子どもは優れた「出題者」:「Yes, and」で答える〜キッズブックス英語スクール

指導者(先生)には柔軟性が求められる。
子ども(生徒)を受け入れる力だ。
その具体的な力として、最近とみに思うのは、「Yes, and」の精神の重要性と実用性。

スクールでリードアラウドを継続してやっていくと、一期一会のイベントでは現れない、子どもならではの難しさが出てくる。
慣れからくる親しみの表現の一つだろうが、無理難題を投げかけてくるのだ。

「いやだ、この本読まない」
「Ned(『Fortunately』の主人公)嫌い!」
「答えもう全部知っている」などなど……。

しかしこれ、
『絵本リードアラウド認定講師講座』的にいうと、生徒から先生への発問なんだと気付いた。
生徒様様じゃないか。

指導者向けのワークショップで、発問する役を受講者の大人たちにふるが、なかなかすらっと質問は湧いてこない。
なのに、子ども(生徒)ときたら……。
無理難題、いやいやチャレンジングな問題を発してくれるじゃないか。
指導者にはありがたい、「Yes, and」の濃〜い演習の場である。

伝統的な先生と生徒の関係だと、発問するは先生で、生徒は答えるもの。
例えば、「Nedは嫌いだ(ったらどうする?)」と生徒が発言したら、
先生は迷わず「そんなこと言っちゃダメ(No)」と言うものだった。

リードアラウドの指導者はこれをしてはいけない。
代わりに、「Yes, and」するのだ。
生徒:「Nedは嫌いだ(ったらどうする?)」
先生:「そっか(Yes)。それじゃNedのどんなところが嫌か見ていこうか(ここで疑問を投げかけないのがand。嫌いを受け入れる)」
Nedが嫌だというこの生徒は、どういうところが嫌なのか、ほかの生徒と一緒に本をめくりながら見ていく。
これがandでつなぐ発展ある進め方のひとつ。

「もう全部、答えを知っている」という生徒もいるだろう。
こういう場合、無視する先生もいたと思う。
よくて「みんなでやるのを待ちなさい」か。
特に日本では、
ほかより目立つことを「でしゃばり」とか、
知識をひけらかすものを「目立ちたがり」とか、
否定的に捉える文化の傾向が強い。

そこを、「Yes, and」の精神でとらえてみる。
先生:「わあ、すごいね(Yes)。分かっちゃったの。じゃひとつずつ問題を出す人になってよ」
と、生徒を出題者にさせるのはどうだろう。
これなら、答えが分かっている生徒も飽きないし、ほかの生徒も学ぶ機会を失わずにすむ。

子どもの指導の場にいて、指導者の敵は、自身がこれまで受けてきた教育の習慣からくる思い込みだ。
「Yes, and」に反する習慣が、自分に染み付いているのではと、疑ってみよう。
例えば、自分の指導計画を邪魔するようなことを生徒がしたとき、反射的に不愉快になっていないか?
そういう生徒を、「困った子」だと思わなかったか?

ダメダメ。
こういう生徒はありがたい。
「Yes, and」の精神が活かせるじゃないか。
ただ従順に、質問もなく座って聞いている(ように見える)生徒ばかりでは、指導力が伸びない。
学びも型通りになってしまうかもしれない。

生徒の皆さん。
同意できないことがあったら、待ったをかけてOK。
その「待った」は、幼稚さゆえというものもある。
でもそれがだんだん発達して本質をつくものになっていくのを、楽しみに待っているよ。

先生たちも、逃げずに!
「Yes, and」でどこまでも受けていけるよう頑張る。

Fortunately

キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース(体験レッスン)

言いたいこと、メッセージがない!〜キッズブックス英語スクール

今朝の新聞に、小学6年生と中学3年生約200万人が受けた2017年度の全国学力調査の結果が発表されていた。

 

思考力を問う問題の正答率が低かったことが、話題になっている。

 

その手の問題を前にした受験者の声が聞こえてきそうだ。

 

「かったるい」

 

なんだかこの頃、みんな面倒臭がり屋だ。

 

我がスクールの担当科目は英語。

受験の英語でのスピーチ指導をすることもあるが、

先日ブログに書いた作文(ライティング)の問題と同じく、

英語指導する前に、

その生徒の言いたいこと、メッセージ探しを手伝う必要を感じる。

 

日本の受験で、どれほど「メッセージ」の中身を問うか知らないが、

少なくともアメリカの大学受験では、その生徒の熱意というか、伝えたい中身が重要だ。

 

