AI には負けるが、I も進化しよう〜キッズブックス英語スクール

NICTが、情報通信研究機構が政府系で、

翻訳専用のAI(人工知能)を開発し強化を進めているということ、知らなかった。

そしてNICTが無料アプリ、VoiceTra を開発し提供していることも。

これは個人向けの誰でも使える、進化中の注目の翻訳アプリだ。

 

この翻訳AIを進化させる開発は、私たち人間の英語の学び方を考えさせてくれる。

 

従来の機械翻訳は、

単語や文節ごとに訳してから並び替えて文章にする

ということ。

 

ん?

日本の中学や高校で習ったやり方だ。

 

でもAI翻訳は、もう違う。進化を遂げている。

つまり、

文章全体の意味を読み取り訳す、というから

自然な「バイリンガル頭」での翻訳だ。

 

翻って、学校の英語、もう遅れているってこと?

まだ従来通りやらせていくなら、おかしな英語や日本語訳をする。

それならわざわざ人の手を借りず、機械翻訳でいい。

 

翻訳AIの進化は止まらない。

文を多く覚えるほど「成長」する、のだという。

 

これは人間で考えてみると、「読書」だろう、成長を促すのは。

 

効率を考えているはずのAIが、「成長」のためにどんどん文を読み込んでいるなら、ただの「I」の私たちだって、I (知能)はあるのだからどんどん読んで成長できるってことじゃないか。

 

やっぱり、読書ですね!