「STOP!」Nちゃんが大きな声で言った〜キッズブックス英語スクール

普段はおてんば、ひょうきんな面もあるNちゃん。

だけれど、英語で、それもクラスのみんなが注目しているなかで、大声がなかなか出なかった。

それと、リードアラウドが強調する、感情を込めた言い方も、いざとなるとできなくて、文脈と関係なく、どれもちょっと「仏頂面」になってしまう。

ところが、異変が起こった。

『Night Animals』のリーダーズシアターをするということで、練習をしていたところ、Bat役のNちゃん、最初のせりふの番だ。

「STOP!」

Nちゃんの、腹からの吠えるような大きな声が、教室に響き渡った。

えええ〜!

「Nちゃん、凄い。凄い!」
と反り返って、反射的に叫んだわたし。

でも、空耳?
なんだかにわかには信じがたく…。

失礼ながら、リクエスト。

「Nちゃん、よかったから、もう一度!」

そうしたら、「きょとん」と「してやったり」感のある顔が混じった表情のNちゃんが、りりしく、一瞬間を置いて、もう一度叫んだ。

「STO~~~P!」

これは、本物。

ついに、Nちゃん。
やった。

英語のクラスで、おまけに前に立って、そのまたおまけに、椅子の上に立って、大声で、Batが仲間を止めようとする緊急性ある場面の台詞を、その感じ溢れる大声で、発声!

バンザーイ!

1件のコメント

  1. いしい より:

    ばばばばんざーい

コメントを残す

CAPTCHA