そして、本当の評価はそうあるべきだと思う。

 

三人称のsが抜けたとか、時制が違うとか、上等な構文を使うとか、そういうことは全く二の次だろう。

 

言いたいことがない、

という生徒でも心の中にも、実はメッセージがあるのだが、

それを言うのが面倒臭い、と思ってしまうのだろうと思う。

 

そう育ててしまった、今の社会に問題があるのじゃないか。

 

社会として、聞いてあげる、話を肯定的に受けてあげる。そんな余裕がない。興味がない。

 

そして、聞きはしても質問を挟んだり、相手のメッセージを踏まえて自分なりの理解を語ってみたりする、積極性が社会や大人にない。

 

一歩、踏み込んだ対話、それが少ない。

 

語りたくなっても、相手が面倒臭そうだと、語れない。

 

語り合いで、さらに「言いたいこと」が湧いてくる。

語り合いの場がなさすぎて、湧いてもこないのか。

 

生徒自身に「言いたいこと」が湧いてきたら……

 

英語指導者として初めて、

英語スピーチやら「ライティング」の手伝いができる。

 

 

読書、英語でも日本語でも〜キッズブックス英語スクール

小さい頃から好きで、今も続けているものは、読書。

学生時代と比べるとお恥ずかしい読書量になってしまった今日この頃だが、時間があるとなれば、やはり読書に没頭したいと思う。

 

その読書、英語でも日本語でもいいのだが、何に役立つのか。

 

 

今日、薄いおかゆを作っていて、ふと浮かんだ思いに、ちょっと驚いた。

 

「ごはん粒の少ないおかゆでも、ありがたいなあ」

 

「つくづく思う」という感覚だった。

 

でも待てよ。

そんな、米粒がたくさん入った重いおかゆが食べられないわけではない。
好きで薄いのを作っているのだが?

なんだろう、この反射的に浮かんできた「ごはん粒があるだけ、豪華な粥」という思いは。

 

高度成長時代に育った私が、米粒いっぱい食べたいのに食べられなかったという経験はない。

 

このありがた感は、なぜ?

 

 

思い当たるふしがあった。
 

本で読んで知った感覚。

 

終戦間近の日本の食卓についての記述を、あちらこちらで読んだのだ。

多分、小学5、6年生の頃の、戦争文学や手記など濫読時代に。

読書による「疑似体験」だ。

 

また、別の折の別の感覚。
薄いお茶を飲んだ時に湧いた感覚がある。

 

「色があるだけありがたい」

 

ん?

 

この感覚は、

 

パールバックの『大地』三部作を読んだ時に記憶されたに違いない。

 

この本を、仮性近視になるくらい夢中になって読んだのが、中学生のある夏。
このときに、なぜか染み付いた極貧中国人農奴の、お茶のイメージだ。

 

極貧の主人公一家が、お茶の葉も満足に買えず、白湯に近い薄いお茶を土間で飲むという場面。

自分の経験のように浮かんでくるのが不思議だ。

 

本当の経験と、読書での経験の区別がつかなくなったら、ちょっと別の意味で心配だが、

 

幸いまだ、とっさに浮かんだ感覚が、実の経験からなのか読書からなのか区別はつく。

 

ということで、

読書の一つの効用は、

 

多くを実際に経験するには人生が短すぎるところを、疑似体験させてくれること。

 

私自身、没頭して読むタイプだからか、

そんな実体験と間違えそうな読書による疑似体験の記憶が頭に、いっぱいあるらしい。

 

朗読などで表現を考える場合、無意識にそんな記憶の引き出しが開いて、場面が見えてくる感覚がすることも多い。

 

これは、自然な表現をするために、とても助かる。

 

近年は、読み続けたおかげか、英語でも読書が楽しめるようになった。

 

翻訳を通さない生のイメージが加わり始めた。

 

例えば、50~60年代のアラバマ州へ行けるわけでも、行ったわけでもないのに、かなり鮮やかな、当時のアラバマのイメージがある。

 

これは、

To Kill a Mocking Bird と、

 

同作者による、最近発見され出版された続編

Go Set a Watchmanを、耽読したせいだ。

 

よく「読書が人生を楽しくしてくれる」とか言うが、

読んでいる最中だけでなく、

その後に、読書から生まれたイメージが頭に残り、

様々な事実を目の当たりにした時にそれが蘇り、深層的に考えたり、味わったりできることがなんとも楽しい。

 

