大島英美のBLOG

リードアラウドがインプロに学べること@The Brody Theater

IMG_07885月にはインプロの「メッカ」、シカゴのThe Second Cityでめくるめく即興のやりとりを、ぽかんと口を開けて見た。

そして先日は、ワークショップ生の特権として、その母体であるThe Brody Theater でのショー、時事ネタを即興劇にするPOP!を無料で見た。

週末の夜、10時開演。
少々、わたしには夜更かしだったが、徒歩圏、時事ネタ、無料、三拍子そろったのに誘われた。

小さな劇場で、30人ほどの観客。

入場料はシカゴでの半額程度、8ドル。

バーがついていて、飲み物を注文して適当な席に座る。

異性同士、同性同士のカップル、女友達、インプロ研究生風、同業者っぽい人などがいる。

10時。
張りのある声の50代(?)の男性、リーダー格の人が挨拶。
続いて4人が舞台に出て来た。

20~30代の、体型的キャラ的にかなりばらばらの人たちだ。

この日のインプロヴィザーはこんな感じの人たちだった。

1. 大柄中肉の中年男性

2. かなり小柄でやせ形の若い男性

3. 小柄でお腹が張り出した中年に近い男性

4. すらっとしてスタイリッシュな若い男性

5. 大柄でブロンド短髪、スカート姿の若い女性

この時点で、このでこぼこ5人組、すでに面白そう…。

 

[学べること]

体型や雰囲気の違いは観客を引き付けるひとつのツールになる。

背が高すぎたり低すぎたり、身体が太かったり細かったりという人たち、若者のなかの年配や、年配のなかの若者が、よく目立ってプラスになる

 

最初にリーダー格が、観客に時事ネタのお題を求めた。

客席から、「トランプが副大統領候補に指名したMike Pence!」の声と、続く大勢の拍手で、決まり。

「Mike Penceの情報を挙げて下さい」とリーダー。

観客は、「女性関係」「インディアナ州元知事」など活発に発言。それぞれに「いいね、そうしたら…」と、もちろん「Yes, and」で受答え、インプロの真骨頂だ。

「じゃ、これらの情報を使ってやります」と、即興劇の始まり始まり。

トランプ大統領候補のいいそうなこと、副大統領候補とのありそうな(?)会話、トランプさんの笑えるツイッター、想像上のペンスの「母」なども登場させていく。

状況がどんどん作られ、あっという間に別の登場者に代わったり、別の場面に切り替わる。

 

[学べること]

・いつ自分が他の登場者に代わって、状況を変える「ツッコミ」をするのか。

そのタイミングの測り方とつっこむときの緊張感は、リードアラウド指導と似ている。

・つっこまれた方は、それまでしていた会話を即座に、新状況に合わせなければならない、というところも似ている。

 

5人、見事なチームプレーだ。

ちょっとはずれたな、くどいな、と思える瞬間に、仲間が入る。

かなりリーダー格が飛び込み、場面や会話を生き返らせた。

リーダーが救った、とわたしのようなほぼ素人にわかるのは、他の出演者がまだ年季が足りないということなのかもしれない。

だが観客には、おかげでいい緊張感が続く舞台となり、大変よろこばしい。

 

[学べること]

リードアラウドをしにきた子どものために、一番大切なのは彼らを退屈させないこと。

指導者チーム内の協同が計画したようにバランスよくいかなくても、それは内部のことで、より上等を求める次の段階。第一段階では、外部、つまりショー(指導)を面白かったと思ってもらうようにすること。

 

状況を変えた瞬間のエッジが鋭いときに、より笑いが誘われるのが見て取れた。

割って入った新登場者のキャラが立っていることや、

示される状況が手に取って見える身体の動きとか、

会話の内容自体の的確さなど、エッジが立っているのはさすが。

[学べること]

・リードアラウド研修生にありがちなのが、もあーっとした進行だ。

発問や、子どもの発言への応対に、エッジが効いていないこともしばしば。

いいことを言っていても、発声が不明瞭で聞こえなかったり、おずおずしていたり、自信がなさそうだったり、思い切りが悪い。

照れないこと。

ひとつの題で30分弱、即興劇が続く。

そのなかで、数分ごとに登場者、状況、場面が変わるが、何度か「デジャブー感」(いつか見たぞ?感)がわき、それでまた笑える。

一度演じた登場者や、状況をもう一度わざと持ち出すのだ。

一度目でしっかり印象づけて、面白がらせてあるので、観客はそれが再び形をちょっと変えて出てくると、大ウケだ。

 

[学べること]

繰り返しの面白さ、よく研修生が言う「しつっこさ」の妙である。

相手が幼いほどウケる。

大人を相手にしているときは、いい加減にしないと飽きられたり侮蔑さえされてしまう、毒を含んだ芸だが、これがないと盛り上がらない。

 

ワークショップでも気づいたが、インプロのひとつの特徴は、チームに協同精神を育むということ。

だれかが突出して目立つとか指導力を示すという方向性はない。

「リーダー」と仮に呼んだが、その人がリードしているのではなく、「サイドコーチング」しているとインプロの世界では言う。

調整役とでもいうのかもしれない。

彼らの舞台を見ていて、過剰な自意識のようなものはまったく感じない。

誰かが場面や会話をつまらない方向に向けそうなときに、「そんなのダメだよ」という態度は感じない。

「そうきたか」とか「それもありだね」という態度で受けて、次に発展させる。

この日の舞台に立った5人も、チームとして「Yes, and」の精神なのに納得。

 

 

 

 

 

 

大島英美のBLOG

Improvのワークショップ参加記最終回@Curious Comedy Theater

Improv2015Julyあと3回残して、わたしだけ最終回を迎えたインプロ・ワークショップ。

週に1回、たった2時間だったが、インプロの「副作用」で13人の仲間がとても親しくなった。

名前を覚えることの大切さを思う。
warm-up ゲームで名前を反射的に言い合うなど、実に効果的。

始まるまでの時間、そして始まってすぐの時間は、その週にどんないいことがあったかを語り合う。

「小学校の先生をしている母が、60年代UCLAでインプロ研修を受けたことがわかって、驚いた」
というひとりの話に、わたしは驚く。

60年代から、すでに小学校の先生の指導力に効果的だと、インプロのプログラムがあったのか。
ただ、それは革新的なカリフォルニアの、おまけに先駆的な挑戦をする(わが母校)カリフォルニア大学でのことだが。

4回目のワークショップ。
この日は、インストラクターのケイティさんの指導を評価するために、上司が教室を覗くというので、ちょっと彼女が緊張気味(「A判定をもらわなきゃね」とのこと)。

warm-upで興味深い発見。
1.2つのグループに分かれ、それぞれランダムに歩き回り、相手方のひとりひとりと出来るだけアイコンタクトをとる。

これは、まあ、もはや仲良しになったわたしたちには、オチャノコサイサイ。

問題は次。

2.同様にランダムに歩き回るなか、1グループは相手方とアイコンタクトをとろうとする。だが相手グループのメンバーはなるべく視線を交えないようにする。

これが、ひとりを覗いて全員が、「難しい」と嘆くのだ。
違和感が強くて、ストレスだとか。
難しいと感じない「ひとり」は、いったいだれ?

…日本で、日夜そういう違和感で訓練されている(?)わたしに他ならない。

渋谷の大交差点など大勢がランダムに歩いているような環境で、かかわりを避けるように、目を見ないで歩き回る…ようなことを、いつもしているのだから。

この文化の違いを発言しようとしたが、クラスがその話で盛り上がって、時間をとってしまいそうで、口をつぐむことにする。

このゲームの目的はもちろん、周囲によそよそしくするのを上手に、というわけではなく、アイコンタクトの大切さを学ぶこと、なのは言うまでもない。

emotionsの表現復習の後、今回の新ゲーム。
ふたり組で演じるシーンのニューフェース。
隠された、相手の地位の高低(トランプの札で示される)を、互いに探りながら演じる。
これはインプロだけでなく、社会的動物としての自分というものを考えさせられるもの。

わたしが引いたのはKing。
わたしの上には、エースしかいないわけだ。
確率が低いから、わたしはすっかり王様気分で演じ始めた。

与えられた場面(シーン)は、airplane。

大きな態度で、相手を顎で使うファーストクラスの乗客。
これをのっけから演じて、大いに受けていたが、どうも相手の様子がおかしい。
やけに、正義感のようなもので、叱ってくるではないか!
待てよ?

ジャーン。
機長だ!

インストラクターが「さて、この二人の地位は?」
相手は「エース」。

観客(クラスメート)が、面白がったのは、いばっていた乗客(キング:わたし)が、相手(エース:機長)の地位を知って、だんだん弱気になっていく過程。

それから、多分、ステレオタイプとして「おしとやか」なイメージのある日本人女性が、ふんぞりかえって、横柄な態度をするところ?

