シアターゲームのよさだと、再認識しました。

N先生、どうも報告をありがとうございました。

(シアターゲーム・ワークショップの次は未定。
でも先生方のリラックス時間、当意即妙のための演習も兼ねて、またいつか!
種類がたくさんあるので、種は尽きない)

大島英美のBLOG

シアターゲーム:Word Ballと英語〜キッズブックス英語スクール

スクールのレッスンに100以上あるシアターゲームから、これはというものをアレンジして取り入れている。

2016年度の「ヒットゲーム」はいろいろあるが、1つ挙げるなら、Word Ballゲーム。

いろんなバリエーションがあるのだが、簡単に言えば、ボールを投げるときに言葉も同時に乗せて、相手に渡す。

受け取った人はすぐに、同様に言葉とボールを次のひとに投げる、というもの。

このゲームの効果を考えてみる。

・ボールを投げながら言葉(英語)を言うので、じっくり考えている暇がない。

そこで、反射神経的に、とっさに、英語を言うようになる。

→実際に世の中で英語でコミュニケーションを取るには、この「反射神経」が必要になる。

とっさに言葉が出なければ、コミュニケーションが滑らかに行われない。

・だれか対象を決めてボールは投げるもので、自然とその相手とアイコンタクトをとる。

会話するときの日本人に多いくせ、目をそらしたり宙を見たりをしていては、ボールがうまく渡せない。

言葉も同じだということを、身体が知る。

この練習で、言葉を伝えるときにアイコンタクトを取るということに抵抗がなくなる。

・座学ではないので、クラスに活気が出る。

・楽しいので喜んでやる。繰り返しも嫌がらない。

などなどいいことが、たくさん。

これからも応用して続けて行こうと思うが、今朝目にした、ある俳優入門書の紹介で、このゲームと通じることが書いてあった。

その本の作者、俳優の西村雅彦さんが言う。

「現代では多くの人の会話はちゃんとした言葉のキャッチボールになっていないのではないか。

相手の言葉を受け止めずに自分の話をしているだけとか。」

ということで、ピンポン球を相手に渡しながら話しかける、というメソッドで練習することが紹介されている。

実際にこのメソッドを体験した取材記者の弁:

「見えないはずの言葉が可視化され、しっかり届けようと意識できた。」

Word Ball ゲーム、考えた人、恐らくImprovisation の祖、Viola Spolinだと思うが、コロンブスの卵くらい素晴らしい発見ではないかと思う。

子どもには「お遊び」に見えて、実は奥の深いそして、本質的で効果の上がる演習。

リードアラウドにぴったりの演習である。