具体的には、

香りも色もあるお茶をいただけた時の味わいは、お茶も買えない革命前の中国の農奴の飲む白湯っぽいお茶(の疑似思い出)と比べて、ありがたさが違う。

 

読書さまさまだ。

子どもとの対話でも大切な「Yes, and」とは〜キッズブックス英語スクール

大人が子どもと対話する、会話するときに、子どもの成長にとても大切な鍵がある。
「Yes, and」で話に応えること。
リードアラウドでは、指導者にこの姿勢と実行の徹底を学んでもらって、子どもとの授業では
子どもに活発に発言させて
対話を中心に
「教え込まない」
で、
まずは絵本を
そして英語を楽しませることをモットーとしている。
指導者だけでなく、親を含めて子どもに接する大人はみな、このことを知っていて欲しいとも思う。
リードアラウドのベテラン指導者でも、ときにせっかくの子どもの発言を、Yes, andでつなぎきれていないことがある。
 
先日『My Little Sister Ate One Hare』を、ふたりのリードアラウド講師が、子どもたちとリードアラウド。
何ページか進んだところで、本に描かれた主人公が着ているコスチュームを見て
「あ、roosterのかっこうをしている!」と少女。
 
ひとりの先生は、もうひとりのほうを向いて「お願い」の目線?
目線を送られた先生は、
「roosterか…」。
時間は押している。
(さあ、どうしよう)
(もうひとりの先生、助け船だしてくれないのか?)
などの、戸惑いが「……」
と歯切れの悪さに現れる。
ここは、反射的にそしてはっきり
「そうだね!」
とまず応えたかった。
Yesは、すぐにはっきり言うこと。
それからandで繋ぐ。
こんなのでもよかった。
「Little sisterが、ほんと、なぜかroosterみたいな、オンドリみたいな格好しているね。よく気づいたね。
rooster、オンドリってよく知っているね。
このニワトリ、オスかもね。」
少女は、「henかな」とも発言。
これにもこうすぐさま応えたかった。
「ああ、そうそう。メスのhen かもしれない。ニワトリのメスはhen、みんなも『hen』!」こうして他の子と知識をシェアする。
それが、少女の発言を先生が、
active listening
したということ。
シェアしたことが、and の役目を果たす。
また、さらに本の筋と繋げるこんな and も続けられる。
「なんでroosterまたはhenのかっこうをしているんだろう?
ニワトリたちは何を食べるの?」
そして「ミミズ!」などの子どもの声を待つ。
それから、
「そう!ミミズ、wormsだね。ほら食べている!」
 
と、本文に繋ぐ。
 
子どもは、大人が自分の発言を聞いてくれる、受けてくれる、参考にしてくれる…そういうことが、誇らしく嬉しい。
そして、その誇らしく嬉しい気持ちが、さらなる学習や読書の
動機付けになるのだ。

失敗しても笑える環境:Improvisationクラスの愉快な仲間たち

「出不精」「引っ込み思案」の自分に鞭を打ち、improvisationの本場でクラスを受講。


今年で3年目になる。

(「出不精」「引っ込み思案」にカギカッコがついているのは、自分のなかでは、という意味。外見はそうではなさそうに思われていそうなので)

クラスは2時間、warm-upのゲームから始まる。

この日に行った、ひとつのゲーム。

どうもわたしの反射神経がついていけない。

笑ってしまうほどできないのだ。

 

擬声音+方向を示す異なる動作を3つ、ひとりずつ順にして指された方向にいる人がそれを受け、次に別の動作をするというもの。

単純だが、だれが指されたか、次にどの動作をするか、てきぱきしなければならない。

 

間違えると、輪を一周しなければならないのだが、輪を回ってばかり。

これがみんなに大ウケ。

ウケねらいでもないのに、わたしもゲラゲラ、お腹を抱えて笑いながら回る。

 

また間違えるのを見たいらしく、よく当たる(ような気がする)。

 

みんなで大笑いで終わったとき、ひとりの若者がわたしにhigh five!

That was great! だって。

そして拍手。

 

これだね!

「失敗」「不出来」という後ろ向きな発想は捨て、現状を受け入れる。

これができない場面もあるが、学びの場はいつでもこうでなくちゃ。

 

このspiritが、日本の多くの環境にももっとあれば生きやすいのに。

 

先生なら、自分のクラスから始められるのでは?