なにはともあれ、ウケたようで、めだたし、めでたし。
(笑われる快感?!)

このゲームで、キャラ作りが一段と深まる。
社会的階層というか、生物学で言えば「つつきの順位」の要素が、キャラ作りには必要というわけ。

もうひとつ、ふたり組で与えられた場面を演じるゲーム、この日は新しく「objective」というテーマがあった。

演じるふたりには、相手のobjectiveは知らされない。

わたしが引いた札には、to feel lucky とあり、お題のシーンは図書館。

一瞬、どうしていいか分からない。
相手が、開口一番「Mom」と語りかけてきた。

(むっ。年齢的にママ役って決めつけた?)と、思ったのはまったく瞬間的で、実はこれでおおいに助けられる。

ふたりの関係が、これですぐに決まった。
会話が俄然、具体的になる。
やけに「がんばるよ、ママ」という娘に、「そんなおまえが、誇らしい」という大あまの母親で、無事、シーンをクリア。

あるドラマを切り取ったような具体的なシーンを、即興的に作るわけだ。

これが、自在に出来る人が先生だったら…

生徒としては大歓迎だ。
察してくれるし、
どんな状況でも、まずは自分を受け入れてくれる。
だから、先生に語りかけるし、教室でも発言が楽しくなるなあ。

シーンを演じるゲームの「上級コース」は、シーンリレー。

お題にそって、それぞれの作ったキャラクターでふたりずつシーンを演じ、リレーのように片方ずつ交代していく。

2度目だが、前回より仲間の芸が上達したのが分かる。

また、とっぴなキャラクターも自由に飛び出すようになった。
静かで恥ずかしがり、にこにこ話を聞いている控え目な感じだったひとりが、「ドイツ語訛りの鉄の女」になったときは、大喝采。

(インプロや演劇の上級ワークショップには、「訛り」というクラスも存在する。アメリカの社会では大切な要素。
もともと訛っているこちらは、ワンパターンになってしまうのが弱点)

キャラクター作りでは、ワンパターンにならないようにしたい。
プロは、6人のキャラを持っていて、瞬間的に各キャラを「登場」させられるという。

目標、決めた!
6人か…、よーし。

さあ、指導者のみなさん。
これから、さらに笑いの種が山盛りのリードアラウドで、子どもたちを、英語絵本の世界、英語の世界に誘っていこう。

P.S.
わたしたちのインストラクター評価は、もちろんA!

大島英美のBLOG

Improvのワークショップ参加記その3@Curious Comedy Theater

シアターゲーム、ここではImprovと呼んでいるが、即興力を養うインプロ・ワークショップ、その3回目に参加した。
開始は、火曜日7:30pm。みんなが、仕事帰りに参加できる時間だ。

この日も、20分早く到着、2番乗り。

到着順に、またまた名前のおさらい。
ひとり、またひとりと到着する仲間の名前を挙げていく。
嬉しいことに、全員、わたしの名前は覚えている。
白人のなかの「黄一点」だから?

こういう、空き時間の会話がまったく苦痛ではない自分を、再発見する。

「インプロって、安いセラピーみたいなとこもあるのよ」

こう、コーチが言っていたが、「自分が変わり始めた」と告白する仲間もちらほらいる。

「いつも話をするときに、先に考え過ぎて話せなくなってそれが、ストレスだったけど、何だか楽になってきた」とか、

「話を繋げるのにしくじることがあるけど、それをどう拾って、しくじりと思わせないか、また自分もそう思わないで続けていくかが、ちょっとわかってきた」とか。

わたしに関して言えば、話始め(起点)がちょっとおずおず、声が小さめだったり、はっきりしないのが、頭からカーンと声を出して、複数の相手の顔を順に見ていく余裕まで持てる、その確率が高くなったかな。

さて、3回目のワークショップのテーマはemotions。
angry, excited, worried, sadなどを、程度を1-10まで素早く変えて表現する。
これでwarm-up。

こりゃ楽しい。やるのも楽しいが、見るのも楽しい。
10数人の芸達者がいっせいに、指示されたあるemotionを表現する。
壮観だ。

見学していたら、「発狂?」と思うかもしれない。
やっている本人たちは、やたら楽しい。

(リードアラウドでもemotionsをテーマにするとき、これをしたら?と思いつく。
子どもたち、絶対楽しめるし、emotionsの形容詞を身体で理解できる)

