リードアラウド2年生の伸びが素晴らしい〜キッズブックス英語スクール

リードアラウドを始めて、2年になるふたり、KくんとCさん。

それぞれこの4月に小学1年と2年生になるが、ふたりの英語力の伸びには目覚ましいものがある。

 

先週、特に驚いたのはCさんの、表現力だ。

 

『A Big Guy Took My Ball』というゾウのGeraldとブタのPiggieという親友コンビのシリーズからの1話を、朗読劇のように読み合っていた。

 

 

 

 

Cさんは、Piggie役。

これが、正に、はまり役だったのである!

 

作者も、小学1~2年生の女子として描いているのだろう。

女子が言いそうなこと、しそうな表情が満載で、その年頃の女子に感情移入もしやすいということもある。

 

ボールを「大きい子」に取られたPiggieは、取り返してきてくれると言ったGeraldに、

「My hero」

とほれぼれと言ってみたかと思うと、

 

勇ましく出かけたのに手ぶらで、おまけにいいわけタラララのGeraldに、

 

「ボール、ところで、とりもどしてないでしょ」

 

と、冷たく言い放つ。

 

この小学生女子の感じ。

Cさんは、まるでPiggieのように体現したのである。

 

表情といい、言い方といい、英語がネイティブ言語の小学生女子が、校庭で親しい男子に上から目線で言っている場面のようだった。

 

これ、これ。

これがリードアラウドの醍醐味。

 

Cさん本人も楽しそう。

見ている大人たちも「ほ〜!」と感心しながら楽しい。

使った英語は素晴らしいし、

丸暗記ではなく、自分の言葉として発している(Fluent readingとはこのこと!)。

 

英語指導者顔負けの、CさんのPiggie。

先生も、頑張ろう。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA