『I Spy』を家庭で楽しむ〜キッズブックス英語スクール

リードアラウドの目的のひとつは、英語学習の動機付け。

家庭でも英語の本に親しんでもらいたい。

そのためのステップ。『I Spy』を始めたばかりのスクール生の家庭ではこんな形でいかが。

STEP 1:

『I Spy』をリビングなど目につくところに置く。

インテリア風に飾るとか、欧米で言うところの「Coffee Table Book」(応接セットの低い机の上に、さりげなく飾るように置く本のこと)として。

 

シーン1(門)とシーン2(家の外観)はクラスで終えたところだが、まだまだミッケしていないものがあるので…

 

STEP 2

「あ、I spy 貝殻(shell)」他、a bat、安全ピン(safety pin)、a bell

 

次は、まだやっていないシーン。どのページでも…

STEP 3

日本語でミッケ。見つけられるもの、なんでも。英語も知っていたら言い合い、知らなかったら「スクールでやろうね」。

どんどん先をやるのではなく、1つ1つのシーンをじっくり。

STEP 4

どこかのページを指定して、問題を出し合う。「p. 31で、しましまのネコ。どこにいるでしょう」など

 

どうぞ、まずはこの本をお楽しみください。