それから、イス2脚をバスの座席に見立てて、状況寸劇。
ひとりは、たまたまそこに居合わせた乗客役。
隣に座る乗客役に、もうひとり。
こちらには、ひとつのemotionとその度合いが指示される。

たとえば、「worried, level 10」との指示を受ける。
すると、とっさに例えば「体臭が臭くないか気にしすぎの人」になって、バスの席に座り、隣に「臭わないか」とパラノイア的にいろいろ話しかける。
隣の人は、適当なキャラクターを作って、受答えする。

感情を、次々と即興で表出する。
そのテンションを、自在に変える。
これらのことを学ぶゲームだろう。

もうひとつ、どきどきもののゲームもあった。
あるテーマについて、それぞれ作ったキャラで、ふたりが話をする。
それを、リレー式に、違うキャラになった新たな人が交代して続け、最後に全体としてその「ドラマ」を終えさせる。

(退屈な「英会話」の教科書のスキットを暗記して学ぶ時期もあっていいが、ある程度それをしたら、より早い段階で、こんな即興寸劇で「会話」を学ぶと、実践的かも?日本の英会話学習に思いを馳せる)

もうひとつのペア寸劇。
ひとりはemotionを、もうひとりはsituationを、お互いに知られないように決める。
ふたりはそれぞれ、相手のemotionなりsituationをその場で察し、応対していく。

emotion係りは、状況に合わせながらも同じemotionを保つ。
(例えば、同じscaredでも、状況で表現が変わる。scaredの種類が広がるわけだ!)

situation係りは、相手がemotionalでも状況を具体的に肉付けし、相手に対応する。
(「わたしは、マンゴでアレルギー反応が出る」がsituationなら、どうreactionを取るかは、反射神経が必要。それが養われそうだ)

これらをやりながら、とっさに出てくる仲間たちの嗜好というか、癖が、自分を含めて徐々に見えてくるのも興味深い。

わたしは、「汚れ役」とか「キワ物」が好きなのか?
気難しいわがままばあさんとか、きれい好きな掃除のおばさんとか、急に自分が演じ出すのがおかしい。

あ、天使のようなおかあさん、聞き分けのない子ども、というのも急に降りてきた役。

まあ、まだまだimproviserとしては、初心者だということは確か。

…こうして、9:30pmにワークショップが終わり、本数の少ないバスに遅れないよう、バス停にダッシュ。
そうしてら、バス停にいた黒人のおばさんがハイテンションで、電話中。
電話で会話途中なのにもかかわらず、「大阪のおばちゃん」的好人物さ全開(レベル10?)で、
「バスはあと5分でくるよ!」と、大声で教えてくれる。
キャラを演じている?

まるでワークショップの延長だ。

バスに乗ったら、運転手さんも、次々変わる隣の乗客も、「みんなインプロ劇の出演者?」と思ってしまいそう。
分かりやすいキャラで、どんどんしゃべる。

インプロはアメリカ社会的なのか。
アメリカ社会がインプロ的なのか。

Changing emotions:シアターゲーム(インプロ)の例

大島英美のBLOG

夏休み!英語短期留学生、街に溢れる〜書店にて

夏になると、ポートランドの街中で日本からの学生集団をよく見かける。

先日など、そういう日本人を受け入れる側の先生のミーティングに、カフェで隣り合わせたりもした。

この街で観光名所にもなっている、巨大書店の児童書売り場。
わたしが本選びをするところだが、そこでもしばしば、日本からの学生グループと一緒になる。

ある日のこと。
何日も通っても全部は到底見られない、腰が抜けるほどのセレクションの児童書売り場にいた。
その売り場内に、あまたあるセクションのひとつ、「おとぎ話セクション」に、高校生くらいの日本人女子が5~6人固まっていた。

「エルザ」とか「アリエール」とか聞こえてくる。

ははーん。
ディズニー映画のプリンセスたちの本を手に取っているのだ。
「わたし、これ!」
などと、次々とそこから1冊選んでいく。

そういえば先ほど、引率のアメリカ人の先生に、どんなセクションがあるか、書店の売り場ロケーションの説明を受けて、そのどこかで自分が読む本を選んでいらっしゃいと、言われていたっけ。

そうねえ、この広いセレクションの中、あちこち歩くでもなく、かなり早い時期に座り込んだところが、ディズニーのプリンセス・コーナー。

日本の洋書を扱っている本屋さんでも、売れ筋で人気なのはわかる。
でもなあ。
アメリカのこんな巨大な、全部がいわば洋書の本屋さんにいるのに、もったいなくはないか、ありきたりの選書で?

周りを見てみた?

高校生という年齢にふさわしい、ヤングアダルト本までは、英語力で歯が立たないにしても、もうちょっと、冒険はしたいとは思わないのか?

Chapter Booksという文字の少なめの読み物セクションも充実している。
高校生なら読める文と文章量だ。

グラフィック・ノベルというジャンルも、アメリカでは深い内容のものがある。

売り場をもっとよく見れば、絵本の陳列棚に「文字が少ない」「文字がちょっと多い」「文字なし」と3つに分けての、おすすめコーナーもある。

「イヌ vs. ネコ」という取っ付きやすい陳列棚もある。

見て回った?

そして何で、5~6人でまとまっているの?
他を見たいと思っている人もいるでしょうに。
散らばったら?

「知っている話」なら読める、というのも一理ある。
そばに、『はなの好きなうし』とか『げんきなマドレーヌ』とかの原作絵本もあるのに、目は行かない?

ーこれはもしかしたら、もう、「読み継がれていく絵本」というのが幻想?
大宣伝されているディズニーやピクサーのキャラクターしか知らない子どもだった?

絵本から得られるたくさんのいいものを、拾い損ねているかもしれないよ。

あ、それから、本とは関係ないけれど、ずっと5〜6人の日本人としゃべっていて「英語留学」?

「日本人らしさ」とか、日本での子どもの読書人口の現象とかを、書店の一角で考えた。

大島英美のBLOG

先生とシアターゲーム(インプロ)

先日、受講中のインプロ・ワークショップを主催する劇場で行われた「Open Court」と呼ぶ、一般参加者を入れての即興劇を見に出かけた。

会場で参加希望者を募り、あっという間に5人のコーチのもとにそれぞれ6~8人のグループが出来た。
参加が目的で集まった人の方が、観客より多いくらいだ。

20分ほど、各グループに分かれてそれぞれwarm-upをする。
だいたい、わたしもやった覚えのあるインプロのゲームだ。

参加者たちは、これで集中し、エネルギーを高める。

約20分後に、各グループのインプロが舞台の上で始まった。

いやー驚いた。

会場から「お題」、この日は場所の設定、をもらうと、すぐにグループから2人が申し合わせたように前に出て、それぞれ何かしらの役になり切って、会話を始また。
これが、次々と話を発展させたり転換させたりして続く。

このやりとりを見ているうちに、鳥肌が立ってきた。

舞台の上は、およそこんな感じだ。

ひとりが、突拍子もないことを言う。
もうひとりが、それを肯定的に受けてから、とっさに、ひねりをきかせたり、強調や誇大したり、元の話を意外な方向へ発展させる。

…こりゃまるっきり、先生と子どもの理想の会話じゃないか!
ぞくっとした。

わたしたちリードアラウドの指導者は、プロのコメディアンになるわけではないので、突拍子もないことをいう役については、そう上手でなくてもいいだろう。
この役は、子どもが専属だ。

大切なのは、肯定的に受けてそれを、楽しくかつためになるように返す役のほうだ。

インプロに学べる、先生としてのポイントは、以下のようなところか。

・間髪を入れない
・肯定的である
・ユーモアがある
・教育的意味がある

舞台の上のインプロ参加者たちは、コーチや訓練生のベテランたちなどだが、「教育界」から見たら、大天才たちだ。

幼児ならみんな、小学生なら学校では「多動」とか言われてしまう子どもたちは、急な思いつきの行動、たとえば寝そべるとか、ヘン顔とかをすることが珍しくない。

それを押さえつけたり、叱ったりするのではなく、どう受けとめるか。

そこを、わたしたちはインプロに学べるのではないか。

まず、インプロでするように、肯定すること。

たとえば、相手が寝そべったら、こちらも一緒に寝そべることで、その行為を肯定する。
「こうやると、低い声がよくでるかもしれないね。低い声で読んでみようか」とか導くわけだ。

教室は一対一ではないから、インプロのリアクションを多少、おとなしくしなければならないかもしれない。

でも、楽しさが売りのひとつリードアラウド。
その指導者にも、即興力は持ち合わせていて欲しいものだ。